Julious_Akisue ( あきすえ ) のブログ

気軽に楽しんで行って下さい♪

気づいていますか? 現在の格差が「世界恐慌なみ」だということに

2021/05/05 

気づいていますか? 現在の格差が「世界恐慌なみ」だということに


【特別鼎談】宮台真司×白井聡×斎藤幸平





1.[資本主義が牙を剥いた]



斎藤 この1月に国際慈善団体のオックスファムが発表した調査は衝撃的でした。

 マイクロソフト創業者のビル・ゲイツやテスラ創業者のイーロン・マスクら世界の富豪トップ10人が、コロナ禍のこの1年で、保有株の価格上昇などによって計56兆6000億円もの利益を得た。

 これは、全人類76億人に必要なコロナワクチンをすべて賄える金額だそうです。


白井 そのオックスファムの別の調査によれば、'16年時点では「世界のトップ62人の富豪が、人類の下位半数の資産総額と同じだけの富を占有している」状態でしたが、'19年には富豪の数が「26人」に減った。

 この数年で、金持ちはますます金持ちになっているわけです。


斎藤 日本国内に目を向けても、1億円以上の資産をもつ富裕層は昨年末に132万世帯を超え、史上最多となりました。

 しかしその一方、庶民の賃金はどんどん低下しています。

 先日発表されたOECD経済協力開発機構)の最新データでは、コロナ前の'19年時点で、日本人の平均賃金はアメリカやドイツはおろか韓国をも下回ったことが判明し、ネットでは動揺する人も多かった。

 日本人の間の格差も、年々広がっていると言えます。


宮台 これほど「格差が問題だ」と言われて久しいのに、なぜ解決しないのか。

 前提として知っておかなければいけないのは、これまで私たちが依拠してきた資本主義の仕組みそのものが、たまたま上手く回っていたに過ぎないということです。

 '14年に日本でもブームを起こしたフランスの経済学者トマ・ピケティが指摘したように、資本主義では本来「投資で得られる利益」のほうが「労働で得られる利益」を上回ります。

 つまりカネ持ちは資本を運用すれば働かずとも生きていけるけど、労働者は働いてもさして豊かになれず、格差はどんどん拡大します。

 しかし戦後30年ほどの間、日本も含めて世界各国で「真面目に働けば、一般の労働者も豊かになれる」という幻想が広まりました。

 大規模な内需が支える製造業が分厚い中産階級を形成し、安定した社会を作れたからです。

 今や世界中で製造業が地盤沈下し、幻想が崩れました。

 格差拡大は、資本主義の誤作動ではなく、正常な作動の結果なのです。



2.[大事な仕事ほど報われない]



斎藤 加えて、この一年でコロナ禍が数々の矛盾を露呈させました。

 日本では非正規雇用者が簡単にクビを切られたり、コロナにかかった生活保護者が病院での診察を断られたり、女性の自殺が急増したりしていますが、それはもともと存在した格差と差別が噴出したものです。


