Julious_Akisue ( あきすえ ) のブログ

気軽に楽しんで行って下さい♪

中国人、インド人のアフリカ大陸支配の現状

 2021/10/03

 21世紀はアフリカの時代、と言う人もいます。
 その言説の根拠は人口ボーナスです。
 若い人が多く、人口が増える時代は、総じてGDPも伸びて、一人当たりの所得も増えます。
 それだけでなく、海に接している国では産業が発展しているという報告もあります。

 しかし、TVでも報じられているように、国連や世界保健機関などは中国のいいなりになっていることも見られます。
 下の記事でも、中国人の支配層が、現地アフリカ系住民を使役して利益を得ているケースが多いようです。
 現地の経済の支配層が中国人、もしくはインド人、華僑、印僑というだけでなく、政府の意思決定が中華人民共和国に依存しているという実態もあります。

 私は日本人の一人として、アフリカで支配層が中国人で、華僑が威張ってアフリカ人を使役して利益を得ているのが不満です。アフリカのローカルな、ドメスティックな人が主な支配層となって、国と国の経済の主体になって運営されるのが健全だと思います。
 本来ならアフリカはヨーロッパの植民地だった点を考えると、ヨーロッパが支援して現地人の経済的繁栄を支援するのが筋でしょう。
 しかし、下記のような現状を見て、日本人の皆さんはどう思うでしょうか?
 アフリカ人の幸福と繁栄の観点から、GDP世界第三位の日本が、若干の人的、及び財政的支援、介入があっても悪くはないのではないでしょうか。
 これは、中国人には出来ないのでしょう。
 中国人は自分たちの繁栄だけ考える傾向があります。
 同じ有色人種としてのシンパシーもあります。
 アフリカ人の健全な支配層、中間層の勃興と構築に何らかの関与を、日本がしてもいいのではないでしょうか?




