Julious_Akisue ( あきすえ ) のブログ

気軽に楽しんで行って下さい♪

パンデミックが生み出した、超富裕層の新たなステータス・シンボルとは

2020/05/31

 超富裕層は新しいステータス・シンボルで、コロナウイルスの時代に彼らの富を誇示している。
彼らは、コンシェルジュ・ドクターを雇い、検査設備を持つ豪華なコンドミニアムに住んでいる。
身の回りの世話をするスタッフがいる別荘でパンデミックを乗り切ることなどを見れば、彼らがとてもぜいたくな自己検疫の手段を持っているのがわかる。
コロナウイルスの大流行は、ステータス・シンボルに新時代をもたらした。

超富裕層は、ゴヤールのハンドバッグを持っていく場所がなくなり、月々の会費が900ドル(約9万7000円)のジムが閉鎖されたときでさえ、自分たちの富を誇示する方法を見つけ出すのだ。パンデミックが彼らの優越感を打ち砕いたとき、彼らはそれまでのステータスシンボルをしまい込み、より豊かなパンデミック体験のための新たなぜいたく品を作り出すことによって再び支配権を握った。

世界の他の国々と同様に、彼らの安心感は低下している。しかし、コンシェルジュ・ドクターを雇ったり、アメニティとして検査を提供する豪華なコンドミニアムに住んだりすることは、彼らが健康面で優位に立っていることを示している。また、別荘や牧場、外国などでパンデミックを乗り切るということは、彼らの検疫体験が非常にぜいたくなものであることを意味している。

コロナウイルスの大流行の中で生まれた、6つの新しいステータス・シンボルは、アメリカに存在する非常に大きな貧富の差を浮かび上がらせている。




コロナウイルスの大流行が始まった当初、アメリカでは診断検査が不足していたので、一部の超富裕層は、コロナウイルス検査のためにコンシェルジュ・ドクターを雇い始めた。これにより、CDCの厳格な検査基準を回避し、長い待ち時間を回避することができた。

ロサンゼルスを拠点とするあるコンシェルジュ・ドクターは、Business Insiderのテイラー・ニコル・ロジャース(Taylor Nicole Rogers)記者に、自宅訪問の費用1500ドル(約16万円)の中にこの検査が含まれていると語ったが、これは緊急治療室で検査を受けた場合の料金よりも少ない。

また、専任の医師を雇うことは、救急医療を受けるのに比べて、患者の時間と費用を節約できることが多いとも述べている。この料金で得られる最大の特典は、個人に合わせた医療サービスだ。




高級なコンドミニアムは、アメニティーを充実させている。屋外のヨガデッキや静かな庭園などの健康関連の施設は、パンデミック前からすでに増加していた。今では無料のCOVID-19抗体検査もついてくる。

マイアミのサウスビーチにある522室の高級コンドミニアム、The Continuumは最近、USA Sports Medicineおよびマウント・サイナイ病院と提携し、3日間のCOVID-19抗体検査会を実施した。

「我々は資金を住民にとってより重要なものに振り向けている。それは健康と安全だ」 とThe Continuumのマネージングディレクターであるリシ・イドナニ(Rishi Idnani)氏は、Forbesに語っている。

高級マンションもまた、アメニティとして検疫アクティビティを提供している。ForbesとBrick Undergroundはそれぞれ、ニューヨーク市の高級住宅がロックダウン中に料理教室や絵画教室、ブロードウェイの歌手によるパフォーマンスなどをバーチャルで提供していると報じている。




使用人を持つことは、昔から金持ちのステータスシンボルだったが、ロックダウン中もそれを維持していることは、そのステータスをさらに高めている。中には、家事スタッフに無期限で隔離生活をともにするように頼んでいる者もいる。

マーラー・プライベート・スタッフィングの社長、ピーター・マーラー(Peter Mahler)は、彼のクライアントの約40%がスタッフと一緒に隔離生活を送っているとウォール・ストリート・ジャーナルに語った。失業率が記録的な高さに達している中、スタッフは隔離のための魅力的なオファーに直面している。それは30%の昇給と同じくらいだ、マーラーは言った。しかし、一部のスタッフは自主的に同じ給料で雇用主と生活をともにしている。

マーサ・スチュワート(Martha Stewart)によると、彼女の運転手、家政婦、庭師は、パンデミックの間、敷地内の別の住居に滞在しているという。

パンデミックではないときにも、フルタイムのスタッフを雇うには1人あたり年間103万ドル(約1億1000万円)から240万ドル(約2億5800万円)の費用がかかる。これは手当やボーナスは含んでいない。




