Julious_Akisue ( あきすえ ) のブログ

気軽に楽しんで行って下さい♪

ヤマト建国は縄文への揺り戻し運動だった!? 弥生社会の九州勢力に勝てた理由

2021/10/07 

 昔テレビでも見たのですけど、そもそも温帯気候で、どんぐりなども豊富で、山の幸、海の幸も豊富だった縄文の人々が、稲作農業に魅力を感じたのか?という疑問があります。
 農業がもたらすのは、過剰な生産物です。
 どんぐりはあく抜きをすれば食べられます。
 普通に生活していた縄文の人々が、過剰な生産物を生む農業に魅力を感じたのか疑問です。



------------------------------------------------------------------


ヤマト建国は縄文への揺り戻し運動だった!? 弥生社会の九州勢力に勝てた理由
?

2021年10月07日 公開

関裕二(歴史作家)




1.ヤマト建国は縄文への揺り戻し運動だった!? 弥生社会の九州勢力に勝てた理由
?

2021年10月07日 公開

関裕二(歴史作家)



 ヤマト王権は西の勢力が打ち立てた――長い間、日本の史学界ではそう考えられてきた。

 しかし、纒向遺跡の発掘調査と研究によって、その常識は打ち破られつつある。

 ヤマト建国の背景には、東の文化(縄文)が色濃くあることがわかってきたのである。

 ※本稿は、関裕二著『「縄文」の新常識を知れば日本の謎が解ける』(PHP文庫)を一部抜粋・編集したものです。



 何もなかった場所に巨大人工都市が出現


 8世紀の正史『日本書紀』は、ヤマト建国を「天上界(高天原)の神々が葦原中国を征服し、のちに神の末裔の神日本磐余彦尊神武天皇)が九州から東に移って成し遂げられた」と説明している。

 しかも、文明は西から東に移ったと長い間信じられていたから、朝鮮半島から渡ってきた人びとが九州で地盤を固めて、のちにヤマトを征服したと考えられていたのだ。

 しかし、考古学が多くの遺跡を発掘していくと、このような単純な建国の物語は、描けないことがわかってきた。

 ヤマト建国は三輪山麓の扇状地纒向遺跡奈良県桜井市)で始まった。

 3世紀初頭、それまで何もなかった場所に巨大人工都市が出現したのだ。

 各地から土器が集まり、前方後円墳が誕生し、この独自の埋葬文化を各地の首長が受け入れ、造営した(造営の許可をヤマト政権が出したのだろう)。

 ここに、埋葬文化を共有するゆるやかな連合体(ネットワークというべきか)が生まれたのだ。

 纒向遺跡前方後円墳の出現が、ヤマト建国を象徴していたし、纒向が日本列島(すべてではない)の中心になったのだ。

 纒向遺跡の特徴はいくつもある。まず第一に農耕の痕跡がなく、政治と宗教に特化されていたこと、第二に倭国大乱のあと、戦争を収拾する時期に出現したのに、なぜか防御のための施設が見当たらない。



 ヤマト建国に九州は無関係


 纒向の特徴の第三は、各地から土器(外来系土器)が集まってきていたことだ。

 外来系の土器は全体の3割弱を占める。内訳は東海49%、山陰・北陸17%、河内10%、吉備7%、関東5五%、近江5%、西部瀬戸内3%、播磨3%、紀伊1%で、無視できないのはこの時代もっとも栄えていた北部九州の土器がほとんど出土していないことなのだ。

「北部九州の邪馬台国が東に移動してヤマトは建国された」という考えは、もはや通用しないのである。

 それどころか、ヤマト建国前後の人の流れは、かつての常識を嘲笑うかのように、東から西なのだ。

 ヤマトや近畿地方の人びとが、大挙して北部九州に押し寄せている。

 これは考古学が示す客観的な事実だ。ここに大きな謎が横たわる。


 弥生時代後期の北部九州は、鉄器の保有量で、他の地域を圧倒していた。

 この時代の鉄は朝鮮半島南部(のちの伽耶の地域)が主な産地だった。

 倭人だけでなく、周辺の人びとが鉄を求めて群れ集まっていたことは、中国の歴史書に記録されている。

 そして、ヤマトの発展を恐れた北部九州は、鉄を東に回さない策に出たようだ。

 出雲や吉備と手を組み、関門海峡明石海峡を封鎖した気配がある。

 そのため、近畿地方は鉄の過疎地帯となった。

 近畿地方は困窮したが救世主が現れる。日本海側の但馬や丹波(これをタニハと呼んでおく)が鉄を含めた先進の文物を、独自のルートを使い、近畿地方、近江、東海に流し始めたのだ。