----------------------------------------------------------------------------


1.「東京で暮らすよりも高くつく」…アフリカ内陸国で働く日本人の苦悩
幻冬舎GOLD ONLINE

  9/26(日) 12:31配信



脱サラして一念発起、突如「異国の地ルワンダ」でASIAN KITCHEN(アジアンキッチン)を開業した、シングルマザーの唐渡千紗氏。

今夏、重版された書籍『ルワンダでタイ料理屋をひらく』(左右社)では、同氏が経験した「珍事の連続」が赤裸々に語られています。

アジアンキッチンの大きな課題は「味の安定」。不安定さは、シェフたちの「タイ料理への馴染みのなさ」、そしてルワンダの「物流事情」によるもののようです。



「アフリカは物価が安い」?陸の孤島の物流問題


味の安定を難しくしている要素に、ルワンダという内陸国ならではの物流問題がある。

アフリカというと、物価がとにかく安いイメージがあるだろう。

だがルワンダの場合、日本人が日本人の感覚で、最低限快適・安全に暮らしたい場合、「東京で暮らすよりもだいぶ不便だけど、ちょっと安い」くらいの感覚でいた方がいい。

東京のような快適さを求めれば、東京で暮らすよりも確実に高くつく。

コストが高くつく理由は様々あるが、やはりまずは物流だろう。

日本では気づきにくいが、「島国である」というのは、実はすごい恩恵なのである。

私もルワンダで暮らして初めて、内陸国の苦悩が少しずつ見えてきた。

先述のように、ルワンダはアフリカ大陸のほぼ真ん中、内陸に位置し、港がない。

地の利がとにかく悪い。陸路だけでも、近代的な物流が整っていれば、なんとかなるんじゃないかと思われるかもしれない。

ただ、鉄道、高速道路などが見事に整備されている日本では想像し難いが、まずルワンダには鉄道がない。

道路も、中国企業ルワンダ全土にせっせと道路を作っているが、丘だらけなので簡単ではない。

場所によっては崖に近いような山道を、日本では走っていないようなオンボロトラックが行き交う。

実際、事故も多い。

そうなると、製造業が育つのはかなり厳しい。

そもそもモノを作ろうにも、資源に恵まれているわけでもなく、材料に乏しい。

それでも頑張って材料を輸入して作るとする。そうして作られたものは当然高くなる。

そうした商品を国内で買える層などごくごく一部だ。では外に輸出しよう、と考えるかもしれない。

するとまた、輸送費や関税が乗って、消費者に届くころにはすごい値段になっている。

つまり成り立たない。日本のように材料を輸入し、加工し、輸出してビジネスが成立するのは、島国だからこそできることなのだ。

ルワンダでは、輸入品がとにかく高い。例えば、日用品。中国からの輸入品が多く出回っているが、日本の100円均一で売られているものの品質を3分の1にして、値段が3倍であれば良い方だ。

もっとも、これについては、日本の100均がすごすぎるとも言える。

他にも例えば、車。日本では買い手がつかないような中古車が、隣国タンザニアダルエスサラーム港につき、更に陸路で国境を越え、ルワンダに到着する頃には、輸送費で価格が膨れ上がっている。

そこに、ドカンと税金が乗ってくる。しかも、オンボロ車は修理代がかさむ。

維持費も果てしなくかかるのだ。





2.中国人から「野心を持つ人が多いの。日本の若者はどうなの?」


アジアンキッチンへの影響としては、調味料の品切れ問題が大きい。

調味料は、砂糖と塩以外は、舶来品だ。タイ料理の奥深い風味に必要なナンプラー、醬油、オイスターソース、各種スパイスなどなど、ほぼどれもアフリカ大陸では製造されていない。

アジア系調味料は、中華系スーパー、各種スパイスは、インド系スーパーで買う。

インド系スーパーには、庶民向けから富裕層向けまで、いくつか系列がある。

アジアンキッチン横の富裕層向けスーパーも、インド人が経営している。さすがカレーの国だけあって、小さな店へ行っても、スパイスにはかなりのスペースが割かれていて、棚を眺めるのが楽しい。



