Julious_Akisue ( あきすえ ) のブログ

気軽に楽しんで行って下さい♪

“J-POPが消えてしまった国” 韓国で「NiziU」と「うっせぇわ」が議論の的になる理由

 2021/04/24

 韓国にJ-POPがないことは知っていた。
 しかし、その理由は政府の規制と認識していたが、実際は韓国人の歴史認識の問題が大きいという。日本に植民地されたという事実を今もうらんでいる。コンプレックスから抜けられない。

 私が観光で訪韓したのは10年以上前だが、ソウルでの出来事から推量するに、韓国人は日本人にとても興味があって、私が日本語でガイドさんと話をしていたら、関係ないビルの警備員さんがこっちを向いて興味深そうに見ていた。こういうことは日本人はしない。どんな外国人が居ようと注視したりしない。韓国の独自の文化なのだろう。

 韓国人は日本のことが基本的には大好きなのだと、私は訪韓して思った。
 しかし、表向きは日本は大嫌い、と言わな行ければならない。そういう文化なのだろう。

 歴史認識って、要するに「日本は韓国に謝れ!謝罪しろ!」っていうことなんですね。
 これがエンドレスに続く不思議。
 去年だか、平均の国民所得が韓国が日本を抜いたと記事になったけど、未だにダダをこねる子供と同じ。

 最近の出来事で特筆することは、韓国軍艦が海上自衛隊哨戒機に対して攻撃用のレーダーを照射してロックオンしたこと。安全装置を解除してあとはボタンを押すだけで海自飛行機を撃墜できる状態になっていた。
 このことで政府、防衛省が抗議しても、そんなことはしていない、こちらが海上自衛隊機に攻撃を受けそうになったと言った。
 その後もすったもんだで、絶対にひを認めなかった。
 さすがにあの事件によって、韓国に対する認識が変わった人は多いのではないかと、想像する。
 もっと対話可能な余地があると思ってた。しかし、あの事件で、韓国とは話をしても無駄といふ雰囲気がかもし出された。
 それと同時に、護衛艦が韓国に寄港する予定だったが、韓国政府は艦尾の自衛隊旗を降ろさないと入港を認めないと言ってきた。それで自衛隊旗は法律で掲げることが決まっているので仕方なく韓国に入港することをあきらめた。

 ばかばかしい話。これは表の韓国。裏の韓国では、日本が好きという心理がある。
 これは歴史認識うんぬんではなく、文化の違いとしか言えない。
 韓国の「謝れ!謝罪しろ攻撃」が終わるまで、握手はおあずけにするしかない。


---------------------------------------------------------------------------------

“J-POPが消えてしまった国” 韓国で「NiziU」と「うっせぇわ」が議論の的になる理由


韓国唯一のJ-POP評論家が特別寄稿  ファン・ソノプ




1.BTSやBLACKPINKの世界的ヒットに沸くK-POP業界。

  昨年デビューした韓国の大手事務所所属の日本人9人組グループ「NiziU」も日本で人気だ。

  そんなK-POP全盛の韓国で、J-POPをはじめとした日本の音楽はどのように捉えられているのか。

  日本人アーティストへのインタビューも手掛ける韓国唯一のJ-POP評論家、ファン・ソノプ氏が寄稿した。




[韓国の10代は「J-POP」というジャンルを知らない]


 韓国の人気グループBTSと日本の人気ロックバンド「back number」がコラボレーションした新曲「Film out」のニュースを聞いたのは、今年2月だった。

  このニュースに、韓国人のほとんどはBTSの新曲として注目したが、個人的には「back number」という日本の素晴らしいバンドが韓国で知られる機会となったことが嬉しかった。

 ただ残念なことに、現在の韓国では、日本の音楽シーンのニュースはほとんど報じられていない。

  特にいまの韓国の10代、20代は、「J-POP」というカテゴリー自体に見慣れていない。

  日常生活の中で日本の音楽に接する機会がほとんどないのだ。



[韓国でタブー視されてきた日本の音楽]