 一帯は次第に富を蓄え、その後ヤマトに集結した。

 これが、纒向遺跡誕生の筋書きであり、あわてた吉備と出雲は北部九州との盟約を反故にして、あわてて纒向にやってきたのだ。

 北部九州の土器がヤマトにやってこなかったのは、むしろ当然のことだった。

 そしてヤマト連合は、大挙して北部九州に押しかけたわけである。




2.縄文への「揺り戻し運動」

 史学者の多くは、邪馬台国論争にばかり気をとられているから、近江と東海の動きを見誤っていたのだ。

 ヤマト建国のヒントは、目の前にぶら下がっていたのに、「邪馬台国の敵・狗奴国は近江や東海」という、誤った見識が邪魔をしていたのだ。

 そして、ここがもっとも大切なところなのだが、ヤマトの纒向に集まってきた地域が、「ほぼ銅鐸文化圏」だったのである。彼らは、銅鐸の中に、縄文的な意匠を描いていた。

 ここを無視することはできなくなってくる。

 銅鐸文化圏で、銅鐸はどんどん大きくなり、鳴らす道具から、観る道具(第二の道具)に化けている。

 その理由は、祭器を強い権力者に独占させないためだという指摘がある。

 北部九州の富を蓄えた強い王(首長)たちは、青銅器で作った武器を私有し、墓に埋納した。

 威信財を権力者が誇示し、身分の違いを見せつけていたのだ。

 これに対し畿内から東側の地域では、集落のみなで祭器を用い、比較的平等な社会を構築しようとしていたのだ。

 それは、彼らが縄文的な発想を継承していたからだろう。

 ヤマトの王が実権を伴わない祭司王となったのも、銅鐸文化圏の人びとが中心となってヤマトを建国したからと考えると合点がゆく。

 強い権力者を彼らは求めていなかったのである。

 だからこそ北部九州の富を蓄えた強い王たちに逆らったのだろう。

 ヤマト建国とは「縄文的な社会への揺り戻し運動」だったのではないかと思えてくる。

 主導したのは、もちろん、銅鐸文化圏の人びとである。

 「ありえない」と、反発を受けそうだが、考古学者はすでにそう考えているのではないかと思える節がある。

 縄文時代を通じて、西日本は東日本に比べて人口が少なかったが、寒冷化した縄文後期は、西日本の人口が増えている。

 一部は、東日本から人の流入があったようだ。人口密集地帯だった関東から、北陸・東海、関西、中国、四国、九州へと人の流れがあったことはすでに触れている。

 やがて弥生時代になると、西側から水田稲作の文化が流れ込み、弥生化が始まる。

 また、弥生前期を代表する遠賀川式土器が盛行していったのだ。

 ところが、紀元前4~3世紀からあとの瀬戸内や近畿では、文様を排した遠賀川系の土器に代わって、土器に櫛などの道具を用いて文様を刻む風習が戻ってきたのだ。

 これが、弥生時代中期後半の紀元前1世紀ごろまで続く。

 縄文中期の全盛期の土器に似ているのだ。

 弥生前期の終わりごろから、分銅形土製品(フィギュア)が瀬戸内海を中心に登場する。

 これは、縄文時代晩期末に西日本で作られた土偶が起源だ。やはりこれも、縄文回帰現象といえる。

 しかも、瀬戸内や近畿では、武器に打製石器が流行している。

 銅鐸も作られるようになるが、九州の銅剣や銅矛のように、富を蓄えた者のための武器を用意することはなく、青銅器が個人格差や地域間の序列を表すことはなかった。

 これを松木武彦は「社会の構造や本質における縄文との共通性に根ざしたもの」と考える(『日本の歴史一旧石器・縄文・弥生・古墳時代列島創世記』小学館)。

 これまでは、縄文時代から弥生時代へと、直線的に時代は移り変わっていったと信じられてきたが、瀬戸内や近畿、東海の社会では、タテ・ヨコ方向の序列が人工物に表現されず、土器の飾りやフィギュアが重視されていたといい、さらに次のように述べる。