ある日、胡椒を買いに、イノセントというスタッフをインド系スーパーへ送った。

しばらくして、「何軒か回りましたが、どこも品切れでした」と手ぶらで戻ってきた。

「え? 品切れ? どこも? いやいや、インド人のスーパーで胡椒が品切れなんて、そんなことありっこないって。

ちゃんと探したの?」

「はい、ちゃんと店員にも確かめました」

「うーん。そんなはずはない。私、行ってくる!」

勇んで行ってみると、本当になかった。

品切れしているのはここだけだろうと他も当たるが、どこにもない。

キガリ中で胡椒が品切れなんて……! これにはインド人もびっくりだ。



それにしてもやはり印僑、華僑は強い。

アフリカのルワンダという、祖国から遠く離れた内陸国でも、逞(たくま)しくビジネスを展開している。

人数で見ても、この2つの国は圧倒的に多い。


あとは、アメリカ人、イギリス人、そして旧宗主国だからか、ベルギー人も本国の人口の割に多い。

だが、その大半は国際機関やNGO関連、ビジネスといってもソーシャルビジネス寄りの人である印象だ。

やはり、商魂逞しくビジネスを展開しているのは印中なのだ。

インド人には、家族がもう何代も前からケニアなどの近隣国に根付いてビジネスを展開しており、自分はそこからルワンダに来た、というような人が多い。

英国がアフリカに植民地を作る際、インド人を労働力として大量に連れて来たという歴史的背景もある。

一方中国人は、ビジネスチャンスを探して来た、という人が多い。

ルワンダで知り合った中国人は、「自分の世代は、成功して豊かになりたい、という野心を持つ人が多いの。

日本の若者はどうなの?」と言われて、少したじろいでしまった。





3.「だからタイ料理屋なんて誰もやってないんだな」と思ったワケ


例の、百均の粗悪品版が売られているのは、キガリ在住者なら誰もが知る大手中華系スーパーなのだが、品揃えはキガリ随一だ。

広い2階建ての店内には所狭しとさまざまな商品が並べられている。

埃っぽい倉庫のような店内で、多くの品物には埃が溜まっている。この店から帰るとすぐシャワーを浴びたくなるほどだ。


  買い物をしていると、「ナンバー・トゥー! ナンバー、トゥー!!」と、マネージャーと思しき中国人男性の大きな声が聞こえる。

番号で呼ばれているのは、ルワンダ人スタッフだ。「ナンバーツー」と呼ばれたそのスタッフは、ボスのもとへ走って指示を聞き、そしてまた走って品物を取りに行く。

大きなスーパーなのでレジが複数列あるのだが、その一番奥にはいつも同じ中国人女性が腕組みをして立っていて、レジ係員をしっかり見張っている。

不正を働いていないか、さぼったりしていないか、目を光らせているのだ。

手足を動かすのはルワンダ人だが、中国人スタッフも多く、管理系の業務は全て中国人が掌握しているようだ。

この手のマネジメントは中国やインドならではで、それが彼らの強みでもある。

この中華系スーパー、キガリ随一の品揃えだけあって、それなりに種類は豊富だ。

けれども、在庫が切れると、しばらく入ってこなくなるのが難点。商品は基本的に全てコンテナで主に中国から運ばれる。売り切れても、翌日すぐに空輸で入荷、というわけではない。

一度なくなると、次は数ヵ月後、ということも少なくない。

そんな状況なので、ナンプラーなど、タイ料理に欠かせない調味料は見つけた時に買い占めておく必要がある。

これがまたキャッシュフローを圧迫するのだが、なくなると困るので、そうするしかない。

しかも、輸入されてくる調味料のブランドがコロコロ変わる。そうなると、味も変わってしまう。

これは厄介だ。このブランドの場合、味がきついから入れる分量を半分にする、など、レシピが複雑になってしまうのだ。

乾麺も、ブランドによって茹で時間が変わってくる。

そもそもの話、日本で手に入る調味料と比べて明らかに品質が劣っている。

せめて何種類かから選べればいいのだが、その時にマーケットにあるものを買うしかない。

もう少し品質のいいブランドが、いつでも、必要な分だけ手に入ったら、どんなに楽だろう……。

だからタイ料理屋なんて誰もやってないんだな、きっと。

いやぁ納得! ハハハ! ……と考えていてもしょうがない。

あるもので勝負するのだ。

ああでもない、こうでもないと改良を重ねる私に、いや、どれも大して違わないって!と最初は突っ込みたそうだったシェフたちも、最近では一生懸命ついてきてくれる。

陸の孤島ルワンダで、行けるところまで行ってみよう!



  唐渡 千紗

  ASIAN KITCHEN オーナー



https://news.yahoo.co.jp/articles/24d3e8cf8b3a86eccae30c44cbb0c6fb39f11e8b?page=1

