Julious_Akisue ( あきすえ ) のブログ

気軽に楽しんで行って下さい♪

非正規格差を認める最高裁判決で日本の衰退が加速する理由

2020/10/18

非正規格差を認める最高裁判決で日本の衰退が加速する理由


1.日本に確実に悪影響を与える判決

 2019年の日本の雇用数は5660万人、その内に非正規が2165万人含まれるので、非正規は労働人口の約4割に達している。

 多くの人は一部の左翼が裁判を起こしたぐらいに考えているかもしれない。
しかし、大阪高裁は不合理な格差と認めていた。
最高裁判所は政権への忖度のためか、かなり保守的な判断を下したと言ってよい。

 裁判官がアジアの経済事情に詳しいとは思えない。
法律解釈をこねくり回して出した結果であろう。
しかし、この判決は、これからの日本社会に“じわり”と悪影響を与えることになる。悪影響どころか、後になって振り返れば、あれが日本衰退のターニングポイントだったと言われかねない。それほど重大な判決だった。



2.中国の産業が国際競争力を高めた理由

 日本が非正規労働者を大量に作り出した理由を探っていくと、中国の農民工にたどり着く。

 中国では都市住民と農民は戸籍によって区別されている。
都市戸籍を持つものが4億人、農民戸籍が10億人である。
現在、中国で豊かな生活を送っているのは、都市戸籍を持つ4億人だけである。

 農民戸籍を持つ10億人は社会の底辺に押し込まれている。
農民戸籍を持つ者の中で、農業に従事している人は2億人程度にとどまり、2億人が農民工として沿岸部で働いている。
その他にも老人と子供を除いた人々が内陸部の都市で働いているが、その給与は低い。
先に李克強首相が中国には月収が1万5000円以下で働いている人が6億人もいると言ったのは、農民戸籍の人々を指している。

 中国で都市戸籍を有する人々は、この6億人の低賃金労働社の犠牲の上で豊かな生活を営んでいる。
日本人が北京や上海で会うのは都市戸籍を持った人々だけだ。
その人々の生活水準は日本人に追いつき、一部は日本人の水準を大きく上回っている。


 中国の産業は農民工を使うから国際競争力がある。その中国企業と競争するためには、日本に農民工を作り出す必要がある。
しかし、昭和が終わった頃に一億総中流社会を作り出してしまった日本には農民工はいない。
そのために考えたのが非正規労働者だ。

 非正規労働(農民戸籍)を作り出したことは、アジアとの競争を迫られた日本の必然の選択であった。




3.衰退産業にしがみつくのは大間違い

だが、令和になっても、その路線を続けるのであろうか。
最高裁の忖度判決は「令和になっても平成の労働慣行を続けましょう」と言っているに過ぎない。
しかし、令和の時代になると、平成とも違った国際競争が始まった。


  平成は昭和から続いたもの作り競争の時代。
だから農民工を持つ中国は強かった。しかし、ネット、スマホGAFAの時代である令和は、デジタル企業が成長の主役となっている。
そんな社会では短時間で産業のリーダーが入れ替わる。
技術革新の速度が速いので、今日の勝者が明日の敗者になる。

 このような社会に求められるのは、労働の流動性である。優秀な人材が負け組からいち早く抜け出して、成長が見込める部門に移動しなければならない。

 しかし、正規と非正規を峻別する社会では人材の流動化が起こりにくい。
正規労働者として大企業に入れば、ボーナスは出るし退職金ももらえる。
リスクを冒してまで転職する必要はない。万一、転職に失敗して非正規に転落すると、中国の農民工と同様の運命が待っている。

 だから、いつになっても新卒の一括採用が行われる。
しかし、うまく大企業に入ったとしても、昭和に基盤が作られた大企業は、製造業だけでなく銀行、証券、マスコミなどを含めてほぼ全てが衰退産業になっている。


 それでも大企業は政府が守ってくれるからなかなか潰れない。だから少々赤字が出たくらいではボーナスも退職金もなくならない。
そうであれば衰退産業にしがみつくことが、人生最良の選択になる。