白井 今の日本人、特に若い世代には「正規・非正規の格差は当たり前」とか「生活保護を受けている人は努力が足りない」と素朴に考えている人も少なくありません。

 そうした人たちも、コロナで流石に「これはおかしい」と気付いたかどうか。

 もうひとつ、コロナと格差の関係で注目されたのが「ブルシット・ジョブ」、日本語に訳すと「クソどうでもいい仕事」という概念です。

 以前は毎日会社に出勤して、資料作成や社内調整と山のように仕事があったけれど、コロナでテレワークになってみると、そういう仕事が消えても何の問題もない。

 高給取りのサラリーマンや会社役員も、実はみんなその程度の仕事しかしていないことがわかってしまった。

 一方で、鉄道や医療、介護に保育など社会のインフラを支える仕事に従事する人たちは、テレワークもできず感染リスクを避けられないのに、給料が高いわけでもない。

 一番重要な仕事をしている人たちが真っ先に困窮するなんて、この世の中は一体何なんだ、と思った人も多いはずです。


宮台 なのに、そうした矛盾が露になっても、たいていの人は無視を決め込みます。

 それどころか「自粛警察」のように、他人を攻撃する人も大勢います。

 こうした感情が劣化した輩を私は「クズ」と呼びますが、彼らの劣化の理由を一言で言えば、「貧乏人」が連帯できなくなったことです。



3.'70年代までの日本は、ホワイトカラーかブルーカラーか、都会の人か田舎の人かが一目見れば分かり、連帯しやすい状況でした。

 今は所得の低い人も金持ちも同じようにスマホやパソコンをいじる。

 誰が自分と似た境遇か分からないから、生活が苦しくても弱みを隠し、「人並み」を装います。

 地域と家族が劣化し、弱みを見せられる仲間を持たない若者も増えました。

 だから不安が消えない。

 とりわけ以前より没落し、将来が見通せない人は、不安の埋め合わせに他人を叩き、政治家などの権威に一体化します。

 「右」に見えても、それは価値観ではなく心の病なのです。




[医療もワクチンも「商品」でいいのか]


斎藤 ウイルスとの戦いには一国だけの「勝利」などありませんから、そうした見方は本質を見誤っている。

 重要なのはコロナを機に、すべての人にとって大切なもの、例えば医療や教育、インフラなどは人類の「共有財産」であるという考え方を広げていくことだと思います。

 こうした共有財産のことを、私が主に研究しているマルクス経済学では「コモン」と呼びます。

 具体例を挙げると、EUがワクチンの輸出を止めて独占しようとし、国際問題になっていますが、本来はワクチンこそ「コモン」にしないとウイルスに打ち克てません。

 先進国がワクチンを独占すれば製薬会社は儲かりますが、変異株が絶えず出てくる状況では、いたちごっこになってしまうからです。


白井 ワクチンもそうですが、資本主義社会には、あらゆるものが「商品」化される強い傾向があります。

 「すべては商品なのだから、カネのある人にだけ行き渡ればいい」ということになると、医療も教育も金持ちが独占し、ますます貧乏人には手の届かないものになってゆく。

 それは文明史的にも異常なことなのです。

 しかし、骨の髄まで資本主義社会に浸かっている私たちは、「値段のつかないもの」を想像するのも難しい状態になってしまった。

 アメリカの思想家フレドリック・ジェイムソンは「資本主義の終わりを想像するより、世界の終わりを想像することのほうがたやすい」と述べています。

 想像力までも資本主義に侵されてしまっているのです。




4.宮台 思い出したいのは、18世紀後半、自由主義経済思想の祖アダム・スミスが「市場の見えざる手は人々に共感能力がある限りにおいて機能する」つまり「思いやりがなければ自由市場は破綻する」と説いたことです。

 彼が生きたのはイギリスで産業革命が始まって大量の貧しい労働者が生まれた時期。

 資本主義の暴走を止めるのは「感情」だということに、いち早く気づいていたのです。

 今まさに人々の共感能力が劣化し、過酷な格差が生まれています。

 全てを市場化すれば人々の感情は劣化して当然です。

 その当然の事態が起こっているのだと弁えるべきです。



[「上級」「下級」と自己責任の意識]


白井 最近、大学で学生と接していて驚くのが、社会に対する問題意識があまりに希薄なことです。

 たとえば、世の中にはブラック企業と呼ばれる会社があって、これは資本主義社会の生み出した矛盾の一例だ、というような話をしますよね。

 しかし講義のあとで感想を書かせると、「ブラック企業に入らないように気をつけようと思いました」とだけ書いてある。

 やむを得ない事情からブラック企業で働かざるを得なくなるとか、最初はまともな会社だったのに徐々におかしくなっていくとか、そういう可能性に想像が及ばないらしいのです。


宮台 成功も失敗も「それを選んだ自分が悪い」と個人の選択に帰せられる社会を「心理学化する社会」と呼びます。

 まさに象徴的なエピソードですね。


白井 「誰かが困っている背景には大きな問題が潜んでいるかもしれないから、それを解決しよう」という意識は社会の根幹にあるべきだと思いますが、そのためのベースになる共感や同胞意識が近年、目に見えて破壊されていると感じます。





5.斎藤 このところ「上級国民」と「下級国民」という言葉が定着しています。

 国内の市場が縮み、安定した仕事も減る中で、日本人の人心が荒廃しているのは確かでしょう。

 資本主義社会では、経済成長が望めなくなると労働者の賃金を下げたり、非正規化やリストラで経費を削減する以外に方法がなくなる。

 自分だけ競争に勝ち残りたい、他人など知ったことではない、という人が増えるのも無理はありません。

 労働といえば去年、コロナで世界的に流行っている「ウーバーイーツ」の配達員を私も体験しました。

 一見「時間や場所に縛られない自由な働き方」のように思えますが、配達員は労働基準法の範囲外なので最低賃金が適用されず、仕事が割り当てられるかどうかもアプリの指示次第。

