Julious_Akisue ( あきすえ ) のブログ

気軽に楽しんで行って下さい♪

奪われた楽園 白人の帝国主義に踏みにじられたハワイ先住民~「アロハ・オエ」

2021/08/23 

[2] 奪われた楽園 白人の帝国主義に踏みにじられたハワイ先住民~「アロハ・オエ」
伊藤千尋 国際ジャーナリスト



1. 今のハワイはアメリカの一つの州だが、元はポリネシア民族の国だった。

ハワイは、正しくはハワイイ(HAWAII)という。

ポリネシアの言葉で「故国」を意味する。はるか4000キロも離れた南太平洋のポリネシアの海洋民が、2000年以上も前に小さなカヌーを漕いでやってきたと言われる。

しかし、ここで生まれ育てば、ここが故国だ。

作者はハワイ王国女王

 統一国家を築いたのはつい近年、1810年だ。君臨したのは「その名も偉大な」と歌われたカメハメハ大王だった。



 この歌の作者は、カメハメハ大王(カメハメハ1世)の血を引くリリウオカラニ女王だ。ハワイ王国の第8代国王であり唯一の女王である。

 女王の地位に就く前、王位継承権を得た翌年の1878年、彼女は馬に乗ってホノルルの反対側の海岸の牧場に遊びに行った。

断崖を越えて山を下ったマウナヴィリ村にある、彼女の侍従が経営する牧場だ。

 やがて帰る時間となり、馬に乗ってふと振り向くと、村の美しい娘が侍従の首にレイをかけながら別れの口づけするのを目にした。

二人ともいかにも名残惜しそうだった。感動した王女が帰途、馬上でハミングしながら作詞作曲したのがこの歌だと伝えられる。


詩は彼女独自の作だが、曲とリフレインの部分はそれぞれ1850年代のアメリカの歌のメロディーによく似ている。

女王がこの歌を耳にしていて、それが頭に残っていたのかもしれない。




2.白人にだまされ、支配権を奪われた先住民

 女王の座は短命だった。即位は1891年だが、2年しかもたなかった。

彼女からハワイの支配権を奪ったのが、帝国主義に乗り出したばかりの米国だ。

先住民が白人にだまされ、ひさしを貸して母屋を取られる流れだった。


もともとハワイの宗教は日本と同じ自然崇拝の多神教だ。

森や海、火山など「八百万の神」がいた。宗教上のタブーがたくさんあり、信仰を司る神官の権力が強かった。

カメハメハ王家は王権を強化するため、近代化の名のもとにタブーを撤廃して神殿を壊した。

日本で明治時代に吹き荒れた廃仏毀釈の運動のようだ。

その過程で入り込んだのが、アメリカから来たキリスト教プロテスタントの宣教師だ。

15回にわたってハワイに押し寄せ、文字のなかったハワイの言葉にアルファベットを当てはめ、さらに英語教育を普及させた。



大臣も判事も米国人 あっというまに土地略奪

 ハワイ王朝はこれを機会に欧米型の近代化を目指す。制定した憲法には王が君臨する立憲君主国だと明記した。

とはいえ有能なリーダーはいない。

 近代国家の運営のためにアメリカ人を大臣に任命した。アメリカ人の宣教師が教育大臣になり、アメリカ人の弁護士が法務大臣になった。

 こうして生まれた政府はアメリカに有利な政策を実行した。アメリカ人判事が土地法を作り、外国人の土地私有が認められた。

あっという間にハワイの土地の75%が外国人のものとなった。大半はアメリカ人である。

もともと入会権を持っていたハワイ先住の農民は土地を失った。



アメリカ人は、手に入れた土地をサトウキビやパイナップルの大農園にした。キリスト教を布教するためにやってきた宣教師の多くが大農園の経営者になった。彼らは宗教の仮面をかぶったビジネスマンだったのだ。