 しかし、衰退産業にしがみついているのだから、良いことはない。
そして、これからは大企業といえども潰れる会社が出てくるだろう。

 民主党政権が崩壊して安倍政権になった頃から、日本から社会を変革しようとする意欲が薄れてしまった。
痛みを伴う労働制度や慣行の改革を避けて、痛みの少ない金融政策に関心が集まった。
また世論が右に流れて競争相手である中国や韓国のバッシングに走った。
それは問題の本質を考えるのがめんどうくさくなったからだろう。

 労働人口の流動化、つまり、優秀な人々が数年で職を変わっても不利にならず、かえって転職が有利になる社会を作り出すことが、令和の時代に国際競争を勝ち抜く必須条件になっている。





4.日本はベトナムにも追いつかれる

 現在、ベトナムの会社の顧問をしているが、ベトナムから見ていると日本の最大の欠点は人材の流動性が低いことにある。
ベトナム開発途上国であり、全ての面で整備が遅れているが、そんな社会では人々の起業意欲が高く、労働の流動性も高い。

 それは中国も同じである。農民工は日雇い労働者のようなものだから、賃金が高い企業があると聞けばすぐに転職する。
都市戸籍を持つ人々も、少し条件がよい会社があれば、なんの躊躇いもなく転職する。
そもそも自社内で出世を目指すよりも、経験を積んで他社に移動する方が出世しやすい社会である。
優秀な人ほど会社を渡り歩く。

 製造業が産業の中心を占めていた1980年頃までは、流動性の高い社会はノウハウが蓄積しにくく成長しなかった。
そのために日本型雇用の優位性が語られたのだが、産業がネット、スマホGAFAなどという言葉とともに語られる時代になると、優秀な人材の流動性を阻害する日本の人事慣習は、成長を押さえつける要因になってしまっている。

 日本がこれからも中国を含めた成長するアジアと伍して戦ってゆくには、全ての労働者を非正規にするぐらいの大胆な改革が必要だろう。


 アジアを見ていると、会社にしがみついていた方が有利である昭和のシステム(おそらく最高裁判所の判事たちも似たような環境の中で生きて来たのだろう)を改めない限り、日本の復活はないと思うようになった。
このままの労働慣行を続けていると、日本はそう遠くない将来に、中国に負けて、ベトナムにも追いつかれて、アジアの目立たないごく普通の国の一つになる可性が高い。