 誰かと言葉を交わすこともありません。

 しかし個人がバラバラに生きるいまでは、こうした労働形態に「実は搾取されているのではないか」という疑念を抱く人もあまりいないのだろうな、と実感しました。



[心が荒んでゆく]


白井 ミクロでは、痛みや苦しみを誰とも共有できず、グローバル企業のやりたい放題に振り回される個人が増えている。

 一方マクロで見ると、国家間競争が激化し、日本の地位も相対的に下がってゆく。

 この20年ほどで一気に人心が荒んでしまった背景には、その両方が加速していったことがあったと思います。


宮台 第一部で述べた「戦後はたまたま格差の少ない時代だった」という話に関連しますが、大規模な国家で国民全員が仲間意識を維持することは、もともと無理なのです。

 進化心理学によれば、人が「仲間」だと思える範囲は150人、どんなに大きくても2万人です。

 なのに、「国民は仲間だ」という国民国家の枠組みが続いたのは、危機のたびに戦争をするから。

 ナポレオン戦争の教訓によって、各国は「傭兵ではなく国民兵を組織しなければ戦争に負ける」と気付き、19世紀半ばから国民国家ができた。

 それがやがて「国民国家を維持するために戦争をする」という倒錯に至りました。

 アメリカが繰り返し戦争を仕掛けるのも、国内の巨大製造業のためです。



6.[世界恐慌なみの格差]


斎藤 今は先進国間の大きな戦争こそありませんが、経済における闘争はますます激化していますよね。

 国家間の競争に勝たなければいけないから、経済成長をしなければならない。

 しかしもうこれ以上の成長は難しいから、とにかく必死で長時間働く。

 日本人は保守もリベラルも経済成長の呪いに囚われすぎていて、どんどん袋小路にはまり込んでいるように見えます。

 そうではなくて、そもそもこんなに働かなくてもいい社会は作れないのか、もっと言えば経済成長がいらない、カネも格差もない世界は作れないのか、といったことを想像する必要がある。

 コロナはそのきっかけになるのではないか、とも思うのですが。



白井 おっしゃるとおり、いま私たちは資本主義や技術の暴走、それによる富の一極集中を許すのか、それとも正すのかの分岐点に差しかかっています。

 近年は「矛盾だらけの資本主義を限界まで拡大させて、自壊を早める」という「加速主義」と呼ばれる考え方すら出てきていますが、それは大戦争のような破局をもたらしてしまうかもしれない。

 現に、現在の格差は世界恐慌なみの水準に達しています。

 20世紀にその格差を平等化したのは、戦争だったわけです。


斎藤 重要なのはやはり、GAFA(グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル)や前述したウーバーのような巨大グローバル企業に富が集中してしまう社会のあり方を少しずつ変えることです。

 たとえば、フランスやイタリアではIT企業の収入に3%の「デジタル税」を課しています。

 またオランダのアムステルダムでは民泊サービス「Airbnb」の営業日数を規制していますし、フランスのグルノーブルは学校給食からグローバル企業の製品を締め出したそうです。

 こうした取り組みは、もちろん市民が声を上げなければ実現しません。

 日本人も、芸能人やスポーツ選手ばかり政治家を選んでいる場合じゃありませんよ。





7.白井 もうひとつ大事なのは、宮台さんが触れた人々の仲間意識、「共同体」の立て直しでしょう。

 こんな怖い話があります。「イギリスの料理はまずい」と言いますが、昔からまずかったわけではない。

 18世紀に産業革命が起こる一方、農業が資本主義化され、農村共同体が解体された。

 すると祭りもなくなり、みんなでご馳走を作って食べる機会が激減した。

 結果、伝統料理が根こそぎ消滅して、イギリス料理はまずくなったというのです。

 これは日本にも無縁な話ではないと思います。

 行き過ぎた産業化で荒廃するのは、人々の暮らしや心身だけではない。

 文化もしかり、私たちの生活の総体なのです。



宮台 そうです。「とにかく生産性を上げて競争に勝つのだ」という発想を見直し、競争を制約して、本当に次の世代に残すべきものは何かを立ち止まって考えないことには、この残酷な時代を生き抜くことはできないでしょう。