 アメリカはハワイに軍事視察団を派遣する。視察団が目を付けたのが真珠湾だ。

アメリカ海軍は真珠湾を基地にすることにした。

アメリカ政府は新たに即位したカラカウア王を国賓として招き、互恵条約を締結した。

ハワイ産の砂糖を関税なしにアメリカ本土に輸出できるようにしたが、同時に、ハワイの港や土地はアメリカ以外の国に渡さないという項目を盛り込んだ。



3.王が考えた対米の奇策―日本の皇室とハワイ王室の婚姻計画


  カラカウア王は、米国の邪悪な意図に気づいた。

  このままでは米国の植民地になると考えた王は、奇策を思いついた。


  ハワイは太平洋を挟んだアメリカと日本の中間にある。王は、日本人もハワイ人と同じく太平洋の同胞だと考え、アメリカよりもむしろ日本に親近感を抱いていた。

 そこでカラカウア王が考えたのが日本との連携だ。王は世界一周の航海に出た1881年、最初に日本に寄港して東京、大阪、京都や長崎まで訪れ、20日近くを日本で過ごした。



拡大カラカウア王が訪日したときに明治天皇から贈られた勲章を見る昭和天皇香淳皇后=1975年10月11日、ホノルルのビショップ博物館

 日本側もまた王を国賓として盛大に歓迎した。なにせ日本を訪れた最初の外国の国家元首である。

横浜に王が上陸した際、王自身が作詞した国歌を日本海軍の軍楽隊が演奏し、王はうれし涙を流した。

このとき、カラカウア王は大胆な行動をとった。日本の皇室とハワイの王室との縁組を申し出たのだ。

 カラカウア王はアメリカ人の随行員に極秘のまま夜間、通訳だけを伴って明治天皇に至急の会見を申し入れた。

伝統的な日本文化への敬意を表し、ハワイが今や米国の抑圧の下に苦しんでいる状況を説明した。

その上で、王位継承者に連なるカイウラニ王女と山階宮定麿親王との婚儀を申し入れた。あらかじめ具体的な結婚相手の候補者まで特定して準備していたのだ。



王が奨励したハワイ移民 日系移民がハワイの4割に急増

 当時のカイウラニ王女の写真を見ると、美しくて凛々しく聡明そうである。

しかし、明治政府は王の申し出を拒否した。当時は欧米列強の仲間入りをすることしか頭になく、ハワイの先住民族を尊重する思考はなかったようだ。

 もしこの提案を日本が受け入れて、その後もとんとん拍子に外交が展開していたなら、ハワイと日本の関係はがぜん進んでいただろう。

ハワイはアメリカに属するかわりに日本との連携を強めていただろう。

 カラカウア王はこの明治天皇との会見で日本人のハワイ移民を奨励した。

明治政府もこれには同調し、ハワイへの官約移民が4年後に実現する。日本びいきの王の政策もあって、日本からの移民の数は増え、20年足らずでハワイの人口の4割を占めるほどに膨れた。



4.女王が目指した民族復興 アメリカ人は武力で威圧しクーデター

 カラカウア王が病死したあとは妹のリリウオカラニ女王が継いだ。

「アロハ・オエ」の作者である。彼女はインテリであり民族主義者でもあった。

即位した直後、アメリカ人が来る前のハワイに戻そうと、新憲法を発布しようとした。


 これに対してハワイ在住のアメリカ人は危機感を抱き、武力による政権奪取に乗り出した。

ハワイ駐在のアメリカ公使スティーブンスは「アメリカ人の命と財産の確保」を理由に、ハワイに寄港していたアメリカ軍艦ボストンの艦長に乗船していた海兵隊の上陸を要請した。

