Julious_Akisue ( あきすえ ) のブログ

気軽に楽しんで行って下さい♪

ここが変だよ!-社民党

2006/12/23 

<かつての二大政党と言われた社会党が、解党的再結成して成立したのが社民党だ。社会党の悪弊を去り、現実主義へ方向転換したはずだが、実態はいかに??果たして、社民党の再生はあり得るのか??社民党は伝統ある政党で、下部組織、地方自治体レベルでは、自民、公明、共産に次ぐ、第4党の地位を民主党と争っている。下部組織が脆弱な民主党と比べて、国政ではマイナーな社民党だが、地方レベルでは、民主党と拮抗していると言うのは皮肉というか、何と言うか、大変ユニークな存在だ。その足を引っ張っているのが、護憲、憲法9条問題だとジュリアは考える。かつて、辻本議員が当選したとき、「緑の党の様な存在になりたい。」と言ったのには、ジュリアは落胆を隠せなかった。
 ドイツ社民党は、キリスト教民主同盟と拮抗する二大勢力をなしている。さらに、フランスではフランス社会党が大統領を輩出するかもしれないと言われているのに、かつての社会党、現在の社民党が、政権獲得を放擲し、緑の党のような非政権与党型政党を理想としているのははなはだ残念だ。
 社民党の伸び悩み、体たらくの原因は、個別の選挙政策というよりも、むしろこの様な政権与党、国会で第一党になるという目標を喪失した雰囲気を国民が敏感に感じ取っているからかもしれない。  >



 社会民主党宣言(第10回定期全国大会(2006年2月11日12日)にて採択)より

 世界の人々と共生する平和な日本

 国連憲章の精神、憲法の前文と9条を指針にした平和外交と非軍事・文民・民生を基本とする積極的な国際貢献で、世界の人々とともに生きる日本を目指します。核兵器の廃絶、対話による紛争予防を具体化するため、北東アジア地域の非核化と多国間の総合的な安全保障機構の創設に積極的に取り組み、「緊張のアジア」を「平和と協力のアジア」に転換します。<それは自民党民主党も言っている>
現状、明らかに違憲状態にある自衛隊は縮小を図り、国境警備・災害救助・国際協力などの任務別組織に改編・解消して武装の日本を目指します。<国民世論(特に男性の)の意見にも貸す耳を持ったらどうか??非武装なら、自衛隊に取って代わる、確実で、明解かつ明瞭な、自衛隊に取って代わる代替案を詳細に明示しなくては国民は納得しない!!!>
また日米安全保障条約は、最終的に平和友好条約へと転換させ、在日米軍基地の整理・縮小・撤去を進めます。<賛成!!o(^o^)o>


福島瑞穂 HPより
http://www.mizuhoto.org/01/06/04.html
1、平和基本法をつくります。
非戦国家の宣言、非核、基地の整理・縮小・廃止、自衛隊の見直し、平和的貢献、平和教育などを盛りこんだ基本法をつくります。<もし北朝鮮が暴走して、ノドンミサイルで攻撃してきたとき、どの様にして国民の生命を守るのか???北朝鮮が九州へ上陸、占領を試みたとしたら、どの様にして国民の命を守るのか???言うは易し、行なうは難し。実際に実行力のある、「非武装で国民の生命を守る手段」を国民に解り易く、かつ詳細に提示しなければ無責任のそしりをまぬがれない。ジュリアは経済力に見合った軍事力を保持し、もしこの様な事態に対してはノドン基地の攻撃と、ノドン発射の為のインフラを爆撃、もしくはミサイル攻撃で破壊し、ノドンを発射不能に至らしめ、かつ、海上自衛隊により、対馬の北側、及び日本海にて、撃退することを提唱する。また、これは飽くまで日本の国家固有の生存権に基づく専守防衛行動であり、米軍とは友好関係を維持しつつも、軍事同盟、安保条約は完全に破棄し、日本人による、日本人の生存権を守る、国家固有の生存権の発動であることを補足説明します。また、この防衛行動は、緊急対応であり、即座に国連安保理に日本防衛軍の派遣を要請する。国連軍が来るまでの1.2ヶ月間は、日本人が武力と刀を鉾を持って家族と同胞の命を守る。その為の維持費は、経済力に見合った予算内で行う。これがジュリアの提案だ!!>

