Julious_Akisue ( あきすえ ) のブログ

気軽に楽しんで行って下さい♪

NewYork Times が伝える進駐軍の為の日本人慰安婦問題

2007/04/29

ニューヨークタイムズによると、GHQの命令で、日本政府が35万人を超える米国進駐軍の為に7万人の日本人慰安婦を用意したと論評している。最初はプロの売春婦が用意されたが、それでは慰安婦の人数が足りないので、両親をなくした若い女性などをかき集めて慰安婦にしたことが書かれている。
この様に、米国議会は、日本が使用した慰安婦には謝罪を要求しつつ、反対に35万人の占領米軍が要求した7万人の日本人慰安婦には、今のところ、全く謝罪する気がないようだ。>


GIs Frequented Japan's 'Comfort Women'

By THE ASSOCIATED PRESS
AP通信によって。

Published: April 26, 2007

Filed at 2:44 a.m. ET
東部時間午前2時44分にファイルされました。

TOKYO (AP) -- Japan's abhorrent practice of enslaving women to provide sex for its troops in World War II has a little-known sequel: After its surrender -- with tacit approval from the U.S. occupation authorities -- Japan set up a similar ''comfort women'' system for American GIs.
東京( AP ) - 第二次世界大戦に対してのその兵隊にセックスを提供するために女性たちを奴隷にすることについての日本の忌まわしい練習はほとんど知られていない続編を持っています: - 米国の職業当局からの暗黙の認可を持っている - その降伏の後に日本は類似の「慰安婦」システムをアメリカのGIのために設けました。

An Associated Press review of historical documents and records -- some never before translated into English -- shows American authorities permitted the official brothel system to operate despite internal reports that women were being coerced into prostitution.
歴史の書類と記録のAP通信レビューが - 若干数がかつて一度も英語に翻訳しませんでした - アメリカの当局が公式の売春宿に女性たちが売春を強要されていたという内部の報告にもかかわらず営業するシステムを許可したことを示します。

The Americans also had full knowledge by then of Japan's atrocious treatment of women in countries across Asia that it conquered during the war.
アメリカ人はそれが戦争の間に征服したアジアの向こうの国で同じくその時までに日本の女性たちの法外な治療の完全な知識を持っていました。

Tens of thousands of women were employed to provide cheap sex to U.S. troops until the spring of 1946, when Gen. Douglas MacArthur shut the brothels down.
何万という女性たちが大将ダグラス・マッカーサーが売春宿をシャットダウンした1946年の春まで合衆国兵隊にけちなセックスを提供するために雇用されました。

The documents show the brothels were rushed into operation as American forces poured into Japan beginning in August 1945.
アメリカの力が1945年8月に始めて日本に流れ込んだ(とき・から・につれて・ように)、書類は売春宿がオペレーションに向けて急がせられたことを示します。

''Sadly, we police had to set up sexual comfort stations for the occupation troops,'' recounts the official history of the Ibaraki Prefectural Police Department, whose jurisdiction is just northeast of Tokyo.
「嘆かわしいことに、我々警察は性の公衆便所を職業兵隊のために設けなければなりませんでした」、と管轄区域がただ東京の北東である茨城の県の警察局の公式のヒストリーが詳説します。

''The strategy was, through the special work of experienced women, to create a breakwater to protect regular women and girls.''
「戦略は、経験豊かな女性たちの特別な仕事を通して、通常の女性たちと少女たちを守るために防波堤を作るはずでした。」。

The orders from the Ministry of the Interior came on Aug. 18, 1945, one day before a Japanese delegation flew to the Philippines to negotiate the terms of their country's surrender and occupation.
日本の代表団が(彼・それ)らの国の降伏と職業の合意を交渉するためにフィリピンに飛ぶ1日前に、内部の省からのオーダーは1945年8月18日に来ました。

The Ibaraki police immediately set to work.
茨城警察はすぐに仕事を始めました。

The only suitable facility was a dormitory for single police officers, which they quickly converted into a brothel.
唯一の適当なファシリティは一人の警官のために寄宿舎でした、そしてそれを(彼・それ)らが速く売春宿に換えました。

Bedding from the navy was brought in, along with 20 comfort women.
海軍からの寝具が20人の慰安婦に、ともに持って来られました。

The brothel opened for business Sept. 20.
売春宿は9月20日、ビジネスのために開きました。

''As expected, after it opened it was elbow to elbow,'' the history says.
「予期されたように、それが開いた後、それはひじからひじでした」、とヒストリーが言います。