 同じ弥生時代の北部九州社会よりも、縄文時代中期の東日本の社会に構造がはるかによく似ていると分析することができる。

 (中略)はるか中国に発した「文明」の遺伝子は、北部九州を経てこれらの地域にも浸透してはきたが、基本的な文化の形質そのものを変えてしまうには至らなかったということである(前掲書)

 まさにその通りで、これまでの歴史観はここに大きく崩れていくのである。



 ヤマト建国のカラク


 ヤマト建国の直前、タニハ(但馬や丹波)が、西側(具体的には北部九州と出雲)からの圧力をはね返し、さらに地の利を活かし、朝鮮半島と直接交渉を持ち、文物を近畿や近江、東海に流していた事実も無視できない。

 縄文的な発想を抱きつつ、西の「鉄を独占して東に圧力をかける悪いヤツら(いいすぎか?)」に対抗するために、タニハは銅鐸文化圏の人びとに働きかけ、ヤマトに拠点を造るようけしかけ、一方で播磨に侵攻し、明石海峡制海権を奪いにいったのではなかったか。

 鉄を持たない東が勝つには「団結すること」「ヤマトに集まること」「明石海峡を奪うこと」の三つの条件が必要だったし、これをやれば、出雲と吉備は寝返ってくるという読みがあったのだろう。

 そして、連合体の中心となる纒向が奈良盆地の東南の隅に置かれたところに、大きな意味が隠されていると思う。

 すでに縄文時代に「東」と奈良盆地は交流があって、その陸路の出入り口が纒向遺跡の南側だった。

 最古の市場・海柘榴市が造られたのは、まさに東西交流の場でもあったからだ。

 纒向は「東側から来た人間がヤマトを支配するにはもっとも都合のよい場所」であり、いまだはっきりと固まっていない新政権のもとで、いざというときは東側の山や高台に陣を構えることも可能だったし、東に逃れ、あるいは東からの援軍を呼び込める場所だったのである。