2、有事立法をつくらせません。
2003年有事立法3法が成立し、2004年有事立法7法案3条約が上程されました。
有事法制は戦争への協力、人権の制約を明記しており、憲法の平和主義・国民主権基本的人権という原則を侵すものです。<究極の基本的人権は、生存権であり、国は国民の生命を守るために存在価値があると言っても過言ではない。その為には、有事法制は現在制定されていると理解しているが、今後も国家の第一義責任として、国民の生命を守るため、その即応の為の有事法制は、国民主権基本的人権生存権を確保する為に時代に即応して改変していくべきではないか??もっとも、社民党が、『日本には有事など絶対に起こりえない』、と証明するなら話は別であるが。> 中略
戦争への道を開く有事立法を廃止し、これ以上つくらせません。

 中略

14、平和憲法を維持し実践していきます。
平和憲法により、日本は戦後一人も殺さず一人も殺されていません。平和憲法の理念を充実させ実践していくことで、その理念を世界に広め平和な世界をつくります。
憲法前文は、英文直訳であり、大変日本語として読みにくいので、内容はそのままでもかまわないから、日本語として読みやすく、解り易くなるように書き直したらどうか?? 9条は、平和主義をうたっており、結構だが、国家が国民の生命を守る義務はあらゆる法規を超越して存在し、また、他国からの侵略者を殺し、撃退し、自国民の生命を守る権利は天賦の権利であり、憲法、憲章、条約、その他を超越した権利として存在することも認識しておく必要がある。>


辻元清美 HPより

http://www.kiyomi.gr.jp/

私は憲法九条を「武器」にした日本の未来図を考えます。

平和調停外交
軍縮のイニシアティブを日本がとる
本当の意味での人道支援
九条をただ残しておいたらバラ色の平和な社会がくると言ってるんじゃないんです。

平和な社会の実現に近づくためには、憲法九条を変えない選択の方がリスクが少ないし、そのうえで、積極的な平和政策をとっていこうと言いたいんです。

九条は「過去への謝罪ともう戦争は絶対せえへんという決意」を示す宣言だったのですから、これをなくすゆうのは「過去の反省はやめる、戦争するで」というメッセージを送ることになるのです。<私はミャンマーの友人に、日本軍が迷惑を掛けた一面もあるので、私は友達に薬を買って、「日本軍人の妻」である人へ渡してくれと、言って謝罪した。しかし、友人は、日本はミャンマーの、イギリス植民地支配からの解放に貢献した。だから、ミャンマーは、最後まで日本と協力して、英米と戦うべきだったと反省している。
 9条を変えることが間違ったメッセージを伝えることになるなら、前文と、9条で、誤解を招かないように、「日本は専守防衛の平和主義を貫く。自衛隊は飽くまで日本への侵略と武力攻撃に反撃する最低限度の軍備だ。」ともう一度宣言して、1.脱日米安保、日米和平、2.日中友好、3.日本、中国、ASEANによる通貨統合と共同防衛を目指すことを宣言すればいいではないか???>


辻元清美の政策>
自衛隊を三分割し、憲法に合わせて縮小しよう
自衛隊
1.専守防衛・国境警備
2.国際協力
3.国際(国内)災害救助
以上、3つの機能に分割改編します。<結果として、軍事費の無駄使いにならないか??自衛隊関連費用の増大にならないか??兼務の方が財政は縮小するのではいか??もう一度考えて欲しい。>国際(国内)災害救助隊は装備も訓練も専用のものにし、世界のどこにでも緊急出動します。

国際協力隊は、国際人道支援を専門的におこないます。専守防衛・国境警備機能は、最小限の機能を議論し、軍縮をしていきます。<この言い回しは、現状追認ではないか??福島党首の「非武装」と意見が一致しない。閣内不一致???>