 ある年齢以上の韓国人は、20~30年前に韓国では正式に流通していなかった日本の音楽を渇望していた時期を記憶している。

 韓国では長年、日本のテレビドラマや映画と同様に、日本語の楽曲の放送、レコードやCDの販売が法律で厳しく制限されてきた。

  日本語の歌のCDの販売が全面的に開放されたのは2004年だ。

 それでも、海賊版のような形で、韓国に日本の音楽が伝わっていた。

  その結果、1990年代から2000年にかけて、サザンオールスターズに始まり、近藤真彦X JAPANL’Arc-en-CielZARDをはじめとしたビーイング(Being)所属の歌手が、韓国でも一定の人気を博した。

小室ファミリー」と呼ばれたglobe、安室奈美恵も同様だ。

  ジャニーズやハロプロアイドルのファンもいた。




2.  当時はCD1枚、ビデオ1本、手に入れるのが難しかった時代だった。

  そのため、オンラインを含めた日本音楽の「同好会」が続々と作られ、ファン同士が情報交換したものだ。

 1998年から2004年まで4回にわたって行われた「日本大衆文化の開放」は、日本音楽マニアたちには朗報のはずだった。

  日本音楽のファンは、これで日本のコンテンツを自由に享受できるだろうと考えたのだ。

  しかし、いざ道が開かれても、日本音楽の一部だけが正式に流通するようになり、 韓国社会への波及力は微々たるものだった。

 なにより韓国の一般市民の日本音楽に対する「拒否感」が思った以上に強かった。

  両国間に横たわる根本的な歴史問題が未解決である中で、日本語のコンテンツが韓国で流通することに不快感を示す人も少なくなかったのだ。



 そのため、地上波放送における“日本音楽の排斥”はそのまま続いた。

  韓国の地上波のテレビで、日本語で歌うステージが初めて生放送されたのは、2010年になってからだった。

  法的な制裁はないのに「国民感情を配慮する」という名目で自主規制されていたのだ。

 その後、この10年はK-POPの急激な成長と反比例して、韓国から日本音楽がほとんど消えた状態となっていったのだ。



[コロナによる「来韓公演」不在の影響]


 もちろん韓国で日本の音楽が消えたのには、日本側の事情もある。

 そもそも内需中心だった日本の音楽シーンは、市場規模の小さい韓国には関心が低かった。

  さらに韓国の音楽業界がいち早くストリーミングやユーチューブでの配信に重心を移していったのに対して、日本でそれが本格化したのはこの2、3年。

  全世界のどこでも見られるユーチューブに、日本の大衆音楽の公式コンテンツはほとんど存在しなかった。

 韓国の音楽ファンは、その間に日本の音楽からさらに遠ざかり、日本の音楽を扱うニュースも自然と姿を消した。



3. さらに2019年から深刻化した韓日間の摩擦は、日本人アーティストの来韓を躊躇させることとなった。

  来韓公演の中止は、私個人としても実に残念だった。

  様々な日本人アーティストにインタビューして彼らの魅力を紹介し、また彼らが韓国でのステージやファンをどれだけ大事に思っているかを知らせる、貴重な機会だからだ。

 たとえば、2018年には、ロックバンド・Suchmos訪韓した。

  仁川で開かれた「ペンタポート・ロック・フェスティバル」に参加するためだ。

  私のインタビューの中で、メンバーのHSUは、取材先のホテルの窓を指し、「今度はたぶん大変だろうけど、いつかソウルにも行ってみたい。

  ソウルはどの方向ですか」と、韓国に対する関心や好奇心を明かしてくれた。

  その日の公演では、ほとんどの観客がSuchmosを初めて見たにもかかわらず、ステージが終わる頃には、韓国人の観客の多くが歓声を送っていた。

  その瞬間は今でも生々しく頭に残っている。

 2015年、韓国、台湾、日本の3カ国を回るイベント「Far East Union」で訪韓したロックバンド・MONOEYES細美武士は、私のインタビューに「両国の関係改善のために何かできることはないか、という考えからイベントを企画した」と述べ、両国の架け橋としての音楽の役割に触れた。

  細美をミュージシャンとしてだけでなく、人間として尊敬させられるインタビューだった。



[それでも人気のある日本人アーティストは?]


