Julious_Akisue ( あきすえ ) のブログ

気軽に楽しんで行って下さい♪

米国の遺体売買市場をあばく

2006/03/18

アメリカ合衆国は本当に民主主義国家と言えるのか!?最近トンと西部劇は放映されなくなったが、インディアンを銃で撃ち殺して領土や物資を略奪するのが米国の歴史だ。ハワイも米国の砲艦外交の手に落ちた。米国はアフガン、イラク、イランの民主化をと言うが、それ以前に現在も残る有色人種と白人の経済格差を何と言って説明するのだろうか。色々な高名な学識者も米国は民主国家とことを大前提で話を進めるが、深く掘り下げて検証した時、果たして米国は民主国家と言えるのだろうか?軍政を敷いているミャンマーの方が、はるかに豊かで、仏教を中心とした倫理哲学が確立しており、よほど民主的生活を送っているのではないか。米国がイランの核保有を非難するとは、ちゃんちゃらおかしいではないか!米国が核を持っている以上、イランの核保有に口出しするべきではない!日本政府もイランの友好国として、米国や欧州に譲歩を要求するべきではないか?>



 米国の遺体売買市場をあばく新著『人体ブローカー』 (Hotwired)

 頭を買いたい? 米国の遺体取引市場では500~900ドルが相場だ。さらに50ドル追加すれば、脳も付いてくる。胴体は約3000ドルとやや高額だが、片足なら650ドルで手に入る。

 この価格帯なら、遺体を有効利用したいという人々が現われるのも無理はない。しかし、このほど出版された、1冊のおどろおどろしい本が浮き彫りにしたように、急増する遺体売買に対して、監視の目はほとんど届いていない。大学、葬儀業者、医療関連企業は人体の腕、脚、ひじを日常的に売買しているが、こうした行為に対する取り締まりはないも同然の状態だ。

 当然の結果として、不正取引や遺体の盗難が横行し、見て見ぬふりがまかり通ることになる。

 ジャーナリストのアニー・チェイニー氏は新著『人体ブローカー――米国における遺体地下取引の内幕』(Body Brokers: Inside America's Underground Trade in Human Remains)の中で「この市場でどれだけ多くの遺体が取り引きされ、それらの遺体にどんなことが起きるのか、誰も知らない」と述べている。

 著書の中でチェイニー氏は、米国中を駆け巡り、毎年何万という遺体が「遺体取引」の市場にたどりつく過程を追っている。遺体――医療研究用に寄付されたものや、遺体安置所で引き取り手がなかったものも含まれる――は「鶏肉とさして変わらない方法で各部に切り分けられ、提供者、ブローカー、バイヤーが織り成す複雑なネットワークを介して流通する」とチェイニー氏は書いている。

 チェイニー氏は、フロリダ州マイアミのホテル『トランプ・インターナショナル・ソネスタ・ビーチ・リゾート』の海を見渡せる部屋で、胴を切開して腎臓を摘出する方法を学ぶ泌尿器科の外科医たちを目撃する。同州ゲインズビルの工場では、砕かれた人骨が精密機械で加工され、整形外科用の「部品」に生まれ変わる様子を見学する。こうした取材を通して、大勢の遺体取引関係者が、チェイニー氏に早く姿を消してほしいと心底願っている様子も伝わってくる。

[PR]

 なぜ死者の心配をするのか? チェイニー氏が出会った家族は、自分たちの愛する者の遺体が、よりにもよって対地雷防護具のテストに利用される事実を知ってショックを受けていた。死者に特別な待遇は不要と思う人もいるかもしれないが、チェイニー氏は次のような恐ろしい話も取り上げている。遺体から摘出した骨の移植手術を受けた青年が、人体組織のいい加減な管理のせいで命を落とした。死因は骨のドナーからの細菌感染だ。ドナーは若い男性で、銃で自殺した後、ほぼ丸一日発見されなかったという。

 折りしも今週、拡大する遺体取引スキャンダルに関するニュースがあった。報道によると、数百人もの患者が、汚染された人体組織の移植を受けた可能性があるという。

 これらは深刻な話だ。しかし、この本には、他愛のない話が好きな読者が喜びそうな話題もたくさん詰まっている。たとえば、人体の部位を再現した製品を扱う英リムズ・アンド・シングズ社の紹介や、19世紀に米国大統領の息子の遺体が、その息子――のちに大統領となる――の努力もむなしく盗まれてしまった不幸な物語などがそうだ。

 『人体ブローカー』は240ページしかないのに、それでも『ハーパーズ・マガジン』誌に掲載された元の記事を著者が無理やり引き伸ばしたかのような感が否めない。文体も洗練されているとは言い難く、読んでいて苦痛を覚える読者もいるかもしれない。無味乾燥な記述、煽情的な語り(「人体ブローカーの絡み合った触手が、どこか新たな場所に再び現われるだろう……」)、安っぽい描写(「火葬場の悪徳マネージャーは若いアシスタントの『赤ん坊のような柔肌』に魅せられる」)が混ざり、ちぐはぐな印象を受ける。

 チェイニー氏が解決策やアドバイスを読者に示せずにいる点も、やきもきさせられる。政治家や規制当局は「遺体取引」をいかに取り締まるべきなのか? 自分の死後、医学研究のために献体を望むが、ラスベガスのホテルの宴会場で局部をさらす羽目になるのは御免だという一般の読者は、どうすべきなのか?