阿倍とも子 HPより

http://www.abetomoko.jp/

 いずれにしろ、この国会は季節外れのイチョウの黄金色のじゅうたんの上で、平和憲法下の専守防衛の戦後体制から「戦う国家」へと大きく舵を切ろうとしているのである。<正確にいうと、米軍の対中国、対中東軍事戦略上の前線基地として、間接的に日本は戦い、日本は米国を守り、日本は戦う米国を支援する体制を整えた、というべきではないか??日米安保体制を崩壊させ、自主防衛と、アジア共生へ道を開くなら、逆に結構なことではないか???>次にひかえる憲法改正国民投票がその総仕上げとならぬよう、国民一人一人がしっかりと自分達の未来を選び取らねばならないだろう。社民党は、より平和的な憲法への改変案をなぜ提示しないのか??対案を提示しないなら、卑怯者のそしりを免れない。たとえ自民党憲法を改正しても、社民党がさらに良い憲法を制定すればよいだけではないか???改憲即悪徳、とするのはどうか???それが本当に国民の民意を反映しているか、もう一度国民の声に真剣に耳を傾けて欲しい!!>
 そうした攻防が相次いだ永田町から師走の街に出れば、今年は青色のクリスマスデコレーションがやたらと目に付く。この数年イルミネーションの赤や緑に変わって青色が多用されるようになってきたが、それにしても今年はほとんどのライトアップやクリスマスツリーが青と白であるが、幻想的であるとともに何か心寒く感ずるのは私だけだろうか?<僭越ながら申し上げると、景観条例で、派手な色彩は景観を損ねるとの意見がありますね。だから、白色と青が使用されるようになったのでは???>

 岩国哲人HPより
http://www.1892.jp/html/etc/s05/061030.html

 政党の中で女性支持率が男性を上回っているのは公明党共産党社民党。逆に、男性支持率よりも女性支持率が極端に低いのは民主党自由党。その似たもの同士の民主と自由が合併してもその欠点がそのまま引きつがれて、合併後の読売新聞調査では男性一一%に対し女性四%、毎日では男性一二%に対して女性五%、NHKでは男性八・五%に対して女性三・七%。その後、党の代表が何回も変わったが、なぜかこの女性低支持型パターンだけは一貫して変わらない。
 これに対して自民党の男性・女性の支持率を見ると、かつては女性支持率が男性を常に下回っていたが、小泉総裁誕生以来はパターンが変化し、同率かまたは女性上位が五十六回中十八回という男女均衡型政党となっている。
社民党は、男性票の獲得にもっと力を入れたらどうか??男の子は、子供の頃からゼロ戦や、戦艦大和で育った。日本軍機や、日本軍戦艦のプラモデルを作ったことのない少年は少ない。銀球鉄砲で打ち合いした経験のない男子も少ない。そのゆう(例えば男性心理への)細かな気配りがないから女性からしか票が取れず、国会の第一党になる気力もなく、「緑の党みたいなちっちゃい政党になりたい」という発言が出てくるのだろう。国会第一党になる気概がないなら、解党してしまえ!社民党解党せよ!!!!!!!!!!>