 そんな状況の中でも、韓国の大衆音楽に影響を与えた日本人アーティストはいる。

  その代表格は、安室奈美恵だろう。


  韓国において、安室奈美恵は日本の音楽をよく知らない人でも一度は名前を耳にしたことがある歌手だ。

  韓国でも「実力派アーティスト」として認識されている。

  多くの韓国の芸能人の憧れの的でもあり、実際に韓国の女性ソロ歌手がスタイリングなどで参考にしている事例でもあった。

 さらに、韓国人に広く知れ渡っているアーティストといえば「ZARD」だ。

 ボーカル・坂井泉水の高い歌唱力と魅力的なルックス、老若男女問わず共感できる楽曲に、今でも彼女を応援する人が多い。

  彼女が主題歌を歌うアニメ『名探偵コナン』は韓国でも人気があるため、いまも若い世代が耳にしている。

  そのため、新たなファンが生まれ続けているのだ。

  誰にでも推薦できる「普遍的な日本音楽」の代名詞として、いつの間にか定着した。




4.[韓国人が日本音楽を嫌っていない“証拠”とは?]


 韓国人が日本音楽を決して嫌いではないことを示す別の“証拠”もある。

  それは、韓国人アーティストによる、日本の楽曲のリメイクのヒットだ。

 代表的な楽曲が、中島美嘉の「雪の華」。パク・ヒョシンによってリメイクされ、曲はもちろん歌手本人も注目を集めた。

  しかし、韓国ではその原曲が中島美嘉の曲であることは、あまり知られていない。

 TUBEの「ガラスのメモリーズ」をリメイクしたCANの「わが人生の春の日は」、広瀬香美の「日付変更線」をリメイクしたM.C the MAXの「幸せにならないで」、尾崎豊の「I LOVE YOU」をリメイクしたPOSITIONの「I LOVE YOU」、平井堅の「瞳をとじて」をリメイクしたチョン・ジェウクの「じっと目を閉じて」などは、韓国で大人気を博したにもかかわらず、オリジナルがあまり知られていないケースだ。



 韓国ではやや“辺境”に追いやられた日本音楽だが、その中でも、日本国内よりも韓国ではるかに大きな影響力を見せるアーティストも出てきている。

 ここ数年間で、韓国で最も大きな観客動員力を見せてきた日本人アーティストは、「SPYAIR(スパイエアー)」だろう。

  韓国で知名度の低かった時代から公演などを通じて徐々に知名度を高め、2018年には約3000席規模の公演を完売させるバンドに成長した。

  韓国では「ONE OK ROCK」に劣らない人気を見せている。

 さらに「KK」という名で活動していた上北健の来韓公演も話題を呼び、約3年にわたって4回も2Days公演を開催した。



[韓国でこれから人気がでる音楽とは?]


 今後も、韓国で日本音楽が定着するのは容易ではないだろう。

 たとえばアイドルでも、韓国デビューをめぐって様々な摩擦が起きているNiziUのケースを見ると、韓国の大衆は依然として「日本コンテンツの韓国進出は望ましくない」と考えていることが窺える。

  「K-POP技術の流出」という論点もあるが、それ以上に個人的に感じるのは、日本のアーティストが韓国で活動することに対する否定的な視線だ。

 それでも、私が地道に日本の音楽について書き、韓国の人々に紹介していく理由は、それが韓国の大衆にとって、様々なスタイルの音楽に接することのできる最も身近なルートだからだ。

