Julious_Akisue ( あきすえ ) のブログ

気軽に楽しんで行って下さい♪

高崎市役所が生活保護いじめと不法要求を認めた

  2021/11/16

不当裁定に鉄鎚下る!

 「私がアルバイトして働いた収入約3.000円を、市役所社会福祉課に納入せよ!」という不当ないいがかりに鉄鎚が下った。
 自分で働いて得た少額のお金を自分で食費にあてる。これは当然の権利だ。
 私が働いて得た3.000円を、市役所社会福祉課に寄こせという、全くの言い掛かりに正当な判断が下った。

 ここで改め、高崎市福祉事務所 田村洋子 と、ケースワーカの 担当 小野、係長 神宮、係長 藤本、課長 淡島、らに対して激しいいきどおりを表明すると同時に、痛切に猛省を促す。
尚且つ、今後、生活保護受給者へのいじめ、及び 生活保護法の私的運用、及び誤用のないよう、強く要求する。



----------------------------------------



2020年 1月27日

 私は障害年金を受給しておりますが、それだけでは生活が成り立たないので、足りない部分を生活保護を受けて補っています。
 ここ3年間で、保護費が約10.000円減額され、生活が非常に厳しくなったこと、また精神疾患その他体調を勘案して、ある程度の就労が可能かと思い、就労の活動をしてまいりました。
 長い就職活動の成果として2019年6月27日頃、ファミリーレストランでの雇用が確定し、ただちに高崎市役所社会福祉課 ケースワーカー(CW)小野氏に、市役所での面接の上、就労することを口頭で伝えると同時に、小野氏から何処で何を働くか、書類を書くように指示されたので、文書に記入しその場で就労の届け出を書面でも提出した。
 その際、小野氏から、「今後も書いてもらうものもあるかも知れない」と言われた。
 私は数年前にも、収入申告はしており、その時と同じにすればいいのだな、と思った。とにかくCWの言う通りにしていれば間違いない、と思った。
 ( 2014年の6月頃、福祉施設 アロマ へ数か月通所したとき、1.000円~3.000円程度の謝礼を毎月もらった。その際は担当CW平石氏の指示通り、平石氏が送って来た申告用紙に記入して提出して何の問題も発生しなかた。)

 その後、6月27日、7月2日、7月3日に就労したが、仕事内容が合わず、7月3日にバイトをやめる旨、会社に申し出た。7月4日に高崎市役所に行って、小野氏は不在だったが、社会福祉課の女性職員に退職した旨を伝えた。その際、その女性の指示で退職理由等を書類に記入するよう指示され、記入して提出した。
 その後、小野氏や社会福祉課からは何も連絡はなかった。

 バイト給与は、締め日の関係で、2回に分けて入金された。7月12日に 3.371円が給与として入金され、8月15日に、3.185円が給与として入金された。
 その後、小野氏や社会福祉課からは何も連絡はなかった。

 最後に市役所に行って報告した7月4日から数えて約3か月後の、9月末になってようやく市役所小野氏から、収入申告専用の書類が自宅に郵送で送られてきた。
 私はいつものように、遅滞なく7月の収入と8月の収入を記載し、郵送で市役所小野氏に送付した。これで事務処理は終わったと思った。
 この後、約2カ月間、何の連絡もなかった。

 しばらくして、2019年11月27日午後3時頃、CW小野氏から電話があった。
 生活保護法78条に違反し、7月12日の給与収入が3カ月以内に報告がなかったので、不法な収入になる、と言われた。
 その際、私は「直ぐに記入して返送しました。」と抗議したが、小野氏からは「9月中に届かなかったという厳然たる事実があるので、どうしても不法行為になる。」と言われた。

 この様な事情を振り返ってみると、私に落ち度はなく、落ち度があったのは小野氏と福祉事務所であるという思いがますます深まる。いきどおりを禁じ得ない。


 尚、高崎福祉事務所長は 田村洋子氏 である可能性がある。市長は 富岡賢治氏 である。



-------------------------------------------

生活保護法第78条

 第七十八条 不実の申請その他不正な手段により保護を受け、又は他人をして受けさせた者があるときは、保護費を支弁した都道府県又は市町村の長は、その費用の額の全部又は一部を、その者から徴収するほか、その徴収する額に百分の四十を乗じて得た額以下の金額を徴収することができる。



〇信義誠実の原則

 信義誠実の原則 とは、当該具体的事情のもとで、相互に相手方の信頼を裏切らないよう行動すべきであるという法原則をいう。

 信義誠実の原則は、私法の領域、特に契約法の契約当事者間について発達した法原則であるが、社会的接触のある者の間の私法関係に、さらには、公法の分野においても、その適用は認められている。