【URL】http://www5.sdp.or.jp/

プライバシーポリシー 2022.06.24 本プライバシーポリシーは、https://akisue-jp.hatenablog.com/(以下、「当サイト」とします。)の各種サービス(当サイトによる情報提供、各種お問合せの受付等)において、当サイトの訪問者(以下、「訪問者」とします。)の個人情報もしくはそれに準ずる情報を取り扱う際に、当サイトが遵守する方針を示したものです。 目次をチェック 1.基本方針 当サイトは、個人情報の重要性を認識し、個人情報を保護することが社会的責務であると考え、個人情報に関する法令を遵守し、当サイトで取扱う個人情報の取得、利用、管理を適正に行います。当サイトで収集した情報は、利用目的の範囲内で適切に取り扱います。 2.適用範囲 本プライバシーポリシーは、当サイトにおいてのみ適用されます。 3.個人情報の取得と利用目的 当サイトで取得する訪問者の個人情報と利用目的、保存期間等は下記の通りです。 3-1.コメントを残した際に個人情報を取得します 当サイトでは、訪問者が当サイトにコメントを残した際に、以下の個人情報を取得します。 コメントフォームに表示されている名前(HN) コメントフォームに表示されているメールアドレス コメントフォームに表示されているコメント内容 IPアドレス ブラウザユーザーエージェント文字列 ブラウザユーザーエージェント文字列とは、「どのブラウザからこのサイトにたどり着いたか」を表すものです。「Firefoxからたどり着いたのか」「Google Chromeからたどり着いたのか」を識別することが出来ます。 これにより次回コメントを残す際に、「名前」や「メールアドレス」が自動的に表示されるため、それらを再入力する手間を省くことができます。 メールアドレスから作成される匿名化された (「ハッシュ」とも呼ばれる) 文字列は、訪問者が Gravatar サービスを使用中かどうか確認するため同サービスに提供されることがあります。同サービスのプライバシーポリシーを確認する場合は、こちらをクリックしてください。 ✔3-1-1.利用目的について 荒し対策やスパム検出に役立てるためと、訪問者の利便性のためです。また、当サイト内で「訪問者からこのようなコメントがありました」と紹介させていただく場合もあります。 コメントが当サイトの管理人に承認されると、プロフィール画像がコメントとともに一般公開されます。 ✔3-1-2.保存期間について 当サイトに残されたコメントは、コメントとそのメタデータを3年間保存します。 訪問者は個人情報をブラウザに保存するか選択することが出来ます。 訪問者は当サイトにコメントを残す際に、お名前、メールアドレス、お持ちのサイト情報(任意)を ブラウザに保存するかどうかを選択できます。 ✔3-1-3.当サイトがコメントに対してできることについて 訪問者が当サイトにコメントを残したことがある場合は、当サイトの管理人は、当サイトが保存する訪問者についての個人情報(提供したすべての情報を含む)をエクスポートファイルとして訪問者が「受け取りたい」というリクエストに応えることが出来ます。その際、訪問者のメールアドレスに確認のメールが送られます。 また、訪問者から訪問者本人の個人情報を「消去してほしい」というリクエストにも応えることが出来ます。これには、管理や法律、セキュリティ目的のために保持する義務がある情報は含まれません。また消去する際も、訪問者のメールアドレスに確認のメールが送られます。 3-2.お問い合せされた個人情報を取得します 当サイトではお問い合わせフォームを設けています。 julious_akisue318@hotmail.com 訪問者がそのお問い合わせフォームから問い合わせをされた際に入力された、以下の個人情報を取得します。 お問い合わせフォームに入力された名前(HN) お問い合わせフォームに入力されたメールアドレス お問い合わせフォームに入力されたお問合せ内容 ✔3-2-1.利用目的について お問い合わせ対応をするためと、訪問者の管理のためです。訪問者からのお問い合わせ情報を保存しておくことによって、同じ訪問者が別のお問い合わせをした際に、過去の問い合わせ内容を踏まえた対応をすることが出来、より的確な対応をすることが出来ます。 また、当サイト内で「このようなお問合せがありました」と紹介させていただく場合もあります。 ✔3-2-2.保存期間について お問い合わせフォームに入力された個人情報は、3年間保存します。 ✔3-2-3.個人情報取得の同意について 当サイトでは、お問い合わせフォームからお問い合わせをする前に、当プライバシーポリシーをご一読いただくよう案内しています。 お問い合わせをされた時点で、その訪問者は当プライバシーポリシーに同意されたとみなします。 3-3.Cookieによる個人情報の取得 当サイトは、訪問者のコンピュータにCookieを送信することがあります。 Cookie(クッキー)とは、ウェブサイトを利用したときに、ブラウザとサーバーとの間で送受信した利用履歴や入力内容などを、訪問者のコンピュータにファイルとして保存しておく仕組みです。 ✔3-3-1.利用目的について 訪問者の当サイト閲覧時の利便性を高めるためです。 たとえば、次回同じページにアクセスするとCookieの情報を使って、ページの運営者は訪問者ごとに表示を変えることができます。 訪問者がブラウザの設定でCookieの送受信を許可している場合、ウェブサイトは、訪問者のブラウザからCookieキーを取得できます。 なお、訪問者のブラウザはプライバシー保護のため、そのウェブサイトのサーバーが送受信したCookieのみを送信します。 ✔3-3-2.保存期間について 当サイトに残されたコメントの Cookie は、1年間保存されます。 ✔3-3-3.第三者によるCookie情報の取得について 当サイトでは、グーグルやヤフーなどをはじめとする第三者から配信される広告が掲載される場合があります。 