 制作者や所属事務所の影響が大きく働く韓国の音楽業界、特にK-POPシーンとは違い、日本は歌詞の表現や音楽性について比較的自由だ。

  個人的には「自分の基準、価値にこだわっても成功できる」という点が、日本の音楽の一番の魅力だと思う。





5.  いま韓国でも、そんな「独創的な世界観」を持ったアーティストを求める声が高まっている。

  つまり、自分の考えや意見をありのままに世に広げるミュージシャンほど、これから韓国人に愛される可能性があるということだ。

 たとえば、近年の人気アーティストではKing GnuOfficial髭男dism。

  King Gnuは韓国にはないユニークな音楽性をもっているし、Official髭男dismは藤原聡の歌唱力を基盤とした大衆性でアピールしている。

  韓国ではなかなか耳にしないジャンルの音楽だ。

 さらに、国境のないオンラインコミュニティが中心の「歌い手」「ボカロP」シーン、さらにYouTubeの日本音楽をカバーするチャンネルも、韓国社会に、かなり深くその根を伸ばしつつある。



  韓国でも多くの「歌い手」たちが活動しており、日本の音楽カバーチャンネルとして有名な「ダルマバルDarlim&Hamabal」は現在、チャンネル登録者54万人を記録している。

  ここに日本のバンドマニアや、アニメから流れてくる音楽ファンが集まってきている。




  最近では、韓国の日本音楽ファンの間で、歌い手出身のAdo(アド)が歌った「うっせぇわ」のヒットが論争になっていた。

  サブカルチャー色の濃い曲調、やや行き過ぎた感情処理など、この曲が果たしてストリーミング1位を占めるに値する歌なのかというのが主な争点だ。

  といっても韓国の大衆が「歌い手」「ボカロP」の文化に批判的なわけではなく、 逆に、韓国人の情緒に合致するYOASOBIに対しては非常に好意的だという点にも注目する必要がある。




5.[日本のアーティストに訪韓してほしい]


 音楽のストリーミング配信の普及によって、いまや韓国でも、日本の音楽をほぼリアルタイムで聞くことができる。

  好きになってもコンテンツを聞くのが大変だった時代とは大きな違いだ。

 このような流れに乗って韓国の大衆も「以前好きだった」日本音楽ではなく、「今現地で注目される」日本の音楽を話し始めている。

 コロナが終わって多くの日本のアーティストたちが韓国を訪れ、自分たちの魅力を見せてほしい。

  縮まった心理的距離ほど、物理的距離も縮まることを期待する。

  そしていつかは、日本の音楽が英米圏の「ポップ」のような日常的コンテンツと思われる日が来ることを、心から願っている。

                        (翻訳:金敬哲)