 (基本原則)
 民法 第1条

 1.項私権は、公共の福祉に適合しなければならない。
 2.項権利の行使及び義務の履行は、信義に従い誠実に行わなければならない。
 3.項権利の濫用は、これを許さない。



〇 生活保護法による就労により得た収入は15.000円までは自分の収入として自由に使っていいという条項

  給与収入があれば誰でも受けることができます。
  平成26年4月現在の最低基礎控除額は15,000円です。

  そのため、給与収入が15,000円以下であれば全額控除されます。
  また収入額増加に伴い最低基礎控除額も増加します。

  給与収入だけ控除が認められる理由は、
  1.勤労に伴う必要経費の補填と2.勤労意欲の増進・自立助長のためです。



-----------------------------------------



2020.09.02


 市役所福祉事務所から、理不尽な言い掛かりを付けられている。
 アルバイトをして、働いて得た収入、¥3.371-を市役所に渡しなさい!と言われている。
 それは、私が普通の過失でなく、悪質な過失を行ったからだ、と市役所から言われている。
 私は令和元年の9月にケースワーカーの訪問を受けたが、収入のことは何も言われなかったし、また収入申告書も渡されていなかった。
 その後、9月30日頃、担当者から電話があって、申告書を送るから記入して返送して下さい、と言われた。
 その通り、収入申告書が届いたら、その日の内に記入して、郵便局のポストに投函した。

 それが届いたのが、10月1日以降であったらしい。
 ひとつの可能性としては、到着した書類に気づかず、しばらく市役所に埋もれていてから、後に担当者が気が付いて事務処理した可能性もある。

 とにかく、7月に会社からもらった給料、3.371円の収入申告書が届いたのが10月になってしまって、3カ月以内に届かなかったから、悪質で違法だ。ということらしい。
 それまで何にも言わずに、9月30日頃初めて電話して来て、これから書類を送るから、書いて返送して、と言われ、直ぐに書いて返送した。
 その書類が10月1日を過ぎていたから、悪質であり、給料を市役所によこせ、と言われている。

  市役所が寄こした書類に、9月下旬に電話した、って書いてあるけど、それは9月30日だった、ってことも有り得るってことですよね。
 9月30日に送りますよって電話して、9月中に届かなかったから悪質な違法、だって!?

------------------

 また、次の段では、収入申告に対して「消極的だった」してこれが違法だと市側は言っている。本心を話せば、私としては収入申告して下さい、と言われれば、直ぐに収入申告するつもりだった。実際、9月30日頃電話が掛かって来て、申告用紙が来たので、その日の内に記入して、郵便局に投函している。
 市としては、もっと早く自分から、「わたし何かやることありますかねぇ?」とか問い合わせをしなかったので、それを消極的を言っているのだろう。
 そこまで求めるか?こちらは素人だぞ。基本、ケースワーカーの言われたことをする。それ以上は出来ない。そんなこちらは官僚ではない。基本、ケースワーカーに言われたことをするだけ。言われてないことはしない。
 今までもずっと、言われたこと、求められたことは直ちにして来た。言われてないことはしない。

 また、「故意に隠蔽しようとした」と書いてあるが、どうやって故意か、故意でないか知り得たのか?内面をどうやって知り得たのか?
 故意にやったというなら、立証する十分な証拠を出さなければならない。
 市の言っていることは、悪意に満ちた憶測と推量だけだ。

 逆に市が、故意に市民をおとしめようとしているとも考えられる。
 それは他県、他市に置いて、福祉関連で市民をおとしめようとして新聞に載った案件が多数あるので、十分考えられる。故意に無辜の市民をおとしめようとした。

----------------------

 こんなこと言われるなら、わざわざ就職活動して働かなかった方が良かった。
 こんなことになるなら、働かない方いい。


 p.s. 世の中から、学校から、会社から、なぜイジメが無くならないか?
   それはいじめが楽しいから無くならないのだと思います。
   役所と個人なら、力の差は歴然。
   その力を背景にして、個人をいじめるのは赤子の手をひねるより簡単。
   いじめが楽しいから、福祉案件で役所によるいじめがなくならない。
   10年位前に、小倉で「ああ、おにぎりが1個食べたい」
   と言って死んで行った人がいました。今も同じですよね。