[「SDGs」は大衆のアヘンか]


斎藤 近年では、「格差問題をなんとかしなければいけない」という言説を見かける機会も増えてきました。

 代表的なのが、国連が定めた「SDGs(持続可能な開発目標)」でしょう。2030年までに「貧困対策」や「福祉の促進」「気候変動対策」「飢餓対策」「不平等の是正」といった17の目標を各国で達成しようという呼びかけで、賛同を表明する著名人も多い。

 でも私は、どうもこの「SDGs」に対する違和感が拭えません。

 今のやり方では格差の是正や環境保護など不可能だし、むしろ問題の真の構造を覆い隠して、人々を「やった気にさせる」だけなのではないかと思うからです。



白井 この大量生産・大量消費のシステムに依拠している限り、そもそも「持続可能性」なんて絵に描いた餅です。

 「SDGs」のピンバッジをつけて悦に入っているだけの政治家やビジネスエリートは、見るに堪えないと感じます。





8.[本物の抵抗に向けて]

斎藤 たとえば人類が消費した化石燃料のおよそ半分は、'89年以降の30年間のものだといいます。

 今さらレジ袋を減らそうとしたところで、焼け石に水です。

 ガソリン車をやめて電気自動車に転換しても、充電のための電気が火力発電で賄われるなら、排出される二酸化炭素は結局のところ減りません。

 つまり、いくら美しいスローガンを唱えて上辺の対策をしたところで、問題は決して解決しない。

 だから私は昨年刊行した『人新世の「資本論」』の冒頭で、かつて宗教を「つらい現実から目を逸らす『大衆のアヘン』だ」と批判したマルクスに倣って、「SDGsは現代版『大衆のアヘン』だ」と批判しました。



宮台 三島由紀夫は、戦後一夜にして天皇主義者から民主主義者に変貌した人々を「一番病」と呼んで嫌悪しました。

 「僕が一番の民主主義者だ!」と言って時流に阿るだけの空っぽな人々。

 日本人はそんな奴ばかりだと喝破しました。

 今風に言えば「意識高い系」ですが、「SDGs」を掲げるビジネスパーソンはこの病に罹った空っぽな人だらけ。

 しかしスローガンを唱えるだけでは、ここまで述べたような資本主義が抱える問題は解決できません。



斎藤 おっしゃる通りです。日本を含む先進国の住民は、途上国の人々や将来の世代にツケを回す「転嫁」を知らず知らず行っている。

 それが世界の格差の根本的な原因になっていることを、まず直視しなければなりません。

 私たちが食べる海外産の安い野菜は、大量の化学肥料や農薬で農地を犠牲にしながら作られている。

 日本の年金を運用するGPIFは、森林破壊で問題視されているブラジルの大手食肉加工会社におよそ200億円を投資しています。

 「私は倹しく暮らしているし、なるべくゴミも出さないようにしている」という人も、ただ年金を受け取るだけで格差の構造に加担している現実があるのです。


白井 世界規模で見れば、日本人というだけで上位3%の「搾取する側」にいることになる。

 個人の心がけだけでは、どうにもならないのです。

 一方で、こうした運動が盛り上がりを見せているのは、権力者や巨大資本の間に「流石にこのままではまずい」という認識が広がっている証左でもある。

 スローガンが実行不可能だとわかったとき、この酷いシステムを変えるための本物の反抗が始まるのだと思います。

(「週刊現代」3月20・27日号より転載)