【URL】https://bunshun.jp/articles/-/44943

プライバシーポリシー 2022.06.24 本プライバシーポリシーは、https://akisue-jp.hatenablog.com/(以下、「当サイト」とします。)の各種サービス(当サイトによる情報提供、各種お問合せの受付等)において、当サイトの訪問者(以下、「訪問者」とします。)の個人情報もしくはそれに準ずる情報を取り扱う際に、当サイトが遵守する方針を示したものです。 目次をチェック 1.基本方針 当サイトは、個人情報の重要性を認識し、個人情報を保護することが社会的責務であると考え、個人情報に関する法令を遵守し、当サイトで取扱う個人情報の取得、利用、管理を適正に行います。当サイトで収集した情報は、利用目的の範囲内で適切に取り扱います。 2.適用範囲 本プライバシーポリシーは、当サイトにおいてのみ適用されます。 3.個人情報の取得と利用目的 当サイトで取得する訪問者の個人情報と利用目的、保存期間等は下記の通りです。 3-1.コメントを残した際に個人情報を取得します 当サイトでは、訪問者が当サイトにコメントを残した際に、以下の個人情報を取得します。 コメントフォームに表示されている名前(HN) コメントフォームに表示されているメールアドレス コメントフォームに表示されているコメント内容 IPアドレス ブラウザユーザーエージェント文字列 ブラウザユーザーエージェント文字列とは、「どのブラウザからこのサイトにたどり着いたか」を表すものです。「Firefoxからたどり着いたのか」「Google Chromeからたどり着いたのか」を識別することが出来ます。 これにより次回コメントを残す際に、「名前」や「メールアドレス」が自動的に表示されるため、それらを再入力する手間を省くことができます。 メールアドレスから作成される匿名化された (「ハッシュ」とも呼ばれる) 文字列は、訪問者が Gravatar サービスを使用中かどうか確認するため同サービスに提供されることがあります。同サービスのプライバシーポリシーを確認する場合は、こちらをクリックしてください。 ✔3-1-1.利用目的について 荒し対策やスパム検出に役立てるためと、訪問者の利便性のためです。また、当サイト内で「訪問者からこのようなコメントがありました」と紹介させていただく場合もあります。 コメントが当サイトの管理人に承認されると、プロフィール画像がコメントとともに一般公開されます。 ✔3-1-2.保存期間について 当サイトに残されたコメントは、コメントとそのメタデータを3年間保存します。 訪問者は個人情報をブラウザに保存するか選択することが出来ます。 訪問者は当サイトにコメントを残す際に、お名前、メールアドレス、お持ちのサイト情報(任意)を ブラウザに保存するかどうかを選択できます。 ✔3-1-3.当サイトがコメントに対してできることについて 訪問者が当サイトにコメントを残したことがある場合は、当サイトの管理人は、当サイトが保存する訪問者についての個人情報(提供したすべての情報を含む)をエクスポートファイルとして訪問者が「受け取りたい」というリクエストに応えることが出来ます。その際、訪問者のメールアドレスに確認のメールが送られます。 また、訪問者から訪問者本人の個人情報を「消去してほしい」というリクエストにも応えることが出来ます。これには、管理や法律、セキュリティ目的のために保持する義務がある情報は含まれません。また消去する際も、訪問者のメールアドレスに確認のメールが送られます。 3-2.お問い合せされた個人情報を取得します 当サイトではお問い合わせフォームを設けています。 julious_akisue318@hotmail.com 訪問者がそのお問い合わせフォームから問い合わせをされた際に入力された、以下の個人情報を取得します。 お問い合わせフォームに入力された名前(HN) お問い合わせフォームに入力されたメールアドレス お問い合わせフォームに入力されたお問合せ内容 ✔3-2-1.利用目的について お問い合わせ対応をするためと、訪問者の管理のためです。訪問者からのお問い合わせ情報を保存しておくことによって、同じ訪問者が別のお問い合わせをした際に、過去の問い合わせ内容を踏まえた対応をすることが出来、より的確な対応をすることが出来ます。 また、当サイト内で「このようなお問合せがありました」と紹介させていただく場合もあります。 ✔3-2-2.保存期間について お問い合わせフォームに入力された個人情報は、3年間保存します。 ✔3-2-3.個人情報取得の同意について 当サイトでは、お問い合わせフォームからお問い合わせをする前に、当プライバシーポリシーをご一読いただくよう案内しています。 お問い合わせをされた時点で、その訪問者は当プライバシーポリシーに同意されたとみなします。 3-3.Cookieによる個人情報の取得 当サイトは、訪問者のコンピュータにCookieを送信することがあります。 Cookie(クッキー)とは、ウェブサイトを利用したときに、ブラウザとサーバーとの間で送受信した利用履歴や入力内容などを、訪問者のコンピュータにファイルとして保存しておく仕組みです。 ✔3-3-1.利用目的について 訪問者の当サイト閲覧時の利便性を高めるためです。 たとえば、次回同じページにアクセスするとCookieの情報を使って、ページの運営者は訪問者ごとに表示を変えることができます。 訪問者がブラウザの設定でCookieの送受信を許可している場合、ウェブサイトは、訪問者のブラウザからCookieキーを取得できます。 なお、訪問者のブラウザはプライバシー保護のため、そのウェブサイトのサーバーが送受信したCookieのみを送信します。 ✔3-3-2.保存期間について 当サイトに残されたコメントの Cookie は、1年間保存されます。 ✔3-3-3.第三者によるCookie情報の取得について 当サイトでは、グーグルやヤフーなどをはじめとする第三者から配信される広告が掲載される場合があります。 