プライバシーポリシー 2022.06.24 本プライバシーポリシーは、https://akisue-jp.hatenablog.com/(以下、「当サイト」とします。)の各種サービス(当サイトによる情報提供、各種お問合せの受付等)において、当サイトの訪問者(以下、「訪問者」とします。)の個人情報もしくはそれに準ずる情報を取り扱う際に、当サイトが遵守する方針を示したものです。 目次をチェック 1.基本方針 当サイトは、個人情報の重要性を認識し、個人情報を保護することが社会的責務であると考え、個人情報に関する法令を遵守し、当サイトで取扱う個人情報の取得、利用、管理を適正に行います。当サイトで収集した情報は、利用目的の範囲内で適切に取り扱います。 2.適用範囲 本プライバシーポリシーは、当サイトにおいてのみ適用されます。 3.個人情報の取得と利用目的 当サイトで取得する訪問者の個人情報と利用目的、保存期間等は下記の通りです。 3-1.コメントを残した際に個人情報を取得します 当サイトでは、訪問者が当サイトにコメントを残した際に、以下の個人情報を取得します。 コメントフォームに表示されている名前(HN) コメントフォームに表示されているメールアドレス コメントフォームに表示されているコメント内容 IPアドレス ブラウザユーザーエージェント文字列 ブラウザユーザーエージェント文字列とは、「どのブラウザからこのサイトにたどり着いたか」を表すものです。「Firefoxからたどり着いたのか」「Google Chromeからたどり着いたのか」を識別することが出来ます。 これにより次回コメントを残す際に、「名前」や「メールアドレス」が自動的に表示されるため、それらを再入力する手間を省くことができます。 メールアドレスから作成される匿名化された (「ハッシュ」とも呼ばれる) 文字列は、訪問者が Gravatar サービスを使用中かどうか確認するため同サービスに提供されることがあります。同サービスのプライバシーポリシーを確認する場合は、こちらをクリックしてください。 ✔3-1-1.利用目的について 荒し対策やスパム検出に役立てるためと、訪問者の利便性のためです。また、当サイト内で「訪問者からこのようなコメントがありました」と紹介させていただく場合もあります。 コメントが当サイトの管理人に承認されると、プロフィール画像がコメントとともに一般公開されます。 ✔3-1-2.保存期間について 当サイトに残されたコメントは、コメントとそのメタデータを3年間保存します。 訪問者は個人情報をブラウザに保存するか選択することが出来ます。 訪問者は当サイトにコメントを残す際に、お名前、メールアドレス、お持ちのサイト情報(任意)を ブラウザに保存するかどうかを選択できます。 ✔3-1-3.当サイトがコメントに対してできることについて 訪問者が当サイトにコメントを残したことがある場合は、当サイトの管理人は、当サイトが保存する訪問者についての個人情報(提供したすべての情報を含む)をエクスポートファイルとして訪問者が「受け取りたい」というリクエストに応えることが出来ます。その際、訪問者のメールアドレスに確認のメールが送られます。 また、訪問者から訪問者本人の個人情報を「消去してほしい」というリクエストにも応えることが出来ます。これには、管理や法律、セキュリティ目的のために保持する義務がある情報は含まれません。また消去する際も、訪問者のメールアドレスに確認のメールが送られます。 3-2.お問い合せされた個人情報を取得します 当サイトではお問い合わせフォームを設けています。 julious_akisue318@hotmail.com 訪問者がそのお問い合わせフォームから問い合わせをされた際に入力された、以下の個人情報を取得します。 お問い合わせフォームに入力された名前(HN) お問い合わせフォームに入力されたメールアドレス お問い合わせフォームに入力されたお問合せ内容 ✔3-2-1.利用目的について お問い合わせ対応をするためと、訪問者の管理のためです。訪問者からのお問い合わせ情報を保存しておくことによって、同じ訪問者が別のお問い合わせをした際に、過去の問い合わせ内容を踏まえた対応をすることが出来、より的確な対応をすることが出来ます。 また、当サイト内で「このようなお問合せがありました」と紹介させていただく場合もあります。 ✔3-2-2.保存期間について お問い合わせフォームに入力された個人情報は、3年間保存します。 ✔3-2-3.個人情報取得の同意について 当サイトでは、お問い合わせフォームからお問い合わせをする前に、当プライバシーポリシーをご一読いただくよう案内しています。 お問い合わせをされた時点で、その訪問者は当プライバシーポリシーに同意されたとみなします。 3-3.Cookieによる個人情報の取得 当サイトは、訪問者のコンピュータにCookieを送信することがあります。 Cookie(クッキー)とは、ウェブサイトを利用したときに、ブラウザとサーバーとの間で送受信した利用履歴や入力内容などを、訪問者のコンピュータにファイルとして保存しておく仕組みです。 ✔3-3-1.利用目的について 訪問者の当サイト閲覧時の利便性を高めるためです。 たとえば、次回同じページにアクセスするとCookieの情報を使って、ページの運営者は訪問者ごとに表示を変えることができます。 訪問者がブラウザの設定でCookieの送受信を許可している場合、ウェブサイトは、訪問者のブラウザからCookieキーを取得できます。 なお、訪問者のブラウザはプライバシー保護のため、そのウェブサイトのサーバーが送受信したCookieのみを送信します。 ✔3-3-2.保存期間について 当サイトに残されたコメントの Cookie は、1年間保存されます。 ✔3-3-3.第三者によるCookie情報の取得について 当サイトでは、グーグルやヤフーなどをはじめとする第三者から配信される広告が掲載される場合があります。 