超富裕層は、別荘でスタッフと一緒に隔離生活を送っていることが多い。ハンプトンズやジャクソンホールのような豪華な別荘地は、昔からステータスの象徴だったが、富裕層がコロナウイルスからの避難場所を求めているため、その価値はますます高まっている。

このような別荘は、都市部の住居を離れてパンデミックを乗り切るために、今は主な住居となっている。彼らは、より広々とした空間と自然へのアクセスが容易な小規模コミュニティに逃れてきたのだ。

ニューヨーク市の住民は、北部の山間地域やハンプトンズに向かっている。彼らは、他の東海岸の都市生活者とともに、ニューイングランドの沿岸部にも潜入し、マサチューセッツ州の最もぜいたく地域やメイン州の島々に群がるようになった。西部では、アイダホ州からワイオミング州まで、富裕層がスキーリゾートに避難している。




牧場は昔から金持ちと結び付けられてきたが、最近では魅力を失いつつある。ミレニアル世代はベビーブーマー世代の両親が持つ広大な牧場を継承しなかったため、西部では数百万ドル規模の牧場が余っている。

しかし、パンデミックの影響で牧場への関心は変化を見せており、不動産業者はBusiness Insiderに、まだ牧場購入の増加は見られないが、関心は高まっていると語っている。

カリフォルニア州ネバダ州で牧場を販売しているCalifornia Outdoor Propertiesは、Business Insiderに対し、サイトへの4月のトラフィックが前年比で76%増加したと述べた。オーナーのトッド・レンフリー(Todd Renfrew)によると、最近、コロナウイルスから逃避したいと考えているカリフォルニアの買い手に、農場の一つを570万ドル(約6億1400万円)で売却したという。

平均して約700万ドル(約7億5500万円)規模の牧場を販売しているブローカーのHall and Hallも、2020年第1四半期のウェブサイト訪問者数が前年同期比で60%増加したとBusiness Insiderに語った。

Hall and Hallのディレクターであるビル・マクデビッド(Bill McDavid)は、「このような状況の中で、人々がより田舎の土地について興味を持つのは理にかなっている。特に、考えたことがあるが、過去に行動しなかった人々にとっては」と述べた。

「彼らが『もっと前にやっておけばよかった』と思っているのは想像に難くない」

それはまさに、マイケル・ブルームバーグは最近行ったことだ。彼は、コロラド州にある4600エーカー(約1860ha)の牧場に4500万ドル(約48億5000万円)を支払った。




2つ目のパスポート(国籍)を持つことは、超富裕層のステータス・シンボルとして新しいものではない。しかし、「より安全な」国へのアクセスを検討するために、新たな重要性を帯びてきている。

以前は、2つ目(または3つ目)のパスポートは、多くの場合、経済的な利益を得るためのものだった。 今は安全だ。ジョン・アーリッジ(John Arlidge)はロブ・リポート(Robb Report)で、超富裕層はすぐにでも安全な場所に逃げ込み、質の高い医療サービスを受けたいと考えている、と書いている。

市民権ブローカーのHenley&Partnersでは、2020年の最初の3カ月で新しい国籍を申請する人が前年比で42%増加したとアーリッジは報じた。 問い合わせ件数は25%増加している。

これらの永住権プログラムでは、カリブ海諸国では1人あたり10万ドル(約107万円)、オーストリアでは760万ドル(約8億2000万円)の費用がかかる。



[原文:The pandemic has given the 1% even more ways to show how much money they have. Here are 6 new status symbols among the ultrawealthy.]