当該第三者は訪問者のCookie情報等を使用して、訪問者がそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて、訪問者に適切な広告を配信できます。 当該第三者によって取得されたCookie情報等は、当該第三者のプライバシーポリシーに従って取り扱われます。 ✔3-3-4.第三者へのCooke情報等の広告配信の利用停止について 訪問者は、当該第三者のウェブサイト内に設けられたオプトアウト(個人情報を第三者に提供することを停止する)ページにアクセスして、当該第三者によるCookie情報等の広告配信への利用を停止することができます。 ✔3-3-5.Cookie情報の送受信の許可・拒否について 訪問者は、Cookieの送受信に関する設定を「すべてのCookieを許可する」、「すべてのCookieを拒否する」、「Cookieを受信したらユーザーに通知する」などから選択できます。設定方法は、ブラウザにより異なります。Cookieに関する設定方法は、お使いのブラウザの「ヘルプ」メニューでご確認ください。 すべてのCookieを拒否する設定を選択されますと、認証が必要なサービスを受けられなくなる等、インターネット上の各種サービスの利用上、制約を受ける場合があります。 4.個人情報の管理 当サイトは、訪問者からご提供いただいた情報の管理について、以下を徹底します。 4-1. 情報の正確性の確保 訪問者からご提供いただいた情報については、常に正確かつ最新の情報となるよう努めます。 4-2. 安全管理措置 当サイトは、個人情報の漏えいや滅失又は棄損を防止するために、適切なセキリュティ対策を実施して個人情報を保護します。 4-3. 個人情報の廃棄 個人情報が不要となった場合には、すみやかに廃棄します。 4-4. 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止 訪問者ご本人からの個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。 上記を希望される場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。 julious_akisue318@hotmail.com 5.個人情報の第三者への提供について 当サイトは、訪問者からご提供いただいた個人情報を、訪問者本人の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。また、今後第三者提供を行うことになった場合には、提供する情報と提供目的などを提示し、訪問者から同意を得た場合のみ第三者提供を行います。 6.未成年の個人情報について 未成年者が当サイトにコメントをしたり、お問い合わせフォームから問い合わせをされたりする場合は必ず親権者の同意を得るものとし、コメントやお問い合わせをされた時点で、当プライバシーポリシーに対して親権者の同意があるものとみなします。 7.お問い合わせ先 当サイト、又は個人情報の取扱いに関しては、お問い合わせフォームよりご連絡ください。 当サイト運営者:Julious_Akisue あきすえ   連絡先:お問い合わせフォーム julious_akisue318@hotmail.com 8.アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはアクセス情報の収集のためにCookieを使用しています。このアクセス情報は匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 GoogleアナリティクスのCookieは、26ヶ月間保持されます。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 Googleアナリティクスの利用規約に関して確認したい場合は、ここをクリックしてください。また、「ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用」に関して確認したい場合は、ここをクリックしてください。 9.第三者配信の広告サービスについて 当サイトは、第三者配信の広告サービス「Google Adsense(グーグルアドセンス)」を利用しています。 Googleなどの第三者広告配信事業者は、訪問者の興味に応じた広告を表示するために、Cookie(当サイトの訪問者が当サイトや他のサイトにアクセスした際の情報など)を使用することがあります。 訪問者は、広告設定で訪問者に合わせた広告(以下、「パーソナライズド広告」とします。)を無効にすることが出来ます。その設定をする場合は、こちらをクリックしてください。また、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズド広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできます。 第三者配信による広告掲載を無効にしていない場合は、第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告がサイトに掲載されることがあります。 Googleによって広告の第三者配信が認められている広告配信事業者の詳細は、ここをクリックしてください。 10.Amazonの広告配信について Amazonのアソシエイトとして、julious_akisue あきすえ は適格販売により収入を得ています。 第三者(Amazonや他の広告掲載者)がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookieを設定したり、認識したりする場合があります。 11.プライバシーポリシーの変更について 当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本プライバシーポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。 令和4年6月24日 策定