上陸した砲兵隊164人の武力を背景にアメリカ人は暫定政府の樹立を発表し、スティーブンス公使は暫定政府をアメリカの保護下に置くことを宣言する。

ハワイ政庁に星条旗を掲げ、リリウオカラニ女王を退位させた。

アメリカ人による無血クーデターだ。1893年のことである。



米本国が止めても従わぬハワイの米人 ハワイ王国を滅ぼす

 ところが、やり口があまりにも露骨で強引すぎる。当時のクリーブランド大統領が特使を派遣して調査させた結果、特使はスティーブンスとハワイの砂糖農園主がたくらんだ不法なクーデターだと本国政府に報告した。

政庁の星条旗を降ろし海兵隊には船に戻るよう命じた。違法性が明らかだったのだ。

しかし、ハワイのアメリカ人たちはあとに引かなかった。

暫定政府は組織を整えて政権を運営し、翌年にはハワイ共和国の成立を宣言して新ハワイ憲法を制定する。

1894年7月4日、アメリカの独立記念日に合わせて。



 翌年、王政派が反乱を起こすが、暫定政府軍に鎮圧された。

リリウオカラニ女王は反乱の首謀者として逮捕され、イオラニ宮殿に幽閉された。

女王廃位の署名を強制され、ハワイ王国はここに滅亡した。

彼女が作った「アロハ・オエ」の楽譜が印刷されたのは、幽閉中の1895年のことである。


米国はハワイの人々でなく戦略的価値を重視 進む軍事拠点化

 こうした中でアメリカでは、ハワイの支配を主張する共和党のマッキンリーが大統領に就任した。

その下で起きたのが米西戦争である。アジアのフィリピンまでも戦場になると、太平洋の軍事拠点の必要性が強調された。

戦争中の議会でハワイをアメリカに併合する案は簡単に議会を通過した。



アメリカは真珠湾の海軍基地としての機能を強化した。1900年にハワイはアメリカの準州となった。

この間、アメリカはサモア、グアムも手に入れ、太平洋の各地に拠点を獲得する。

太平洋は今やアメリカの海となった。アメリカにとって太平洋における邪魔者は日本だけとなった。

ハワイに移民した日系人たちの受難が始まった。

 第2次大戦で日本に勝利し太平洋の覇権を確立した後の1959年、アメリカはハワイをアメリカの50番目の州と認めた。

ハワイの人々を白人と同様に見たからではない。冷戦の中でハワイの戦略的な価値を認めたからである。

プライバシーポリシー 2022.06.24 本プライバシーポリシーは、https://akisue-jp.hatenablog.com/(以下、「当サイト」とします。)の各種サービス(当サイトによる情報提供、各種お問合せの受付等)において、当サイトの訪問者(以下、「訪問者」とします。)の個人情報もしくはそれに準ずる情報を取り扱う際に、当サイトが遵守する方針を示したものです。 目次をチェック 1.基本方針 当サイトは、個人情報の重要性を認識し、個人情報を保護することが社会的責務であると考え、個人情報に関する法令を遵守し、当サイトで取扱う個人情報の取得、利用、管理を適正に行います。当サイトで収集した情報は、利用目的の範囲内で適切に取り扱います。 2.適用範囲 本プライバシーポリシーは、当サイトにおいてのみ適用されます。 3.個人情報の取得と利用目的 当サイトで取得する訪問者の個人情報と利用目的、保存期間等は下記の通りです。 3-1.コメントを残した際に個人情報を取得します 当サイトでは、訪問者が当サイトにコメントを残した際に、以下の個人情報を取得します。 コメントフォームに表示されている名前(HN) コメントフォームに表示されているメールアドレス コメントフォームに表示されているコメント内容 IPアドレス ブラウザユーザーエージェント文字列 ブラウザユーザーエージェント文字列とは、「どのブラウザからこのサイトにたどり着いたか」を表すものです。「Firefoxからたどり着いたのか」「Google Chromeからたどり着いたのか」を識別することが出来ます。 これにより次回コメントを残す際に、「名前」や「メールアドレス」が自動的に表示されるため、それらを再入力する手間を省くことができます。 メールアドレスから作成される匿名化された (「ハッシュ」とも呼ばれる) 文字列は、訪問者が Gravatar サービスを使用中かどうか確認するため同サービスに提供されることがあります。同サービスのプライバシーポリシーを確認する場合は、こちらをクリックしてください。 ✔3-1-1.利用目的について 荒し対策やスパム検出に役立てるためと、訪問者の利便性のためです。また、当サイト内で「訪問者からこのようなコメントがありました」と紹介させていただく場合もあります。 コメントが当サイトの管理人に承認されると、プロフィール画像がコメントとともに一般公開されます。 ✔3-1-2.保存期間について 当サイトに残されたコメントは、コメントとそのメタデータを3年間保存します。 