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

プライバシーポリシー 2022.06.24 本プライバシーポリシーは、https://akisue-jp.hatenablog.com/(以下、「当サイト」とします。)の各種サービス(当サイトによる情報提供、各種お問合せの受付等)において、当サイトの訪問者(以下、「訪問者」とします。)の個人情報もしくはそれに準ずる情報を取り扱う際に、当サイトが遵守する方針を示したものです。 目次をチェック 1.基本方針 当サイトは、個人情報の重要性を認識し、個人情報を保護することが社会的責務であると考え、個人情報に関する法令を遵守し、当サイトで取扱う個人情報の取得、利用、管理を適正に行います。当サイトで収集した情報は、利用目的の範囲内で適切に取り扱います。 2.適用範囲 本プライバシーポリシーは、当サイトにおいてのみ適用されます。 3.個人情報の取得と利用目的 当サイトで取得する訪問者の個人情報と利用目的、保存期間等は下記の通りです。 3-1.コメントを残した際に個人情報を取得します 当サイトでは、訪問者が当サイトにコメントを残した際に、以下の個人情報を取得します。 コメントフォームに表示されている名前(HN) コメントフォームに表示されているメールアドレス コメントフォームに表示されているコメント内容 IPアドレス ブラウザユーザーエージェント文字列 ブラウザユーザーエージェント文字列とは、「どのブラウザからこのサイトにたどり着いたか」を表すものです。「Firefoxからたどり着いたのか」「Google Chromeからたどり着いたのか」を識別することが出来ます。 これにより次回コメントを残す際に、「名前」や「メールアドレス」が自動的に表示されるため、それらを再入力する手間を省くことができます。 メールアドレスから作成される匿名化された (「ハッシュ」とも呼ばれる) 文字列は、訪問者が Gravatar サービスを使用中かどうか確認するため同サービスに提供されることがあります。同サービスのプライバシーポリシーを確認する場合は、こちらをクリックしてください。 ✔3-1-1.利用目的について 荒し対策やスパム検出に役立てるためと、訪問者の利便性のためです。また、当サイト内で「訪問者からこのようなコメントがありました」と紹介させていただく場合もあります。 コメントが当サイトの管理人に承認されると、プロフィール画像がコメントとともに一般公開されます。 ✔3-1-2.保存期間について 当サイトに残されたコメントは、コメントとそのメタデータを3年間保存します。 訪問者は個人情報をブラウザに保存するか選択することが出来ます。 訪問者は当サイトにコメントを残す際に、お名前、メールアドレス、お持ちのサイト情報(任意)を ブラウザに保存するかどうかを選択できます。 ✔3-1-3.当サイトがコメントに対してできることについて 訪問者が当サイトにコメントを残したことがある場合は、当サイトの管理人は、当サイトが保存する訪問者についての個人情報(提供したすべての情報を含む)をエクスポートファイルとして訪問者が「受け取りたい」というリクエストに応えることが出来ます。その際、訪問者のメールアドレスに確認のメールが送られます。 また、訪問者から訪問者本人の個人情報を「消去してほしい」というリクエストにも応えることが出来ます。これには、管理や法律、セキュリティ目的のために保持する義務がある情報は含まれません。また消去する際も、訪問者のメールアドレスに確認のメールが送られます。 3-2.お問い合せされた個人情報を取得します 当サイトではお問い合わせフォームを設けています。 julious_akisue318@hotmail.com 訪問者がそのお問い合わせフォームから問い合わせをされた際に入力された、以下の個人情報を取得します。 お問い合わせフォームに入力された名前(HN) お問い合わせフォームに入力されたメールアドレス お問い合わせフォームに入力されたお問合せ内容 ✔3-2-1.利用目的について お問い合わせ対応をするためと、訪問者の管理のためです。訪問者からのお問い合わせ情報を保存しておくことによって、同じ訪問者が別のお問い合わせをした際に、過去の問い合わせ内容を踏まえた対応をすることが出来、より的確な対応をすることが出来ます。 また、当サイト内で「このようなお問合せがありました」と紹介させていただく場合もあります。 ✔3-2-2.保存期間について お問い合わせフォームに入力された個人情報は、3年間保存します。 ✔3-2-3.個人情報取得の同意について 当サイトでは、お問い合わせフォームからお問い合わせをする前に、当プライバシーポリシーをご一読いただくよう案内しています。 お問い合わせをされた時点で、その訪問者は当プライバシーポリシーに同意されたとみなします。 3-3.Cookieによる個人情報の取得 当サイトは、訪問者のコンピュータにCookieを送信することがあります。 Cookie(クッキー)とは、ウェブサイトを利用したときに、ブラウザとサーバーとの間で送受信した利用履歴や入力内容などを、訪問者のコンピュータにファイルとして保存しておく仕組みです。 ✔3-3-1.利用目的について 訪問者の当サイト閲覧時の利便性を高めるためです。 たとえば、次回同じページにアクセスするとCookieの情報を使って、ページの運営者は訪問者ごとに表示を変えることができます。 訪問者がブラウザの設定でCookieの送受信を許可している場合、ウェブサイトは、訪問者のブラウザからCookieキーを取得できます。 なお、訪問者のブラウザはプライバシー保護のため、そのウェブサイトのサーバーが送受信したCookieのみを送信します。 ✔3-3-2.保存期間について 当サイトに残されたコメントの Cookie は、1年間保存されます。 ✔3-3-3.第三者によるCookie情報の取得について 当サイトでは、グーグルやヤフーなどをはじめとする第三者から配信される広告が掲載される場合があります。 