プライバシーポリシー 2022.06.24 本プライバシーポリシーは、https://akisue-jp.hatenablog.com/(以下、「当サイト」とします。)の各種サービス(当サイトによる情報提供、各種お問合せの受付等)において、当サイトの訪問者(以下、「訪問者」とします。)の個人情報もしくはそれに準ずる情報を取り扱う際に、当サイトが遵守する方針を示したものです。 目次をチェック 1.基本方針 当サイトは、個人情報の重要性を認識し、個人情報を保護することが社会的責務であると考え、個人情報に関する法令を遵守し、当サイトで取扱う個人情報の取得、利用、管理を適正に行います。当サイトで収集した情報は、利用目的の範囲内で適切に取り扱います。 2.適用範囲 本プライバシーポリシーは、当サイトにおいてのみ適用されます。 3.個人情報の取得と利用目的 当サイトで取得する訪問者の個人情報と利用目的、保存期間等は下記の通りです。 3-1.コメントを残した際に個人情報を取得します 当サイトでは、訪問者が当サイトにコメントを残した際に、以下の個人情報を取得します。 コメントフォームに表示されている名前(HN) コメントフォームに表示されているメールアドレス コメントフォームに表示されているコメント内容 IPアドレス ブラウザユーザーエージェント文字列 ブラウザユーザーエージェント文字列とは、「どのブラウザからこのサイトにたどり着いたか」を表すものです。「Firefoxからたどり着いたのか」「Google Chromeからたどり着いたのか」を識別することが出来ます。 これにより次回コメントを残す際に、「名前」や「メールアドレス」が自動的に表示されるため、それらを再入力する手間を省くことができます。 メールアドレスから作成される匿名化された (「ハッシュ」とも呼ばれる) 文字列は、訪問者が Gravatar サービスを使用中かどうか確認するため同サービスに提供されることがあります。同サービスのプライバシーポリシーを確認する場合は、こちらをクリックしてください。 ✔3-1-1.利用目的について 荒し対策やスパム検出に役立てるためと、訪問者の利便性のためです。また、当サイト内で「訪問者からこのようなコメントがありました」と紹介させていただく場合もあります。 コメントが当サイトの管理人に承認されると、プロフィール画像がコメントとともに一般公開されます。 ✔3-1-2.保存期間について 当サイトに残されたコメントは、コメントとそのメタデータを3年間保存します。 訪問者は個人情報をブラウザに保存するか選択することが出来ます。 訪問者は当サイトにコメントを残す際に、お名前、メールアドレス、お持ちのサイト情報(任意)を ブラウザに保存するかどうかを選択できます。 ✔3-1-3.当サイトがコメントに対してできることについて 訪問者が当サイトにコメントを残したことがある場合は、当サイトの管理人は、当サイトが保存する訪問者についての個人情報(提供したすべての情報を含む)をエクスポートファイルとして訪問者が「受け取りたい」というリクエストに応えることが出来ます。その際、訪問者のメールアドレスに確認のメールが送られます。 また、訪問者から訪問者本人の個人情報を「消去してほしい」というリクエストにも応えることが出来ます。これには、管理や法律、セキュリティ目的のために保持する義務がある情報は含まれません。また消去する際も、訪問者のメールアドレスに確認のメールが送られます。 3-2.お問い合せされた個人情報を取得します 当サイトではお問い合わせフォームを設けています。 julious_akisue318@hotmail.com 訪問者がそのお問い合わせフォームから問い合わせをされた際に入力された、以下の個人情報を取得します。 お問い合わせフォームに入力された名前(HN) お問い合わせフォームに入力されたメールアドレス お問い合わせフォームに入力されたお問合せ内容 ✔3-2-1.利用目的について お問い合わせ対応をするためと、訪問者の管理のためです。訪問者からのお問い合わせ情報を保存しておくことによって、同じ訪問者が別のお問い合わせをした際に、過去の問い合わせ内容を踏まえた対応をすることが出来、より的確な対応をすることが出来ます。 また、当サイト内で「このようなお問合せがありました」と紹介させていただく場合もあります。 ✔3-2-2.保存期間について お問い合わせフォームに入力された個人情報は、3年間保存します。 ✔3-2-3.個人情報取得の同意について 当サイトでは、お問い合わせフォームからお問い合わせをする前に、当プライバシーポリシーをご一読いただくよう案内しています。 お問い合わせをされた時点で、その訪問者は当プライバシーポリシーに同意されたとみなします。 3-3.Cookieによる個人情報の取得 当サイトは、訪問者のコンピュータにCookieを送信することがあります。 Cookie(クッキー)とは、ウェブサイトを利用したときに、ブラウザとサーバーとの間で送受信した利用履歴や入力内容などを、訪問者のコンピュータにファイルとして保存しておく仕組みです。 ✔3-3-1.利用目的について 訪問者の当サイト閲覧時の利便性を高めるためです。 たとえば、次回同じページにアクセスするとCookieの情報を使って、ページの運営者は訪問者ごとに表示を変えることができます。 訪問者がブラウザの設定でCookieの送受信を許可している場合、ウェブサイトは、訪問者のブラウザからCookieキーを取得できます。 なお、訪問者のブラウザはプライバシー保護のため、そのウェブサイトのサーバーが送受信したCookieのみを送信します。 ✔3-3-2.保存期間について 当サイトに残されたコメントの Cookie は、1年間保存されます。 ✔3-3-3.第三者によるCookie情報の取得について 当サイトでは、グーグルやヤフーなどをはじめとする第三者から配信される広告が掲載される場合があります。 