訪問者は個人情報をブラウザに保存するか選択することが出来ます。 訪問者は当サイトにコメントを残す際に、お名前、メールアドレス、お持ちのサイト情報(任意)を ブラウザに保存するかどうかを選択できます。 ✔3-1-3.当サイトがコメントに対してできることについて 訪問者が当サイトにコメントを残したことがある場合は、当サイトの管理人は、当サイトが保存する訪問者についての個人情報(提供したすべての情報を含む)をエクスポートファイルとして訪問者が「受け取りたい」というリクエストに応えることが出来ます。その際、訪問者のメールアドレスに確認のメールが送られます。 また、訪問者から訪問者本人の個人情報を「消去してほしい」というリクエストにも応えることが出来ます。これには、管理や法律、セキュリティ目的のために保持する義務がある情報は含まれません。また消去する際も、訪問者のメールアドレスに確認のメールが送られます。 3-2.お問い合せされた個人情報を取得します 当サイトではお問い合わせフォームを設けています。 julious_akisue318@hotmail.com 訪問者がそのお問い合わせフォームから問い合わせをされた際に入力された、以下の個人情報を取得します。 お問い合わせフォームに入力された名前(HN) お問い合わせフォームに入力されたメールアドレス お問い合わせフォームに入力されたお問合せ内容 ✔3-2-1.利用目的について お問い合わせ対応をするためと、訪問者の管理のためです。訪問者からのお問い合わせ情報を保存しておくことによって、同じ訪問者が別のお問い合わせをした際に、過去の問い合わせ内容を踏まえた対応をすることが出来、より的確な対応をすることが出来ます。 また、当サイト内で「このようなお問合せがありました」と紹介させていただく場合もあります。 ✔3-2-2.保存期間について お問い合わせフォームに入力された個人情報は、3年間保存します。 ✔3-2-3.個人情報取得の同意について 当サイトでは、お問い合わせフォームからお問い合わせをする前に、当プライバシーポリシーをご一読いただくよう案内しています。 お問い合わせをされた時点で、その訪問者は当プライバシーポリシーに同意されたとみなします。 3-3.Cookieによる個人情報の取得 当サイトは、訪問者のコンピュータにCookieを送信することがあります。 Cookie(クッキー)とは、ウェブサイトを利用したときに、ブラウザとサーバーとの間で送受信した利用履歴や入力内容などを、訪問者のコンピュータにファイルとして保存しておく仕組みです。 ✔3-3-1.利用目的について 訪問者の当サイト閲覧時の利便性を高めるためです。 たとえば、次回同じページにアクセスするとCookieの情報を使って、ページの運営者は訪問者ごとに表示を変えることができます。 訪問者がブラウザの設定でCookieの送受信を許可している場合、ウェブサイトは、訪問者のブラウザからCookieキーを取得できます。 なお、訪問者のブラウザはプライバシー保護のため、そのウェブサイトのサーバーが送受信したCookieのみを送信します。 ✔3-3-2.保存期間について 当サイトに残されたコメントの Cookie は、1年間保存されます。 ✔3-3-3.第三者によるCookie情報の取得について 当サイトでは、グーグルやヤフーなどをはじめとする第三者から配信される広告が掲載される場合があります。 当該第三者は訪問者のCookie情報等を使用して、訪問者がそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて、訪問者に適切な広告を配信できます。 当該第三者によって取得されたCookie情報等は、当該第三者のプライバシーポリシーに従って取り扱われます。 ✔3-3-4.第三者へのCooke情報等の広告配信の利用停止について 訪問者は、当該第三者のウェブサイト内に設けられたオプトアウト(個人情報を第三者に提供することを停止する)ページにアクセスして、当該第三者によるCookie情報等の広告配信への利用を停止することができます。 ✔3-3-5.Cookie情報の送受信の許可・拒否について 訪問者は、Cookieの送受信に関する設定を「すべてのCookieを許可する」、「すべてのCookieを拒否する」、「Cookieを受信したらユーザーに通知する」などから選択できます。設定方法は、ブラウザにより異なります。Cookieに関する設定方法は、お使いのブラウザの「ヘルプ」メニューでご確認ください。 すべてのCookieを拒否する設定を選択されますと、認証が必要なサービスを受けられなくなる等、インターネット上の各種サービスの利用上、制約を受ける場合があります。 4.