 しかし、全体的に見れば『人体ブローカー』は闇の業界を白日の下にさらすことに成功したと言えるだろう。死者がもっと大切に扱われるべきだという点には、疑いの余地はない。


[日本語版:佐藤純子/高森郁哉]

プライバシーポリシー 2022.06.24 本プライバシーポリシーは、https://akisue-jp.hatenablog.com/(以下、「当サイト」とします。)の各種サービス(当サイトによる情報提供、各種お問合せの受付等)において、当サイトの訪問者(以下、「訪問者」とします。)の個人情報もしくはそれに準ずる情報を取り扱う際に、当サイトが遵守する方針を示したものです。 目次をチェック 1.基本方針 当サイトは、個人情報の重要性を認識し、個人情報を保護することが社会的責務であると考え、個人情報に関する法令を遵守し、当サイトで取扱う個人情報の取得、利用、管理を適正に行います。当サイトで収集した情報は、利用目的の範囲内で適切に取り扱います。 2.適用範囲 本プライバシーポリシーは、当サイトにおいてのみ適用されます。 3.個人情報の取得と利用目的 当サイトで取得する訪問者の個人情報と利用目的、保存期間等は下記の通りです。 3-1.コメントを残した際に個人情報を取得します 当サイトでは、訪問者が当サイトにコメントを残した際に、以下の個人情報を取得します。 コメントフォームに表示されている名前(HN) コメントフォームに表示されているメールアドレス コメントフォームに表示されているコメント内容 IPアドレス ブラウザユーザーエージェント文字列 ブラウザユーザーエージェント文字列とは、「どのブラウザからこのサイトにたどり着いたか」を表すものです。「Firefoxからたどり着いたのか」「Google Chromeからたどり着いたのか」を識別することが出来ます。 これにより次回コメントを残す際に、「名前」や「メールアドレス」が自動的に表示されるため、それらを再入力する手間を省くことができます。 メールアドレスから作成される匿名化された (「ハッシュ」とも呼ばれる) 文字列は、訪問者が Gravatar サービスを使用中かどうか確認するため同サービスに提供されることがあります。同サービスのプライバシーポリシーを確認する場合は、こちらをクリックしてください。 ✔3-1-1.利用目的について 荒し対策やスパム検出に役立てるためと、訪問者の利便性のためです。また、当サイト内で「訪問者からこのようなコメントがありました」と紹介させていただく場合もあります。 コメントが当サイトの管理人に承認されると、プロフィール画像がコメントとともに一般公開されます。 ✔3-1-2.保存期間について 当サイトに残されたコメントは、コメントとそのメタデータを3年間保存します。 訪問者は個人情報をブラウザに保存するか選択することが出来ます。 訪問者は当サイトにコメントを残す際に、お名前、メールアドレス、お持ちのサイト情報(任意)を ブラウザに保存するかどうかを選択できます。 ✔3-1-3.当サイトがコメントに対してできることについて 訪問者が当サイトにコメントを残したことがある場合は、当サイトの管理人は、当サイトが保存する訪問者についての個人情報(提供したすべての情報を含む)をエクスポートファイルとして訪問者が「受け取りたい」というリクエストに応えることが出来ます。その際、訪問者のメールアドレスに確認のメールが送られます。 また、訪問者から訪問者本人の個人情報を「消去してほしい」というリクエストにも応えることが出来ます。これには、管理や法律、セキュリティ目的のために保持する義務がある情報は含まれません。また消去する際も、訪問者のメールアドレスに確認のメールが送られます。 3-2.お問い合せされた個人情報を取得します 当サイトではお問い合わせフォームを設けています。 julious_akisue318@hotmail.com 訪問者がそのお問い合わせフォームから問い合わせをされた際に入力された、以下の個人情報を取得します。 お問い合わせフォームに入力された名前(HN) お問い合わせフォームに入力されたメールアドレス お問い合わせフォームに入力されたお問合せ内容 ✔3-2-1.利用目的について お問い合わせ対応をするためと、訪問者の管理のためです。訪問者からのお問い合わせ情報を保存しておくことによって、同じ訪問者が別のお問い合わせをした際に、過去の問い合わせ内容を踏まえた対応をすることが出来、より的確な対応をすることが出来ます。 また、当サイト内で「このようなお問合せがありました」と紹介させていただく場合もあります。 ✔3-2-2.保存期間について お問い合わせフォームに入力された個人情報は、3年間保存します。 ✔3-2-3.個人情報取得の同意について 当サイトでは、お問い合わせフォームからお問い合わせをする前に、当プライバシーポリシーをご一読いただくよう案内しています。 お問い合わせをされた時点で、その訪問者は当プライバシーポリシーに同意されたとみなします。 3-3.Cookieによる個人情報の取得 当サイトは、訪問者のコンピュータにCookieを送信することがあります。 Cookie(クッキー)とは、ウェブサイトを利用したときに、ブラウザとサーバーとの間で送受信した利用履歴や入力内容などを、訪問者のコンピュータにファイルとして保存しておく仕組みです。 ✔3-3-1.利用目的について 訪問者の当サイト閲覧時の利便性を高めるためです。 たとえば、次回同じページにアクセスするとCookieの情報を使って、ページの運営者は訪問者ごとに表示を変えることができます。 訪問者がブラウザの設定でCookieの送受信を許可している場合、ウェブサイトは、訪問者のブラウザからCookieキーを取得できます。 なお、訪問者のブラウザはプライバシー保護のため、そのウェブサイトのサーバーが送受信したCookieのみを送信します。 ✔3-3-2.保存期間について 当サイトに残されたコメントの Cookie は、1年間保存されます。 ✔3-3-3.第三者によるCookie情報の取得について 当サイトでは、グーグルやヤフーなどをはじめとする第三者から配信される広告が掲載される場合があります。 