当該第三者は訪問者のCookie情報等を使用して、訪問者がそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて、訪問者に適切な広告を配信できます。 当該第三者によって取得されたCookie情報等は、当該第三者のプライバシーポリシーに従って取り扱われます。 ✔3-3-4.第三者へのCooke情報等の広告配信の利用停止について 訪問者は、当該第三者のウェブサイト内に設けられたオプトアウト(個人情報を第三者に提供することを停止する)ページにアクセスして、当該第三者によるCookie情報等の広告配信への利用を停止することができます。 ✔3-3-5.Cookie情報の送受信の許可・拒否について 訪問者は、Cookieの送受信に関する設定を「すべてのCookieを許可する」、「すべてのCookieを拒否する」、「Cookieを受信したらユーザーに通知する」などから選択できます。設定方法は、ブラウザにより異なります。Cookieに関する設定方法は、お使いのブラウザの「ヘルプ」メニューでご確認ください。 すべてのCookieを拒否する設定を選択されますと、認証が必要なサービスを受けられなくなる等、インターネット上の各種サービスの利用上、制約を受ける場合があります。 4.個人情報の管理 当サイトは、訪問者からご提供いただいた情報の管理について、以下を徹底します。 4-1. 情報の正確性の確保 訪問者からご提供いただいた情報については、常に正確かつ最新の情報となるよう努めます。 4-2. 安全管理措置 当サイトは、個人情報の漏えいや滅失又は棄損を防止するために、適切なセキリュティ対策を実施して個人情報を保護します。 4-3. 個人情報の廃棄 個人情報が不要となった場合には、すみやかに廃棄します。 4-4. 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止 訪問者ご本人からの個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。 上記を希望される場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。 julious_akisue318@hotmail.com 5.個人情報の第三者への提供について 当サイトは、訪問者からご提供いただいた個人情報を、訪問者本人の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。また、今後第三者提供を行うことになった場合には、提供する情報と提供目的などを提示し、訪問者から同意を得た場合のみ第三者提供を行います。 6.未成年の個人情報について 未成年者が当サイトにコメントをしたり、お問い合わせフォームから問い合わせをされたりする場合は必ず親権者の同意を得るものとし、コメントやお問い合わせをされた時点で、当プライバシーポリシーに対して親権者の同意があるものとみなします。 7.お問い合わせ先 当サイト、又は個人情報の取扱いに関しては、お問い合わせフォームよりご連絡ください。 当サイト運営者:Julious_Akisue あきすえ   連絡先:お問い合わせフォーム julious_akisue318@hotmail.com 8.アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはアクセス情報の収集のためにCookieを使用しています。このアクセス情報は匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 GoogleアナリティクスのCookieは、26ヶ月間保持されます。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 Googleアナリティクスの利用規約に関して確認したい場合は、ここをクリックしてください。また、「ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用」に関して確認したい場合は、ここをクリックしてください。 9.第三者配信の広告サービスについて 当サイトは、第三者配信の広告サービス「Google Adsense(グーグルアドセンス)」を利用しています。 Googleなどの第三者広告配信事業者は、訪問者の興味に応じた広告を表示するために、Cookie(当サイトの訪問者が当サイトや他のサイトにアクセスした際の情報など)を使用することがあります。 訪問者は、広告設定で訪問者に合わせた広告(以下、「パーソナライズド広告」とします。)を無効にすることが出来ます。その設定をする場合は、こちらをクリックしてください。また、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズド広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできます。 第三者配信による広告掲載を無効にしていない場合は、第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告がサイトに掲載されることがあります。 Googleによって広告の第三者配信が認められている広告配信事業者の詳細は、ここをクリックしてください。 10.Amazonの広告配信について Amazonのアソシエイトとして、julious_akisue あきすえ は適格販売により収入を得ています。 第三者(Amazonや他の広告掲載者)がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookieを設定したり、認識したりする場合があります。 11.プライバシーポリシーの変更について 当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本プライバシーポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。 令和4年6月24日 策定