【URL】https://gendai.ismedia.jp/articles/-/82764?imp=0

プライバシーポリシー 2022.06.24 本プライバシーポリシーは、https://akisue-jp.hatenablog.com/(以下、「当サイト」とします。)の各種サービス(当サイトによる情報提供、各種お問合せの受付等)において、当サイトの訪問者(以下、「訪問者」とします。)の個人情報もしくはそれに準ずる情報を取り扱う際に、当サイトが遵守する方針を示したものです。 目次をチェック 1.基本方針 当サイトは、個人情報の重要性を認識し、個人情報を保護することが社会的責務であると考え、個人情報に関する法令を遵守し、当サイトで取扱う個人情報の取得、利用、管理を適正に行います。当サイトで収集した情報は、利用目的の範囲内で適切に取り扱います。 2.適用範囲 本プライバシーポリシーは、当サイトにおいてのみ適用されます。 3.個人情報の取得と利用目的 当サイトで取得する訪問者の個人情報と利用目的、保存期間等は下記の通りです。 3-1.コメントを残した際に個人情報を取得します 当サイトでは、訪問者が当サイトにコメントを残した際に、以下の個人情報を取得します。 コメントフォームに表示されている名前(HN) コメントフォームに表示されているメールアドレス コメントフォームに表示されているコメント内容 IPアドレス ブラウザユーザーエージェント文字列 ブラウザユーザーエージェント文字列とは、「どのブラウザからこのサイトにたどり着いたか」を表すものです。「Firefoxからたどり着いたのか」「Google Chromeからたどり着いたのか」を識別することが出来ます。 これにより次回コメントを残す際に、「名前」や「メールアドレス」が自動的に表示されるため、それらを再入力する手間を省くことができます。 メールアドレスから作成される匿名化された (「ハッシュ」とも呼ばれる) 文字列は、訪問者が Gravatar サービスを使用中かどうか確認するため同サービスに提供されることがあります。同サービスのプライバシーポリシーを確認する場合は、こちらをクリックしてください。 ✔3-1-1.利用目的について 荒し対策やスパム検出に役立てるためと、訪問者の利便性のためです。また、当サイト内で「訪問者からこのようなコメントがありました」と紹介させていただく場合もあります。 コメントが当サイトの管理人に承認されると、プロフィール画像がコメントとともに一般公開されます。 ✔3-1-2.保存期間について 当サイトに残されたコメントは、コメントとそのメタデータを3年間保存します。 訪問者は個人情報をブラウザに保存するか選択することが出来ます。 訪問者は当サイトにコメントを残す際に、お名前、メールアドレス、お持ちのサイト情報(任意)を ブラウザに保存するかどうかを選択できます。 ✔3-1-3.当サイトがコメントに対してできることについて 訪問者が当サイトにコメントを残したことがある場合は、当サイトの管理人は、当サイトが保存する訪問者についての個人情報(提供したすべての情報を含む)をエクスポートファイルとして訪問者が「受け取りたい」というリクエストに応えることが出来ます。その際、訪問者のメールアドレスに確認のメールが送られます。 また、訪問者から訪問者本人の個人情報を「消去してほしい」というリクエストにも応えることが出来ます。これには、管理や法律、セキュリティ目的のために保持する義務がある情報は含まれません。また消去する際も、訪問者のメールアドレスに確認のメールが送られます。 3-2.お問い合せされた個人情報を取得します 当サイトではお問い合わせフォームを設けています。 julious_akisue318@hotmail.com 訪問者がそのお問い合わせフォームから問い合わせをされた際に入力された、以下の個人情報を取得します。 お問い合わせフォームに入力された名前(HN) お問い合わせフォームに入力されたメールアドレス お問い合わせフォームに入力されたお問合せ内容 ✔3-2-1.利用目的について お問い合わせ対応をするためと、訪問者の管理のためです。訪問者からのお問い合わせ情報を保存しておくことによって、同じ訪問者が別のお問い合わせをした際に、過去の問い合わせ内容を踏まえた対応をすることが出来、より的確な対応をすることが出来ます。 また、当サイト内で「このようなお問合せがありました」と紹介させていただく場合もあります。 ✔3-2-2.保存期間について お問い合わせフォームに入力された個人情報は、3年間保存します。 ✔3-2-3.個人情報取得の同意について 当サイトでは、お問い合わせフォームからお問い合わせをする前に、当プライバシーポリシーをご一読いただくよう案内しています。 お問い合わせをされた時点で、その訪問者は当プライバシーポリシーに同意されたとみなします。 3-3.Cookieによる個人情報の取得 当サイトは、訪問者のコンピュータにCookieを送信することがあります。 Cookie(クッキー)とは、ウェブサイトを利用したときに、ブラウザとサーバーとの間で送受信した利用履歴や入力内容などを、訪問者のコンピュータにファイルとして保存しておく仕組みです。 ✔3-3-1.利用目的について 訪問者の当サイト閲覧時の利便性を高めるためです。 たとえば、次回同じページにアクセスするとCookieの情報を使って、ページの運営者は訪問者ごとに表示を変えることができます。 訪問者がブラウザの設定でCookieの送受信を許可している場合、ウェブサイトは、訪問者のブラウザからCookieキーを取得できます。 なお、訪問者のブラウザはプライバシー保護のため、そのウェブサイトのサーバーが送受信したCookieのみを送信します。 ✔3-3-2.保存期間について 当サイトに残されたコメントの Cookie は、1年間保存されます。 ✔3-3-3.第三者によるCookie情報の取得について 当サイトでは、グーグルやヤフーなどをはじめとする第三者から配信される広告が掲載される場合があります。 