''The comfort women ... had some resistance to selling themselves to men who just yesterday were the enemy, and because of differences in language and race, there were a great deal of apprehensions at first.
慰安婦は・・・(彼・それ)ら自身をちょうど昨日敵であった男性たちに売ることへの若干の抵抗を持ちました、そして言語とレースにおける相違のために、最初多くの逮捕がありました。

But they were paid highly, and they gradually came to accept their work peacefully.''
けれども(彼・それ)らは大いに支払われました、そして(彼・それ)らは次第に穏やかに(彼・それ)らの仕事を受け入れるようになりました。」。

Police officials and Tokyo businessmen established a network of brothels under the auspices of the Recreation and Amusement Association, which operated with government funds.
警察当局者と東京実業家がレクリエーションと Amusement 協会の援助の下で売春宿のネットワークを設立しました、そしてそれは政府資金で営業しました。

On Aug. 28, 1945, an advance wave of occupation troops arrived in Atsugi, just south of Tokyo.
1945年8月28日に、職業部隊の前進波が Atsugi 、東京のすぐ南に到着しました。

By nightfall, the troops found the RAA's first brothel.
たそがれまでに、兵隊は RAA の最初の売春宿を見いだしました。

''I rushed there with two or three RAA executives, and was surprised to see 500 or 600 soldiers standing in line on the street,'' Seiichi Kaburagi, the chief of public relations for the RAA, wrote in a 1972 memoir.
「12でそこ(に・で)急ぎましたあるいは3人の RAA 経営者、そして500を見て驚きましたあるいは路上でラインに立っている600人の軍人」、と Seiichi Kaburagi 、 RAA のための広報の長、が1972年の伝記で書きました。

He said American MPs were barely able to keep the troops under control.
彼はアメリカのMPがほとんど兵隊を抑制することが可能ではなかったと言いました。

Though arranged and supervised by the police and civilian government, the system mirrored the comfort stations established by the Japanese military abroad during the war.
警察と文民政府によって整えられて、そして監督されるけれども、システムは戦争の間に国外の日本の軍によって設立された公衆便所を反映しました。

Kaburagi wrote that occupation GIs paid upfront and were given tickets and condoms.
Kaburagi は職業GIが前もって料金を支払って、そしてチケットとコンドームを与えられたと書きました。

The first RAA brothel, called Komachien -- The Babe Garden -- had 38 women, but due to high demand that was quickly increased to 100.
Komachien  - ベイブ庭 - と呼ばれる最初の RAA 売春宿は38人の女性たちを持っていました、しかし高い需要のためにそれは100に速く増加していました。

Each woman serviced from 15 to 60 clients a day.
15から1日60のクライアントまでサービスを提供されたそれぞれの女性。

American historian John Dower, in his book ''Embracing Defeat: Japan in the Wake of WWII,'' says the charge for a short session with a prostitute was 15 yen, or about a dollar, roughly the cost of half a pack of cigarettes.
アメリカの歴史家ジョン Dower は、「 WWII に引き続いて敗北:日本を受け入れて」いる彼の本で、売春婦と一緒の短いセッションに対する告訴が15円、あるいはおよそ1ドル、乱暴に半パックのタバコのコストであったと言います。

Kaburagi said the sudden demand forced brothel operators to advertise for women who were not licensed prostitutes.
Kaburagi は突然の要求がライセンスを与えられた売春婦ではなかった女性たちのために売春宿オペレーターに宣伝することを強いたと言いました。

Natsue Takita, a 19-year-old Komachien worker whose relatives had been killed in the war, responded to an ad seeking an office worker.
Natsue Takita 、その親類が(すでに)戦争で殺されていた19歳の Komachien 労働者、はサラリーマンを探して広告に返答しました。

She was told the only positions available were for comfort women and was persuaded to accept the offer.
彼女は唯一の利用可能なポジションが慰安婦のためであったと言われて、そして申し出を受け入れるよう説得されました。

According to Kaburagi's memoirs, published in Japanese after the occupation ended in 1952, Takita jumped in front of a train a few days after the brothel started operations.
職業が1952年に終わった後、日本語で出版された Kaburagi の自叙伝によれば、売春宿がオペレーションを始めた数日あと、 Takita は列車の前(に・で)ジャンプしました。

''The worst victims ... were the women who, with no previous experience, answered the ads calling for `Women of the New Japan,''' he wrote.
「最も悪い犠牲者は・・・「新しい日本の女性たち」を迎えに来て、前の経験なしで、広告に答えた女性たちでした」、と彼が書きました。