 https://shuchi.php.co.jp/voice/detail/8854

プライバシーポリシー 2022.06.24 本プライバシーポリシーは、https://akisue-jp.hatenablog.com/(以下、「当サイト」とします。)の各種サービス(当サイトによる情報提供、各種お問合せの受付等)において、当サイトの訪問者(以下、「訪問者」とします。)の個人情報もしくはそれに準ずる情報を取り扱う際に、当サイトが遵守する方針を示したものです。 目次をチェック 1.基本方針 当サイトは、個人情報の重要性を認識し、個人情報を保護することが社会的責務であると考え、個人情報に関する法令を遵守し、当サイトで取扱う個人情報の取得、利用、管理を適正に行います。当サイトで収集した情報は、利用目的の範囲内で適切に取り扱います。 2.適用範囲 本プライバシーポリシーは、当サイトにおいてのみ適用されます。 3.個人情報の取得と利用目的 当サイトで取得する訪問者の個人情報と利用目的、保存期間等は下記の通りです。 3-1.コメントを残した際に個人情報を取得します 当サイトでは、訪問者が当サイトにコメントを残した際に、以下の個人情報を取得します。 コメントフォームに表示されている名前(HN) コメントフォームに表示されているメールアドレス コメントフォームに表示されているコメント内容 IPアドレス ブラウザユーザーエージェント文字列 ブラウザユーザーエージェント文字列とは、「どのブラウザからこのサイトにたどり着いたか」を表すものです。「Firefoxからたどり着いたのか」「Google Chromeからたどり着いたのか」を識別することが出来ます。 これにより次回コメントを残す際に、「名前」や「メールアドレス」が自動的に表示されるため、それらを再入力する手間を省くことができます。 メールアドレスから作成される匿名化された (「ハッシュ」とも呼ばれる) 文字列は、訪問者が Gravatar サービスを使用中かどうか確認するため同サービスに提供されることがあります。同サービスのプライバシーポリシーを確認する場合は、こちらをクリックしてください。 ✔3-1-1.利用目的について 荒し対策やスパム検出に役立てるためと、訪問者の利便性のためです。また、当サイト内で「訪問者からこのようなコメントがありました」と紹介させていただく場合もあります。 コメントが当サイトの管理人に承認されると、プロフィール画像がコメントとともに一般公開されます。 ✔3-1-2.保存期間について 当サイトに残されたコメントは、コメントとそのメタデータを3年間保存します。 訪問者は個人情報をブラウザに保存するか選択することが出来ます。 訪問者は当サイトにコメントを残す際に、お名前、メールアドレス、お持ちのサイト情報(任意)を ブラウザに保存するかどうかを選択できます。 ✔3-1-3.当サイトがコメントに対してできることについて 訪問者が当サイトにコメントを残したことがある場合は、当サイトの管理人は、当サイトが保存する訪問者についての個人情報(提供したすべての情報を含む)をエクスポートファイルとして訪問者が「受け取りたい」というリクエストに応えることが出来ます。その際、訪問者のメールアドレスに確認のメールが送られます。 また、訪問者から訪問者本人の個人情報を「消去してほしい」というリクエストにも応えることが出来ます。これには、管理や法律、セキュリティ目的のために保持する義務がある情報は含まれません。また消去する際も、訪問者のメールアドレスに確認のメールが送られます。 3-2.お問い合せされた個人情報を取得します 当サイトではお問い合わせフォームを設けています。 julious_akisue318@hotmail.com 訪問者がそのお問い合わせフォームから問い合わせをされた際に入力された、以下の個人情報を取得します。 お問い合わせフォームに入力された名前(HN) お問い合わせフォームに入力されたメールアドレス お問い合わせフォームに入力されたお問合せ内容 ✔3-2-1.利用目的について お問い合わせ対応をするためと、訪問者の管理のためです。訪問者からのお問い合わせ情報を保存しておくことによって、同じ訪問者が別のお問い合わせをした際に、過去の問い合わせ内容を踏まえた対応をすることが出来、より的確な対応をすることが出来ます。 また、当サイト内で「このようなお問合せがありました」と紹介させていただく場合もあります。 ✔3-2-2.保存期間について お問い合わせフォームに入力された個人情報は、3年間保存します。 ✔3-2-3.個人情報取得の同意について 当サイトでは、お問い合わせフォームからお問い合わせをする前に、当プライバシーポリシーをご一読いただくよう案内しています。 お問い合わせをされた時点で、その訪問者は当プライバシーポリシーに同意されたとみなします。 3-3.Cookieによる個人情報の取得 当サイトは、訪問者のコンピュータにCookieを送信することがあります。 Cookie(クッキー)とは、ウェブサイトを利用したときに、ブラウザとサーバーとの間で送受信した利用履歴や入力内容などを、訪問者のコンピュータにファイルとして保存しておく仕組みです。 ✔3-3-1.利用目的について 訪問者の当サイト閲覧時の利便性を高めるためです。 たとえば、次回同じページにアクセスするとCookieの情報を使って、ページの運営者は訪問者ごとに表示を変えることができます。 訪問者がブラウザの設定でCookieの送受信を許可している場合、ウェブサイトは、訪問者のブラウザからCookieキーを取得できます。 なお、訪問者のブラウザはプライバシー保護のため、そのウェブサイトのサーバーが送受信したCookieのみを送信します。 ✔3-3-2.保存期間について 当サイトに残されたコメントの Cookie は、1年間保存されます。 ✔3-3-3.第三者によるCookie情報の取得について 当サイトでは、グーグルやヤフーなどをはじめとする第三者から配信される広告が掲載される場合があります。 