当該第三者は訪問者のCookie情報等を使用して、訪問者がそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて、訪問者に適切な広告を配信できます。 当該第三者によって取得されたCookie情報等は、当該第三者のプライバシーポリシーに従って取り扱われます。 ✔3-3-4.第三者へのCooke情報等の広告配信の利用停止について 訪問者は、当該第三者のウェブサイト内に設けられたオプトアウト(個人情報を第三者に提供することを停止する)ページにアクセスして、当該第三者によるCookie情報等の広告配信への利用を停止することができます。 ✔3-3-5.Cookie情報の送受信の許可・拒否について 訪問者は、Cookieの送受信に関する設定を「すべてのCookieを許可する」、「すべてのCookieを拒否する」、「Cookieを受信したらユーザーに通知する」などから選択できます。設定方法は、ブラウザにより異なります。Cookieに関する設定方法は、お使いのブラウザの「ヘルプ」メニューでご確認ください。 すべてのCookieを拒否する設定を選択されますと、認証が必要なサービスを受けられなくなる等、インターネット上の各種サービスの利用上、制約を受ける場合があります。 4.個人情報の管理 当サイトは、訪問者からご提供いただいた情報の管理について、以下を徹底します。 4-1. 情報の正確性の確保 訪問者からご提供いただいた情報については、常に正確かつ最新の情報となるよう努めます。 4-2. 安全管理措置 当サイトは、個人情報の漏えいや滅失又は棄損を防止するために、適切なセキリュティ対策を実施して個人情報を保護します。 4-3. 個人情報の廃棄 個人情報が不要となった場合には、すみやかに廃棄します。 4-4. 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止 訪問者ご本人からの個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。 上記を希望される場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。 julious_akisue318@hotmail.com 5.個人情報の第三者への提供について 当サイトは、訪問者からご提供いただいた個人情報を、訪問者本人の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。また、今後第三者提供を行うことになった場合には、提供する情報と提供目的などを提示し、訪問者から同意を得た場合のみ第三者提供を行います。 6.未成年の個人情報について 未成年者が当サイトにコメントをしたり、お問い合わせフォームから問い合わせをされたりする場合は必ず親権者の同意を得るものとし、コメントやお問い合わせをされた時点で、当プライバシーポリシーに対して親権者の同意があるものとみなします。 7.お問い合わせ先 当サイト、又は個人情報の取扱いに関しては、お問い合わせフォームよりご連絡ください。 当サイト運営者:Julious_Akisue あきすえ   連絡先:お問い合わせフォーム julious_akisue318@hotmail.com 8.アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはアクセス情報の収集のためにCookieを使用しています。このアクセス情報は匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 GoogleアナリティクスのCookieは、26ヶ月間保持されます。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 Googleアナリティクスの利用規約に関して確認したい場合は、ここをクリックしてください。また、「ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用」に関して確認したい場合は、ここをクリックしてください。 9.第三者配信の広告サービスについて 当サイトは、第三者配信の広告サービス「Google Adsense(グーグルアドセンス)」を利用しています。 Googleなどの第三者広告配信事業者は、訪問者の興味に応じた広告を表示するために、Cookie(当サイトの訪問者が当サイトや他のサイトにアクセスした際の情報など)を使用することがあります。 訪問者は、広告設定で訪問者に合わせた広告(以下、「パーソナライズド広告」とします。)を無効にすることが出来ます。その設定をする場合は、こちらをクリックしてください。また、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズド広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできます。 第三者配信による広告掲載を無効にしていない場合は、第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告がサイトに掲載されることがあります。 Googleによって広告の第三者配信が認められている広告配信事業者の詳細は、ここをクリックしてください。 10.Amazonの広告配信について Amazonのアソシエイトとして、julious_akisue あきすえ は適格販売により収入を得ています。 第三者(Amazonや他の広告掲載者)がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookieを設定したり、認識したりする場合があります。 11.プライバシーポリシーの変更について 当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本プライバシーポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。 令和4年6月24日 策定