当該第三者は訪問者のCookie情報等を使用して、訪問者がそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて、訪問者に適切な広告を配信できます。 当該第三者によって取得されたCookie情報等は、当該第三者のプライバシーポリシーに従って取り扱われます。 ✔3-3-4.第三者へのCooke情報等の広告配信の利用停止について 訪問者は、当該第三者のウェブサイト内に設けられたオプトアウト(個人情報を第三者に提供することを停止する)ページにアクセスして、当該第三者によるCookie情報等の広告配信への利用を停止することができます。 ✔3-3-5.Cookie情報の送受信の許可・拒否について 訪問者は、Cookieの送受信に関する設定を「すべてのCookieを許可する」、「すべてのCookieを拒否する」、「Cookieを受信したらユーザーに通知する」などから選択できます。設定方法は、ブラウザにより異なります。Cookieに関する設定方法は、お使いのブラウザの「ヘルプ」メニューでご確認ください。 すべてのCookieを拒否する設定を選択されますと、認証が必要なサービスを受けられなくなる等、インターネット上の各種サービスの利用上、制約を受ける場合があります。 4.個人情報の管理 当サイトは、訪問者からご提供いただいた情報の管理について、以下を徹底します。 4-1. 情報の正確性の確保 訪問者からご提供いただいた情報については、常に正確かつ最新の情報となるよう努めます。 4-2. 安全管理措置 当サイトは、個人情報の漏えいや滅失又は棄損を防止するために、適切なセキリュティ対策を実施して個人情報を保護します。 4-3. 個人情報の廃棄 個人情報が不要となった場合には、すみやかに廃棄します。 4-4. 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止 訪問者ご本人からの個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。 上記を希望される場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。 julious_akisue318@hotmail.com 5.個人情報の第三者への提供について 当サイトは、訪問者からご提供いただいた個人情報を、訪問者本人の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。また、今後第三者提供を行うことになった場合には、提供する情報と提供目的などを提示し、訪問者から同意を得た場合のみ第三者提供を行います。 6.未成年の個人情報について 未成年者が当サイトにコメントをしたり、お問い合わせフォームから問い合わせをされたりする場合は必ず親権者の同意を得るものとし、コメントやお問い合わせをされた時点で、当プライバシーポリシーに対して親権者の同意があるものとみなします。 7.お問い合わせ先 当サイト、又は個人情報の取扱いに関しては、お問い合わせフォームよりご連絡ください。 当サイト運営者:Julious_Akisue あきすえ   連絡先:お問い合わせフォーム julious_akisue318@hotmail.com 8.アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはアクセス情報の収集のためにCookieを使用しています。このアクセス情報は匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 GoogleアナリティクスのCookieは、26ヶ月間保持されます。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 Googleアナリティクスの利用規約に関して確認したい場合は、ここをクリックしてください。また、「ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用」に関して確認したい場合は、ここをクリックしてください。 9.第三者配信の広告サービスについて 当サイトは、第三者配信の広告サービス「Google Adsense(グーグルアドセンス)」を利用しています。 Googleなどの第三者広告配信事業者は、訪問者の興味に応じた広告を表示するために、Cookie(当サイトの訪問者が当サイトや他のサイトにアクセスした際の情報など)を使用することがあります。 訪問者は、広告設定で訪問者に合わせた広告(以下、「パーソナライズド広告」とします。)を無効にすることが出来ます。その設定をする場合は、こちらをクリックしてください。また、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズド広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできます。 第三者配信による広告掲載を無効にしていない場合は、第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告がサイトに掲載されることがあります。 Googleによって広告の第三者配信が認められている広告配信事業者の詳細は、ここをクリックしてください。 10.Amazonの広告配信について Amazonのアソシエイトとして、julious_akisue あきすえ は適格販売により収入を得ています。 第三者(Amazonや他の広告掲載者)がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookieを設定したり、認識したりする場合があります。 11.プライバシーポリシーの変更について 当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本プライバシーポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。 令和4年6月24日 策定