個人情報の管理 当サイトは、訪問者からご提供いただいた情報の管理について、以下を徹底します。 4-1. 情報の正確性の確保 訪問者からご提供いただいた情報については、常に正確かつ最新の情報となるよう努めます。 4-2. 安全管理措置 当サイトは、個人情報の漏えいや滅失又は棄損を防止するために、適切なセキリュティ対策を実施して個人情報を保護します。 4-3. 個人情報の廃棄 個人情報が不要となった場合には、すみやかに廃棄します。 4-4. 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止 訪問者ご本人からの個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。 上記を希望される場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。 julious_akisue318@hotmail.com 5.個人情報の第三者への提供について 当サイトは、訪問者からご提供いただいた個人情報を、訪問者本人の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。また、今後第三者提供を行うことになった場合には、提供する情報と提供目的などを提示し、訪問者から同意を得た場合のみ第三者提供を行います。 6.未成年の個人情報について 未成年者が当サイトにコメントをしたり、お問い合わせフォームから問い合わせをされたりする場合は必ず親権者の同意を得るものとし、コメントやお問い合わせをされた時点で、当プライバシーポリシーに対して親権者の同意があるものとみなします。 7.お問い合わせ先 当サイト、又は個人情報の取扱いに関しては、お問い合わせフォームよりご連絡ください。 当サイト運営者:Julious_Akisue あきすえ   連絡先:お問い合わせフォーム julious_akisue318@hotmail.com 8.アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはアクセス情報の収集のためにCookieを使用しています。このアクセス情報は匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 GoogleアナリティクスのCookieは、26ヶ月間保持されます。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 Googleアナリティクスの利用規約に関して確認したい場合は、ここをクリックしてください。また、「ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用」に関して確認したい場合は、ここをクリックしてください。 9.第三者配信の広告サービスについて 当サイトは、第三者配信の広告サービス「Google Adsense(グーグルアドセンス)」を利用しています。 Googleなどの第三者広告配信事業者は、訪問者の興味に応じた広告を表示するために、Cookie(当サイトの訪問者が当サイトや他のサイトにアクセスした際の情報など)を使用することがあります。 訪問者は、広告設定で訪問者に合わせた広告(以下、「パーソナライズド広告」とします。)を無効にすることが出来ます。その設定をする場合は、こちらをクリックしてください。また、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズド広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできます。 第三者配信による広告掲載を無効にしていない場合は、第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告がサイトに掲載されることがあります。 Googleによって広告の第三者配信が認められている広告配信事業者の詳細は、ここをクリックしてください。 10.Amazonの広告配信について Amazonのアソシエイトとして、julious_akisue あきすえ は適格販売により収入を得ています。 第三者(Amazonや他の広告掲載者)がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookieを設定したり、認識したりする場合があります。 11.プライバシーポリシーの変更について 当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本プライバシーポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。 令和4年6月24日 策定