当該第三者は訪問者のCookie情報等を使用して、訪問者がそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて、訪問者に適切な広告を配信できます。 当該第三者によって取得されたCookie情報等は、当該第三者のプライバシーポリシーに従って取り扱われます。 ✔3-3-4.第三者へのCooke情報等の広告配信の利用停止について 訪問者は、当該第三者のウェブサイト内に設けられたオプトアウト(個人情報を第三者に提供することを停止する)ページにアクセスして、当該第三者によるCookie情報等の広告配信への利用を停止することができます。 ✔3-3-5.Cookie情報の送受信の許可・拒否について 訪問者は、Cookieの送受信に関する設定を「すべてのCookieを許可する」、「すべてのCookieを拒否する」、「Cookieを受信したらユーザーに通知する」などから選択できます。設定方法は、ブラウザにより異なります。Cookieに関する設定方法は、お使いのブラウザの「ヘルプ」メニューでご確認ください。 すべてのCookieを拒否する設定を選択されますと、認証が必要なサービスを受けられなくなる等、インターネット上の各種サービスの利用上、制約を受ける場合があります。 4.個人情報の管理 当サイトは、訪問者からご提供いただいた情報の管理について、以下を徹底します。 4-1. 情報の正確性の確保 訪問者からご提供いただいた情報については、常に正確かつ最新の情報となるよう努めます。 4-2. 安全管理措置 当サイトは、個人情報の漏えいや滅失又は棄損を防止するために、適切なセキリュティ対策を実施して個人情報を保護します。 4-3. 個人情報の廃棄 個人情報が不要となった場合には、すみやかに廃棄します。 4-4. 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止 訪問者ご本人からの個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。 上記を希望される場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。 julious_akisue318@hotmail.com 5.個人情報の第三者への提供について 当サイトは、訪問者からご提供いただいた個人情報を、訪問者本人の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。また、今後第三者提供を行うことになった場合には、提供する情報と提供目的などを提示し、訪問者から同意を得た場合のみ第三者提供を行います。 6.未成年の個人情報について 未成年者が当サイトにコメントをしたり、お問い合わせフォームから問い合わせをされたりする場合は必ず親権者の同意を得るものとし、コメントやお問い合わせをされた時点で、当プライバシーポリシーに対して親権者の同意があるものとみなします。 7.お問い合わせ先 当サイト、又は個人情報の取扱いに関しては、お問い合わせフォームよりご連絡ください。 当サイト運営者:Julious_Akisue あきすえ   連絡先:お問い合わせフォーム julious_akisue318@hotmail.com 8.アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはアクセス情報の収集のためにCookieを使用しています。このアクセス情報は匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 GoogleアナリティクスのCookieは、26ヶ月間保持されます。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 Googleアナリティクスの利用規約に関して確認したい場合は、ここをクリックしてください。また、「ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用」に関して確認したい場合は、ここをクリックしてください。 9.第三者配信の広告サービスについて 当サイトは、第三者配信の広告サービス「Google Adsense(グーグルアドセンス)」を利用しています。 Googleなどの第三者広告配信事業者は、訪問者の興味に応じた広告を表示するために、Cookie(当サイトの訪問者が当サイトや他のサイトにアクセスした際の情報など)を使用することがあります。 訪問者は、広告設定で訪問者に合わせた広告(以下、「パーソナライズド広告」とします。)を無効にすることが出来ます。その設定をする場合は、こちらをクリックしてください。また、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズド広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできます。 第三者配信による広告掲載を無効にしていない場合は、第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告がサイトに掲載されることがあります。 Googleによって広告の第三者配信が認められている広告配信事業者の詳細は、ここをクリックしてください。 10.Amazonの広告配信について Amazonのアソシエイトとして、julious_akisue あきすえ は適格販売により収入を得ています。 第三者(Amazonや他の広告掲載者)がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookieを設定したり、認識したりする場合があります。 11.プライバシーポリシーの変更について 当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本プライバシーポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。 令和4年6月24日 策定