(Page 2 of 2)
(2のページ2)。

By the end of 1945, about 350,000 U.S. troops were occupying Japan.
1945の終わりまでに、およそ350,000の合衆国部隊が日本を占領していました。

At its peak, Kaburagi wrote, the RAA employed 70,000 prostitutes to serve them.
そのピークにおいて、 Kaburagi が書きました、 RAA は(彼・それ)らに仕えるために70,000人の売春婦を雇用しました。

Although there are suspicions, there is not clear evidence non-Japanese comfort women were imported to Japan as part of the program.
疑いがあるけれども、非日本人の慰安婦がという明確な証拠がありません。

Toshiyuki Tanaka, a history professor at the Hiroshima Peace Institute, cautioned that Kaburagi's number is hard to document.
Toshiyuki 田中、広島平和研究所の歴史教授、は Kaburagi の数が文書化することが難しいと注意しました。

But he added the RAA was also only part of the picture -- the number of private brothels outside the official system was likely even higher.
けれども彼は RAA が同じくただ写真の一部に過ぎなかったと付け足しました - 公式のシステムの外の個人の売春宿の数はより高くさえありそうでした。

The U.S. occupation leadership provided the Japanese government with penicillin for comfort women servicing occupation troops, established prophylactic stations near the RAA brothels and, initially, condoned the troops' use of them, according to documents discovered by Tanaka.
田中によって見いだされた書類によれば、慰安婦が職業兵隊にサービスを提供することに関して、米国の職業の指導体制はペニシリンを日本の政府に提供して、 RAA 売春宿の近くで予防のステーションを設立して、そして、初めに、兵隊の(彼・それ)らの使用を容赦しました。

Occupation leaders were not blind to the similarities between the comfort women procured by Japan for its own troops and those it recruited for the GIs.
職業のリーダーはそれ自身の兵隊のために日本によって周旋された慰安婦とそれがGIのために入れた人たちの間に類似性に気付かなくはありませんでした。

A Dec. 6, 1945, memorandum from Lt. Col. Hugh McDonald, a senior officer with the Public Health and Welfare Division of the occupation's General Headquarters, shows U.S. occupation forces were aware the Japanese comfort women were often coerced.
中佐ヒュー・マクドナルド、公衆衛生を持っている上級の士官と職業の総合的な本部の生活保護の部門、からの12月6、1945、メモが合衆国占領軍が日本の慰安婦がしばしば強制されたことを知っていたことを示します。

''The girl is impressed into contracting by the desperate financial straits of her parents and their urging, occasionally supplemented by her willingness to make such a sacrifice to help her family,'' he wrote.
「少女は時折彼女の家族に手を貸すためにこのような犠牲をするという彼女の自発的意志によって補われた彼女の親と(彼・それ)らの主張の深刻な金融の困難によって契約の中に感銘を与えられます」、と彼が書きました。

''It is the belief of our informants, however, that in urban districts the practice of enslaving girls, while much less prevalent than in the past, still exists.''
「都市の地区で、過去によりずっとより低度に流行している間に、少女たちを奴隷にすることについての実行がまだ存在することは、しかしながら、我々の情報提供者の信念です。」。

Amid complaints from military chaplains and concerns that disclosure of the brothels would embarrass the occupation forces back in the U.S., on March 25, 1946, MacArthur placed all brothels, comfort stations and other places of prostitution off limits.
売春宿の公表が合衆国に戻った占領軍を困らせるであろうという軍付き牧師からの苦情と心配の中に、1946年3月25日に、マッカーサーは限界から売春のすべての売春宿、公衆便所と他の場所を置きました。

The RAA soon collapsed.
RAA はまもなく崩壊しました。

MacArthur's primary concern was not only a moral one.
マッカーサーの主要な関心は単に道義的な(の・もの・人)であっただけではありません。

By that time, Tanaka says, more than a quarter of all American GIs in the occupation forces had a sexually transmitted disease.
その時までに、田中が言います、占領軍でのすべてのアメリカのGIの4分の1よりいっそう多くが性行為感染症を持っていました。

''The nationwide off-limits policy suddenly put more than 150,000 Japanese women out of a job,'' Tanaka wrote in a 2002 book on sexual slavery.
「全国的なオフリミットの政策は仕事から突然150,000人以上の日本の女性たちを置きました」、と田中が性の奴隷制度に関する2002年の本で書きました。