当該第三者は訪問者のCookie情報等を使用して、訪問者がそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて、訪問者に適切な広告を配信できます。 当該第三者によって取得されたCookie情報等は、当該第三者のプライバシーポリシーに従って取り扱われます。 ✔3-3-4.第三者へのCooke情報等の広告配信の利用停止について 訪問者は、当該第三者のウェブサイト内に設けられたオプトアウト(個人情報を第三者に提供することを停止する)ページにアクセスして、当該第三者によるCookie情報等の広告配信への利用を停止することができます。 ✔3-3-5.Cookie情報の送受信の許可・拒否について 訪問者は、Cookieの送受信に関する設定を「すべてのCookieを許可する」、「すべてのCookieを拒否する」、「Cookieを受信したらユーザーに通知する」などから選択できます。設定方法は、ブラウザにより異なります。Cookieに関する設定方法は、お使いのブラウザの「ヘルプ」メニューでご確認ください。 すべてのCookieを拒否する設定を選択されますと、認証が必要なサービスを受けられなくなる等、インターネット上の各種サービスの利用上、制約を受ける場合があります。 4.個人情報の管理 当サイトは、訪問者からご提供いただいた情報の管理について、以下を徹底します。 4-1. 情報の正確性の確保 訪問者からご提供いただいた情報については、常に正確かつ最新の情報となるよう努めます。 4-2. 安全管理措置 当サイトは、個人情報の漏えいや滅失又は棄損を防止するために、適切なセキリュティ対策を実施して個人情報を保護します。 4-3. 個人情報の廃棄 個人情報が不要となった場合には、すみやかに廃棄します。 4-4. 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止 訪問者ご本人からの個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。 上記を希望される場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。 julious_akisue318@hotmail.com 5.個人情報の第三者への提供について 当サイトは、訪問者からご提供いただいた個人情報を、訪問者本人の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。また、今後第三者提供を行うことになった場合には、提供する情報と提供目的などを提示し、訪問者から同意を得た場合のみ第三者提供を行います。 6.未成年の個人情報について 未成年者が当サイトにコメントをしたり、お問い合わせフォームから問い合わせをされたりする場合は必ず親権者の同意を得るものとし、コメントやお問い合わせをされた時点で、当プライバシーポリシーに対して親権者の同意があるものとみなします。 7.お問い合わせ先 当サイト、又は個人情報の取扱いに関しては、お問い合わせフォームよりご連絡ください。 当サイト運営者:Julious_Akisue あきすえ   連絡先:お問い合わせフォーム julious_akisue318@hotmail.com 8.アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはアクセス情報の収集のためにCookieを使用しています。このアクセス情報は匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 GoogleアナリティクスのCookieは、26ヶ月間保持されます。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 Googleアナリティクスの利用規約に関して確認したい場合は、ここをクリックしてください。また、「ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用」に関して確認したい場合は、ここをクリックしてください。 9.第三者配信の広告サービスについて 当サイトは、第三者配信の広告サービス「Google Adsense(グーグルアドセンス)」を利用しています。 Googleなどの第三者広告配信事業者は、訪問者の興味に応じた広告を表示するために、Cookie(当サイトの訪問者が当サイトや他のサイトにアクセスした際の情報など)を使用することがあります。 訪問者は、広告設定で訪問者に合わせた広告(以下、「パーソナライズド広告」とします。)を無効にすることが出来ます。その設定をする場合は、こちらをクリックしてください。また、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズド広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできます。 第三者配信による広告掲載を無効にしていない場合は、第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告がサイトに掲載されることがあります。 Googleによって広告の第三者配信が認められている広告配信事業者の詳細は、ここをクリックしてください。 10.Amazonの広告配信について Amazonのアソシエイトとして、julious_akisue あきすえ は適格販売により収入を得ています。 第三者(Amazonや他の広告掲載者)がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookieを設定したり、認識したりする場合があります。 11.プライバシーポリシーの変更について 当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本プライバシーポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。 令和4年6月24日 策定