当該第三者は訪問者のCookie情報等を使用して、訪問者がそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて、訪問者に適切な広告を配信できます。 当該第三者によって取得されたCookie情報等は、当該第三者のプライバシーポリシーに従って取り扱われます。 ✔3-3-4.第三者へのCooke情報等の広告配信の利用停止について 訪問者は、当該第三者のウェブサイト内に設けられたオプトアウト(個人情報を第三者に提供することを停止する)ページにアクセスして、当該第三者によるCookie情報等の広告配信への利用を停止することができます。 ✔3-3-5.Cookie情報の送受信の許可・拒否について 訪問者は、Cookieの送受信に関する設定を「すべてのCookieを許可する」、「すべてのCookieを拒否する」、「Cookieを受信したらユーザーに通知する」などから選択できます。設定方法は、ブラウザにより異なります。Cookieに関する設定方法は、お使いのブラウザの「ヘルプ」メニューでご確認ください。 すべてのCookieを拒否する設定を選択されますと、認証が必要なサービスを受けられなくなる等、インターネット上の各種サービスの利用上、制約を受ける場合があります。 4.個人情報の管理 当サイトは、訪問者からご提供いただいた情報の管理について、以下を徹底します。 4-1. 情報の正確性の確保 訪問者からご提供いただいた情報については、常に正確かつ最新の情報となるよう努めます。 4-2. 安全管理措置 当サイトは、個人情報の漏えいや滅失又は棄損を防止するために、適切なセキリュティ対策を実施して個人情報を保護します。 4-3. 個人情報の廃棄 個人情報が不要となった場合には、すみやかに廃棄します。 4-4. 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止 訪問者ご本人からの個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。 上記を希望される場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。 julious_akisue318@hotmail.com 5.個人情報の第三者への提供について 当サイトは、訪問者からご提供いただいた個人情報を、訪問者本人の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。また、今後第三者提供を行うことになった場合には、提供する情報と提供目的などを提示し、訪問者から同意を得た場合のみ第三者提供を行います。 6.未成年の個人情報について 未成年者が当サイトにコメントをしたり、お問い合わせフォームから問い合わせをされたりする場合は必ず親権者の同意を得るものとし、コメントやお問い合わせをされた時点で、当プライバシーポリシーに対して親権者の同意があるものとみなします。 7.お問い合わせ先 当サイト、又は個人情報の取扱いに関しては、お問い合わせフォームよりご連絡ください。 当サイト運営者:Julious_Akisue あきすえ   連絡先:お問い合わせフォーム julious_akisue318@hotmail.com 8.アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはアクセス情報の収集のためにCookieを使用しています。このアクセス情報は匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 GoogleアナリティクスのCookieは、26ヶ月間保持されます。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 Googleアナリティクスの利用規約に関して確認したい場合は、ここをクリックしてください。また、「ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用」に関して確認したい場合は、ここをクリックしてください。 9.第三者配信の広告サービスについて 当サイトは、第三者配信の広告サービス「Google Adsense(グーグルアドセンス)」を利用しています。 Googleなどの第三者広告配信事業者は、訪問者の興味に応じた広告を表示するために、Cookie(当サイトの訪問者が当サイトや他のサイトにアクセスした際の情報など)を使用することがあります。 訪問者は、広告設定で訪問者に合わせた広告(以下、「パーソナライズド広告」とします。)を無効にすることが出来ます。その設定をする場合は、こちらをクリックしてください。また、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズド広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできます。 第三者配信による広告掲載を無効にしていない場合は、第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告がサイトに掲載されることがあります。 Googleによって広告の第三者配信が認められている広告配信事業者の詳細は、ここをクリックしてください。 10.Amazonの広告配信について Amazonのアソシエイトとして、julious_akisue あきすえ は適格販売により収入を得ています。 第三者(Amazonや他の広告掲載者)がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookieを設定したり、認識したりする場合があります。 11.プライバシーポリシーの変更について 当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本プライバシーポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。 令和4年6月24日 策定