Most continued to serve the troops illegally.
大部分が不法に兵隊に仕えるために続きました。

Many had VD and were destitute, he wrote.
多くがVDを持って、そして貧窮していました、と彼が書きました。

Under intense pressure, Japan's government apologized in 1993 for its role in running brothels around Asia and coercing women into serving its troops.
激しい圧力の下で、アジアの周りに売春宿を運営して、そして女性たちにその兵隊に仕えるよう強要することにおいて、日本の政府はその役割のために1993年に謝りました。

The issue remains controversial today.
問題は今日論争の的のままでいます。

In January, California Rep. Mike Honda offered a resolution in the House condemning Japan's use of sex slaves, in part to renew pressure on Japan ahead of the closure of the Asian Women's Fund, a private foundation created two years after the apology to compensate comfort women.
1月に、カリフォルニア共和党のマイクホンダは日本のセックス奴隷の使用が、一部アジアの女性たちの資金の閉鎖よりも進んだ日本に対する圧力を更新するよう宣告してハウスで解決を申し出ました、私的な財団が慰安婦に補償するために謝罪の後に2年を引き起こしました。

The fund compensated only 285 women in the Philippines, South Korea and Taiwan, out of an estimated 50,000-200,000 comfort women enslaved by Japan's military in those countries during the war.
資金は女性たちが戦争の間に日本の軍によってそれらの国で奴隷にした推定 50,000-200,000 慰めから外れているフィリピン、韓国と台湾、でのたった285人の女性たちに補償しました。

Each received 2 million yen, about $17,800.
それぞれが2百万円、およそ17,800ドルを受け取りました。

A handful of Dutch and Indonesian women were also given assistance.
ひと握りのオランダの、そしてインドネシアの女性たちが同じく援助を与えられました。

The fund closed, as scheduled, on March 31.
資金は、3月31日に、予定されるように、閉じました。

Haruki Wada, the fund's executive director, said its creation marked an important change in attitude among Japan's leadership and represented the will of Japan's ''silent majority'' to see that justice is done.
Haruki 和田、資金の専務、はその創造が日本の指導力の間で態度における重要な変化を記録して、そして日本の「声なき大衆」の公正がされるのを見る意志を表したと言いました。

He also noted that although it was a private organization, the government was its main sponsor, kicking in 4.625 billion yen, about $40 million.
彼は同じくそれが私的な組織であったけれども、政府が、46.25億円、およそ4千万ドルを寄付して、その主なスポンサーであったことを指摘しました。

Even so, he admitted it fell short of expectations.
それはそうでも、彼はそれが期待に達しなかったことを認めました。

''The vast majority of the women did not come forward,'' he said.
「女性たちの巨大な大多数は申し出ませんでした」、と彼が言いました。

As a step toward acknowledging and resolving the exploitation of Japanese women, however, it was a complete failure.
ステップとして、日本の女性たちの搾取を認めて、そして解決することに、しかしながら、それは完全な失敗でした。

Though they were free to do so, no Japanese women sought compensation.
(彼・それ)らがそうすることが自由であったけれども、日本の女性たちが報酬を求めませんでした。

''Not one Japanese woman has come forward to seek compensation or an apology,'' Wada said.
「一(人・つ)の日本の女性も補償あるいは謝罪を探すために申し出ませんでした」、と和田が言いました。

''Unless they feel they can say they were completely forced against their will, they feel they cannot come forward.''
「(彼・それ)らが(彼・それ)らが(彼・それ)らが彼らの意志に反して完全に強制されていたと言うことができると感じないなら、(彼・それ)らは(彼・それ)らが申し出ることができないと感じます。」。

------
Associated Press investigative researcher Randy Herschaft in New York contributed to this report.
ニューヨークでのAP通信の調査の研究者ランディー Herschaft はこの報告に寄稿しました。


http://www.nytimes.com/aponline/world/AP-Americas-Comfort-Women.html?_r=1&oref=slogin

http://www.nytimes.com/aponline/world/AP-Americas-Comfort-Women.html?pagewanted=2&_r=1