プライバシーポリシー 2022.06.24 本プライバシーポリシーは、https://akisue-jp.hatenablog.com/(以下、「当サイト」とします。)の各種サービス(当サイトによる情報提供、各種お問合せの受付等)において、当サイトの訪問者(以下、「訪問者」とします。)の個人情報もしくはそれに準ずる情報を取り扱う際に、当サイトが遵守する方針を示したものです。 目次をチェック 1.基本方針 当サイトは、個人情報の重要性を認識し、個人情報を保護することが社会的責務であると考え、個人情報に関する法令を遵守し、当サイトで取扱う個人情報の取得、利用、管理を適正に行います。当サイトで収集した情報は、利用目的の範囲内で適切に取り扱います。 2.適用範囲 本プライバシーポリシーは、当サイトにおいてのみ適用されます。 3.個人情報の取得と利用目的 当サイトで取得する訪問者の個人情報と利用目的、保存期間等は下記の通りです。 3-1.コメントを残した際に個人情報を取得します 当サイトでは、訪問者が当サイトにコメントを残した際に、以下の個人情報を取得します。 コメントフォームに表示されている名前(HN) コメントフォームに表示されているメールアドレス コメントフォームに表示されているコメント内容 IPアドレス ブラウザユーザーエージェント文字列 ブラウザユーザーエージェント文字列とは、「どのブラウザからこのサイトにたどり着いたか」を表すものです。「Firefoxからたどり着いたのか」「Google Chromeからたどり着いたのか」を識別することが出来ます。 これにより次回コメントを残す際に、「名前」や「メールアドレス」が自動的に表示されるため、それらを再入力する手間を省くことができます。 メールアドレスから作成される匿名化された (「ハッシュ」とも呼ばれる) 文字列は、訪問者が Gravatar サービスを使用中かどうか確認するため同サービスに提供されることがあります。同サービスのプライバシーポリシーを確認する場合は、こちらをクリックしてください。 ✔3-1-1.利用目的について 荒し対策やスパム検出に役立てるためと、訪問者の利便性のためです。また、当サイト内で「訪問者からこのようなコメントがありました」と紹介させていただく場合もあります。 コメントが当サイトの管理人に承認されると、プロフィール画像がコメントとともに一般公開されます。 ✔3-1-2.保存期間について 当サイトに残されたコメントは、コメントとそのメタデータを3年間保存します。 訪問者は個人情報をブラウザに保存するか選択することが出来ます。 訪問者は当サイトにコメントを残す際に、お名前、メールアドレス、お持ちのサイト情報(任意)を ブラウザに保存するかどうかを選択できます。 ✔3-1-3.当サイトがコメントに対してできることについて 訪問者が当サイトにコメントを残したことがある場合は、当サイトの管理人は、当サイトが保存する訪問者についての個人情報(提供したすべての情報を含む)をエクスポートファイルとして訪問者が「受け取りたい」というリクエストに応えることが出来ます。その際、訪問者のメールアドレスに確認のメールが送られます。 また、訪問者から訪問者本人の個人情報を「消去してほしい」というリクエストにも応えることが出来ます。これには、管理や法律、セキュリティ目的のために保持する義務がある情報は含まれません。また消去する際も、訪問者のメールアドレスに確認のメールが送られます。 3-2.お問い合せされた個人情報を取得します 当サイトではお問い合わせフォームを設けています。 julious_akisue318@hotmail.com 訪問者がそのお問い合わせフォームから問い合わせをされた際に入力された、以下の個人情報を取得します。 お問い合わせフォームに入力された名前(HN) お問い合わせフォームに入力されたメールアドレス お問い合わせフォームに入力されたお問合せ内容 ✔3-2-1.利用目的について お問い合わせ対応をするためと、訪問者の管理のためです。訪問者からのお問い合わせ情報を保存しておくことによって、同じ訪問者が別のお問い合わせをした際に、過去の問い合わせ内容を踏まえた対応をすることが出来、より的確な対応をすることが出来ます。 また、当サイト内で「このようなお問合せがありました」と紹介させていただく場合もあります。 ✔3-2-2.保存期間について お問い合わせフォームに入力された個人情報は、3年間保存します。 ✔3-2-3.個人情報取得の同意について 当サイトでは、お問い合わせフォームからお問い合わせをする前に、当プライバシーポリシーをご一読いただくよう案内しています。 お問い合わせをされた時点で、その訪問者は当プライバシーポリシーに同意されたとみなします。 3-3.Cookieによる個人情報の取得 当サイトは、訪問者のコンピュータにCookieを送信することがあります。 Cookie(クッキー)とは、ウェブサイトを利用したときに、ブラウザとサーバーとの間で送受信した利用履歴や入力内容などを、訪問者のコンピュータにファイルとして保存しておく仕組みです。 ✔3-3-1.利用目的について 訪問者の当サイト閲覧時の利便性を高めるためです。 たとえば、次回同じページにアクセスするとCookieの情報を使って、ページの運営者は訪問者ごとに表示を変えることができます。 訪問者がブラウザの設定でCookieの送受信を許可している場合、ウェブサイトは、訪問者のブラウザからCookieキーを取得できます。 なお、訪問者のブラウザはプライバシー保護のため、そのウェブサイトのサーバーが送受信したCookieのみを送信します。 ✔3-3-2.保存期間について 当サイトに残されたコメントの Cookie は、1年間保存されます。 ✔3-3-3.第三者によるCookie情報の取得について 当サイトでは、グーグルやヤフーなどをはじめとする第三者から配信される広告が掲載される場合があります。 