当該第三者は訪問者のCookie情報等を使用して、訪問者がそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて、訪問者に適切な広告を配信できます。 当該第三者によって取得されたCookie情報等は、当該第三者のプライバシーポリシーに従って取り扱われます。 ✔3-3-4.第三者へのCooke情報等の広告配信の利用停止について 訪問者は、当該第三者のウェブサイト内に設けられたオプトアウト(個人情報を第三者に提供することを停止する)ページにアクセスして、当該第三者によるCookie情報等の広告配信への利用を停止することができます。 ✔3-3-5.Cookie情報の送受信の許可・拒否について 訪問者は、Cookieの送受信に関する設定を「すべてのCookieを許可する」、「すべてのCookieを拒否する」、「Cookieを受信したらユーザーに通知する」などから選択できます。設定方法は、ブラウザにより異なります。Cookieに関する設定方法は、お使いのブラウザの「ヘルプ」メニューでご確認ください。 すべてのCookieを拒否する設定を選択されますと、認証が必要なサービスを受けられなくなる等、インターネット上の各種サービスの利用上、制約を受ける場合があります。 4.個人情報の管理 当サイトは、訪問者からご提供いただいた情報の管理について、以下を徹底します。 4-1. 情報の正確性の確保 訪問者からご提供いただいた情報については、常に正確かつ最新の情報となるよう努めます。 4-2. 安全管理措置 当サイトは、個人情報の漏えいや滅失又は棄損を防止するために、適切なセキリュティ対策を実施して個人情報を保護します。 4-3. 個人情報の廃棄 個人情報が不要となった場合には、すみやかに廃棄します。 4-4. 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止 訪問者ご本人からの個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。 上記を希望される場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。 julious_akisue318@hotmail.com 5.個人情報の第三者への提供について 当サイトは、訪問者からご提供いただいた個人情報を、訪問者本人の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。また、今後第三者提供を行うことになった場合には、提供する情報と提供目的などを提示し、訪問者から同意を得た場合のみ第三者提供を行います。 6.未成年の個人情報について 未成年者が当サイトにコメントをしたり、お問い合わせフォームから問い合わせをされたりする場合は必ず親権者の同意を得るものとし、コメントやお問い合わせをされた時点で、当プライバシーポリシーに対して親権者の同意があるものとみなします。 7.お問い合わせ先 当サイト、又は個人情報の取扱いに関しては、お問い合わせフォームよりご連絡ください。 当サイト運営者:Julious_Akisue あきすえ   連絡先:お問い合わせフォーム julious_akisue318@hotmail.com 8.アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはアクセス情報の収集のためにCookieを使用しています。このアクセス情報は匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 GoogleアナリティクスのCookieは、26ヶ月間保持されます。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 Googleアナリティクスの利用規約に関して確認したい場合は、ここをクリックしてください。また、「ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用」に関して確認したい場合は、ここをクリックしてください。 9.第三者配信の広告サービスについて 当サイトは、第三者配信の広告サービス「Google Adsense(グーグルアドセンス)」を利用しています。 Googleなどの第三者広告配信事業者は、訪問者の興味に応じた広告を表示するために、Cookie(当サイトの訪問者が当サイトや他のサイトにアクセスした際の情報など)を使用することがあります。 訪問者は、広告設定で訪問者に合わせた広告(以下、「パーソナライズド広告」とします。)を無効にすることが出来ます。その設定をする場合は、こちらをクリックしてください。また、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズド広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできます。 第三者配信による広告掲載を無効にしていない場合は、第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告がサイトに掲載されることがあります。 Googleによって広告の第三者配信が認められている広告配信事業者の詳細は、ここをクリックしてください。 10.Amazonの広告配信について Amazonのアソシエイトとして、julious_akisue あきすえ は適格販売により収入を得ています。 第三者(Amazonや他の広告掲載者)がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookieを設定したり、認識したりする場合があります。 11.プライバシーポリシーの変更について 当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本プライバシーポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。 令和4年6月24日 策定