プライバシーポリシー 2022.06.24 本プライバシーポリシーは、https://akisue-jp.hatenablog.com/(以下、「当サイト」とします。)の各種サービス(当サイトによる情報提供、各種お問合せの受付等)において、当サイトの訪問者(以下、「訪問者」とします。)の個人情報もしくはそれに準ずる情報を取り扱う際に、当サイトが遵守する方針を示したものです。 目次をチェック 1.基本方針 当サイトは、個人情報の重要性を認識し、個人情報を保護することが社会的責務であると考え、個人情報に関する法令を遵守し、当サイトで取扱う個人情報の取得、利用、管理を適正に行います。当サイトで収集した情報は、利用目的の範囲内で適切に取り扱います。 2.適用範囲 本プライバシーポリシーは、当サイトにおいてのみ適用されます。 3.個人情報の取得と利用目的 当サイトで取得する訪問者の個人情報と利用目的、保存期間等は下記の通りです。 3-1.コメントを残した際に個人情報を取得します 当サイトでは、訪問者が当サイトにコメントを残した際に、以下の個人情報を取得します。 コメントフォームに表示されている名前(HN) コメントフォームに表示されているメールアドレス コメントフォームに表示されているコメント内容 IPアドレス ブラウザユーザーエージェント文字列 ブラウザユーザーエージェント文字列とは、「どのブラウザからこのサイトにたどり着いたか」を表すものです。「Firefoxからたどり着いたのか」「Google Chromeからたどり着いたのか」を識別することが出来ます。 これにより次回コメントを残す際に、「名前」や「メールアドレス」が自動的に表示されるため、それらを再入力する手間を省くことができます。 メールアドレスから作成される匿名化された (「ハッシュ」とも呼ばれる) 文字列は、訪問者が Gravatar サービスを使用中かどうか確認するため同サービスに提供されることがあります。同サービスのプライバシーポリシーを確認する場合は、こちらをクリックしてください。 ✔3-1-1.利用目的について 荒し対策やスパム検出に役立てるためと、訪問者の利便性のためです。また、当サイト内で「訪問者からこのようなコメントがありました」と紹介させていただく場合もあります。 コメントが当サイトの管理人に承認されると、プロフィール画像がコメントとともに一般公開されます。 ✔3-1-2.保存期間について 当サイトに残されたコメントは、コメントとそのメタデータを3年間保存します。 訪問者は個人情報をブラウザに保存するか選択することが出来ます。 訪問者は当サイトにコメントを残す際に、お名前、メールアドレス、お持ちのサイト情報(任意)を ブラウザに保存するかどうかを選択できます。 ✔3-1-3.当サイトがコメントに対してできることについて 訪問者が当サイトにコメントを残したことがある場合は、当サイトの管理人は、当サイトが保存する訪問者についての個人情報(提供したすべての情報を含む)をエクスポートファイルとして訪問者が「受け取りたい」というリクエストに応えることが出来ます。その際、訪問者のメールアドレスに確認のメールが送られます。 また、訪問者から訪問者本人の個人情報を「消去してほしい」というリクエストにも応えることが出来ます。これには、管理や法律、セキュリティ目的のために保持する義務がある情報は含まれません。また消去する際も、訪問者のメールアドレスに確認のメールが送られます。 3-2.お問い合せされた個人情報を取得します 当サイトではお問い合わせフォームを設けています。 julious_akisue318@hotmail.com 訪問者がそのお問い合わせフォームから問い合わせをされた際に入力された、以下の個人情報を取得します。 お問い合わせフォームに入力された名前(HN) お問い合わせフォームに入力されたメールアドレス お問い合わせフォームに入力されたお問合せ内容 ✔3-2-1.利用目的について お問い合わせ対応をするためと、訪問者の管理のためです。訪問者からのお問い合わせ情報を保存しておくことによって、同じ訪問者が別のお問い合わせをした際に、過去の問い合わせ内容を踏まえた対応をすることが出来、より的確な対応をすることが出来ます。 また、当サイト内で「このようなお問合せがありました」と紹介させていただく場合もあります。 ✔3-2-2.保存期間について お問い合わせフォームに入力された個人情報は、3年間保存します。 ✔3-2-3.個人情報取得の同意について 当サイトでは、お問い合わせフォームからお問い合わせをする前に、当プライバシーポリシーをご一読いただくよう案内しています。 お問い合わせをされた時点で、その訪問者は当プライバシーポリシーに同意されたとみなします。 3-3.Cookieによる個人情報の取得 当サイトは、訪問者のコンピュータにCookieを送信することがあります。 Cookie(クッキー)とは、ウェブサイトを利用したときに、ブラウザとサーバーとの間で送受信した利用履歴や入力内容などを、訪問者のコンピュータにファイルとして保存しておく仕組みです。 ✔3-3-1.利用目的について 訪問者の当サイト閲覧時の利便性を高めるためです。 たとえば、次回同じページにアクセスするとCookieの情報を使って、ページの運営者は訪問者ごとに表示を変えることができます。 訪問者がブラウザの設定でCookieの送受信を許可している場合、ウェブサイトは、訪問者のブラウザからCookieキーを取得できます。 なお、訪問者のブラウザはプライバシー保護のため、そのウェブサイトのサーバーが送受信したCookieのみを送信します。 ✔3-3-2.保存期間について 当サイトに残されたコメントの Cookie は、1年間保存されます。 ✔3-3-3.第三者によるCookie情報の取得について 当サイトでは、グーグルやヤフーなどをはじめとする第三者から配信される広告が掲載される場合があります。 