当該第三者は訪問者のCookie情報等を使用して、訪問者がそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて、訪問者に適切な広告を配信できます。 当該第三者によって取得されたCookie情報等は、当該第三者のプライバシーポリシーに従って取り扱われます。 ✔3-3-4.第三者へのCooke情報等の広告配信の利用停止について 訪問者は、当該第三者のウェブサイト内に設けられたオプトアウト(個人情報を第三者に提供することを停止する)ページにアクセスして、当該第三者によるCookie情報等の広告配信への利用を停止することができます。 ✔3-3-5.Cookie情報の送受信の許可・拒否について 訪問者は、Cookieの送受信に関する設定を「すべてのCookieを許可する」、「すべてのCookieを拒否する」、「Cookieを受信したらユーザーに通知する」などから選択できます。設定方法は、ブラウザにより異なります。Cookieに関する設定方法は、お使いのブラウザの「ヘルプ」メニューでご確認ください。 すべてのCookieを拒否する設定を選択されますと、認証が必要なサービスを受けられなくなる等、インターネット上の各種サービスの利用上、制約を受ける場合があります。 4.個人情報の管理 当サイトは、訪問者からご提供いただいた情報の管理について、以下を徹底します。 4-1. 情報の正確性の確保 訪問者からご提供いただいた情報については、常に正確かつ最新の情報となるよう努めます。 4-2. 安全管理措置 当サイトは、個人情報の漏えいや滅失又は棄損を防止するために、適切なセキリュティ対策を実施して個人情報を保護します。 4-3. 個人情報の廃棄 個人情報が不要となった場合には、すみやかに廃棄します。 4-4. 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止 訪問者ご本人からの個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。 上記を希望される場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。 julious_akisue318@hotmail.com 5.個人情報の第三者への提供について 当サイトは、訪問者からご提供いただいた個人情報を、訪問者本人の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。また、今後第三者提供を行うことになった場合には、提供する情報と提供目的などを提示し、訪問者から同意を得た場合のみ第三者提供を行います。 6.未成年の個人情報について 未成年者が当サイトにコメントをしたり、お問い合わせフォームから問い合わせをされたりする場合は必ず親権者の同意を得るものとし、コメントやお問い合わせをされた時点で、当プライバシーポリシーに対して親権者の同意があるものとみなします。 7.お問い合わせ先 当サイト、又は個人情報の取扱いに関しては、お問い合わせフォームよりご連絡ください。 当サイト運営者:Julious_Akisue あきすえ   連絡先:お問い合わせフォーム julious_akisue318@hotmail.com 8.アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはアクセス情報の収集のためにCookieを使用しています。このアクセス情報は匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 GoogleアナリティクスのCookieは、26ヶ月間保持されます。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 Googleアナリティクスの利用規約に関して確認したい場合は、ここをクリックしてください。また、「ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用」に関して確認したい場合は、ここをクリックしてください。 9.第三者配信の広告サービスについて 当サイトは、第三者配信の広告サービス「Google Adsense(グーグルアドセンス)」を利用しています。 Googleなどの第三者広告配信事業者は、訪問者の興味に応じた広告を表示するために、Cookie(当サイトの訪問者が当サイトや他のサイトにアクセスした際の情報など)を使用することがあります。 訪問者は、広告設定で訪問者に合わせた広告(以下、「パーソナライズド広告」とします。)を無効にすることが出来ます。その設定をする場合は、こちらをクリックしてください。また、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズド広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできます。 第三者配信による広告掲載を無効にしていない場合は、第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告がサイトに掲載されることがあります。 Googleによって広告の第三者配信が認められている広告配信事業者の詳細は、ここをクリックしてください。 10.Amazonの広告配信について Amazonのアソシエイトとして、julious_akisue あきすえ は適格販売により収入を得ています。 第三者(Amazonや他の広告掲載者)がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookieを設定したり、認識したりする場合があります。 11.プライバシーポリシーの変更について 当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本プライバシーポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。 令和4年6月24日 策定