当該第三者は訪問者のCookie情報等を使用して、訪問者がそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて、訪問者に適切な広告を配信できます。 当該第三者によって取得されたCookie情報等は、当該第三者のプライバシーポリシーに従って取り扱われます。 ✔3-3-4.第三者へのCooke情報等の広告配信の利用停止について 訪問者は、当該第三者のウェブサイト内に設けられたオプトアウト(個人情報を第三者に提供することを停止する)ページにアクセスして、当該第三者によるCookie情報等の広告配信への利用を停止することができます。 ✔3-3-5.Cookie情報の送受信の許可・拒否について 訪問者は、Cookieの送受信に関する設定を「すべてのCookieを許可する」、「すべてのCookieを拒否する」、「Cookieを受信したらユーザーに通知する」などから選択できます。設定方法は、ブラウザにより異なります。Cookieに関する設定方法は、お使いのブラウザの「ヘルプ」メニューでご確認ください。 すべてのCookieを拒否する設定を選択されますと、認証が必要なサービスを受けられなくなる等、インターネット上の各種サービスの利用上、制約を受ける場合があります。 4.個人情報の管理 当サイトは、訪問者からご提供いただいた情報の管理について、以下を徹底します。 4-1. 情報の正確性の確保 訪問者からご提供いただいた情報については、常に正確かつ最新の情報となるよう努めます。 4-2. 安全管理措置 当サイトは、個人情報の漏えいや滅失又は棄損を防止するために、適切なセキリュティ対策を実施して個人情報を保護します。 4-3. 個人情報の廃棄 個人情報が不要となった場合には、すみやかに廃棄します。 4-4. 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止 訪問者ご本人からの個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。 上記を希望される場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。 julious_akisue318@hotmail.com 5.個人情報の第三者への提供について 当サイトは、訪問者からご提供いただいた個人情報を、訪問者本人の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。また、今後第三者提供を行うことになった場合には、提供する情報と提供目的などを提示し、訪問者から同意を得た場合のみ第三者提供を行います。 6.未成年の個人情報について 未成年者が当サイトにコメントをしたり、お問い合わせフォームから問い合わせをされたりする場合は必ず親権者の同意を得るものとし、コメントやお問い合わせをされた時点で、当プライバシーポリシーに対して親権者の同意があるものとみなします。 7.お問い合わせ先 当サイト、又は個人情報の取扱いに関しては、お問い合わせフォームよりご連絡ください。 当サイト運営者:Julious_Akisue あきすえ   連絡先:お問い合わせフォーム julious_akisue318@hotmail.com 8.アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはアクセス情報の収集のためにCookieを使用しています。このアクセス情報は匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 GoogleアナリティクスのCookieは、26ヶ月間保持されます。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 Googleアナリティクスの利用規約に関して確認したい場合は、ここをクリックしてください。また、「ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用」に関して確認したい場合は、ここをクリックしてください。 9.第三者配信の広告サービスについて 当サイトは、第三者配信の広告サービス「Google Adsense(グーグルアドセンス)」を利用しています。 Googleなどの第三者広告配信事業者は、訪問者の興味に応じた広告を表示するために、Cookie(当サイトの訪問者が当サイトや他のサイトにアクセスした際の情報など)を使用することがあります。 訪問者は、広告設定で訪問者に合わせた広告(以下、「パーソナライズド広告」とします。)を無効にすることが出来ます。その設定をする場合は、こちらをクリックしてください。また、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズド広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできます。 第三者配信による広告掲載を無効にしていない場合は、第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告がサイトに掲載されることがあります。 Googleによって広告の第三者配信が認められている広告配信事業者の詳細は、ここをクリックしてください。 10.Amazonの広告配信について Amazonのアソシエイトとして、julious_akisue あきすえ は適格販売により収入を得ています。 第三者(Amazonや他の広告掲載者)がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookieを設定したり、認識したりする場合があります。 11.プライバシーポリシーの変更について 当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本プライバシーポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。 令和4年6月24日 策定